研究という創作の記録

17

サステイナビリティを「持続可能性」と訳すのがしっくりこないので新しい和訳を考えて…

今日は「サステイナビリティ(Sustainability)」の日本語訳である「持続可能性」という言葉が…

「360年時計」とサステイナビリティ

今日は「サステイナビリティと時間」について考えてみたことを書いておきたいと思います。 1…

流れの中の”あいだ”としてのサステイナビリティ

今日は、流れのなかの”あいだ”としてのサステイナビリティ、という考え方について書いてみた…

世の中の隅に、ちょっと立ち止まる時間と空間を確保しておく、という仕事。

今日は私が自分の仕事について、日頃から心がけていることを書き留めておきたいなと思ってnote…

ポストコロナ社会:しばしの沈黙のあとに見出すもの

前回のnoteにて、ポストコロナ社会で拡大される社会の歪みについて「あなたにも責任がある」と…

邂逅:異質なものを併存させる

1.「異質なものを併存させる」が気になる理由今日は最近のキーワードである「異質なものを併…

『縮小社会とサステイナビリティ』講義の読み原稿1

今学期は、人文知とサステイナビリティというプロジェクトのなかで、『縮小社会とサステイナビ…

価値・クリエイティビティ起点の社会システム・デザインはできるのか?

先日、社会システム・デザインという方法論を提唱している横山禎徳先生にお話を伺う機会があっ…

問いを起点に動き出す先の所在ある静かさ:お寺で未来の秋田をデザインするシンポジウ…

先週末の日曜は、秋田市にある日蓮宗久遠山法華寺さんにて開催されたお寺で未来の秋田をデザイ…

受け継がれてきたものがそこにあり、継承できるということ: サステイナビリティ学特…

私が勤めている東京大学大学院サステイナビリティ学教育プログラムでは、今学期に「サステイナ…