絓秀実氏との対談(2017年4月17日)・もくじ

 【外山恒一の「note」コンテンツ一覧】

 世界に出して恥ずかしくないごく数名の日本の知識人の1人である絓秀実氏との対談シリーズである。
 2017年4月17日におこなわれ、紙版『人民の敵』第32号に掲載された。
 現状に対する正しい愚痴から、新左翼運動史に関する非常にマニアックな話まで、話題は例によって多岐にわたる。

 その1(原稿用紙換算24枚・うち冒頭8枚分は無料で読める)
 外山の叛旗派びいき
 クロポトキン的な(良くない)アナキズムの復活
 絓氏と河出書房との確執
 粗製濫造の新書シーン
 「パルチザン伝説」問題
 こぶし書房と現代思潮新社とクロカンの妹

 その2(原稿用紙換算21枚・うち冒頭7枚分は無料で読める)
 殺人事件を起こしたマル青同は熊本に落ち延びた?
 〝本郷貧乏村〟の零細左翼出版社が次々と……
 いろいろ(指導者を殺されたりとか)あったけどすべて〝過去の話〟?
 謎の〝さいたま〟市議・吉田一郎氏
 利権まみれで腐敗しまくりのアート業界

 その3(原稿用紙換算20枚・うち冒頭7枚分は無料で読める)
 共産党もリベラル派もどんどん陛下の御威光に……
 天皇主義者たちの気持ちが分からない
 〝九州派〟=サークル村という問題
 信仰はそもそも無根拠なもの
 三宅洋平と坂口恭平と栗原康の支持層は一緒

 その4(原稿用紙換算25枚・うち冒頭8枚分は無料で読める)
 早大生ともあろう者が竹田青嗣なんか読んでいてはいけない
 吉田和明氏の雑誌『テーゼ』
 『テーゼ』と『オルガン』
 吉本隆明と黒田寛一を論じたNステの人!?
 〝総会屋雑誌〟も今や学問的研究の対象!
 『噂の真相』に載った絓氏に関する噂、の真相
 外山合宿出身者が次々と〝千坂流アナキスト〟に

 その5(原稿用紙換算25枚・うち冒頭9枚分は無料で読める)
 Fラン大でのビラまきは虚しくなるばかり
 もはやビラまきすらできない早稲田大学!?
 早大は〝外山派〟の最大拠点校!
 地元のはずの福岡がむしろ敵地
 外山界隈の学生は意外と優秀?
 法政と早稲田の環境の違い
 今の学生運動志願者たちには方法論の外部注入が必要

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
革命家。マルクス主義、アナキズムを経て03年よりファシスト。福岡市在住。九州ファシスト党〈我々団〉総統。サイト「外山恒一と我々団」(link: http://bit.ly/1wp0Ggi)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。