見出し画像

旅はいよいよバロチスタンへ

シンド州の旅を終え、明日にはバロチスタンに入るという夜、ハイデラバードの街に宿をとった。毎日の出会いに興奮していたこともあるが、一晩中続く騒音が僕の眠りを浅くしていた。日の出前にベッドを抜け出し部屋の窓から街を見下ろしてみる。空気はかすみ、遠くでコーランが聞こえてくる。

画像1

パキスタンへの入国ビザは持っているとはいえ、州を超えるにも特別な許可が必要だった。ここからは州警察の同行が必要なエリアで、僕ら観光客が自由に旅をすることは許されていない。これまで以上に緊張感が漂う。

画像2

今回護衛してくれたのが彼。これから先、寝るのも食事も、ずっと一緒に過ごすことになったのだが、彼の話は後ほど触れたいと思う。

画像3

今回向かった場所は、ホテルなどないエリアの旅なので、アラビア海に面したビーチにベースキャンプを作る。昨日までの霞んだ空とは違い、星が煌めいていた。北部パキスタンに比べるとこれでもまだ霞んでいるというが、星が水面に映り込むほどの星空だった。

画像4

この地に暮らすのが彼らバローチ族。都会からはるか離れた場所に暮らす遊牧の民だ。背景に見える泥火山の風景も旅のハイライトなのだが、なによりも彼らとの出会いがこの旅を豊かにしてくれていた。僕はドキュメンタリー作家ではないけれど、純粋に彼らと対話したいという衝動が生まれたのも事実だ。

画像5

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。いただいたサポートは、写真家中西敏貴のさらなる飛躍のため、取材費として使わせていただき、その成果をかならずやフィードバックさせていただきます。ご協力をお願いします。

いつも感謝!
26
写真家。美瑛町在住。農の風景を中心に、光、造形を追いかける日々。WEB : https://www.toshikinakanishi.com/ Facebook : https://www.facebook.com/toshikinakanishi.official/

こちらでもピックアップされています

バローチとの出会い
バローチとの出会い
  • 5本

2019年から始まったパキスタンへの旅行記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。