その前の日のスケッチ


自分だけが先へ行こう

自分だけが手に入れよう

自分だけが勝てばいい

そんなもん もうやめようや 必死な顔して あほらしい



スポーツで一人の勝者が嬉しそうです

発明した一人の人間が嬉しそうです

空前の高収益を上げた一人の起業家が嬉しそうです。

そんなもん もうやめようや 真面目な顔して あほらしい



一人もしくは一つの組織の繁栄のために必死で頑張る

一人もしくは一つの組織の繁栄のために何でもやる

一人もしくは一つの組織の繁栄のために他はどうなったっていい

一人もしくは一つの組織の繁栄のために他は滅んでもいい



ああ、もうそこまで来たんだな

道に外れて

それに気づかず

がむしゃらに進んでさ

ついにそんなとこまで来ちまったんだよ

戻れるかどうか解らない?

でも、戻るしかないだろ

今度ばかりは、ちいっとばかり今までとは事情が違うんだよ

皆が崇め奉る 許されざる力 を持っちまったからね

そんなもん持ったまんまで今までのように カタストロフ へ突き進んだら

もう戻っちゃこれないよ

わからないかなぁ

それだから、許されざる力なんだよ

いい加減に気付こうよ

カタストロフなしで戻ってこれたのは今までなかったかもしれないけれど

どんなに大変でも頑張って戻ろうよ

それまでの楽だと思っていた外れた道を進むより、望まれることだから心の底では楽しく感じるだろうし本当は楽かもしれない。

そして、道の上に戻ったらさ

今度は ゆっくりと のんびりと 進もうよ

皆で歌でも歌いながらさ

外で弁当食べたりなんかしてさ

今やらなきゃならないことなんか本当はそんなに沢山ないんだよ

後のものに任せたっていいじゃないか

自分が頑張って死に物狂いで到達できるところまでやりたい?

あさましいねぇ どこまで欲張りなんだよ

あのさ、根こそぎ採ったら後はどうなるんだよ

本当に必要なだけで充分だろう

ちょっとは考えたらどうだい

後のものにも美味しいところを残してやれよ

人生の足跡なんて小さければ小さいほどいいんだよ

風みたいにさ

ずっと、そうやって繋げてきたんだよ、はるか昔から


これからも続く遙かに永い旅の途中だと考えたら、それだけでワクワクするだろう。


その数多の火を消さないように、優しく のんびり 気楽にさ


自分の人生が終わったら、それで終わり って つまんねーな


それじゃあ、生きてて 面白くねーだろ

気付かなければ 全てが 変わっちまうよ

だけどさあ


気付いても 変わるんだよ 


全てが



2018年12月18日 mixiにアップしたものを、そのまま転載しております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おお! そこ そこ 大当たり
6
詩のようなものを書いてきましたが、読まれることはあまり意識してきませんでした。(今も同じかもですが)書いてきたものをちょこちょことアップしていきたいと思います。20年以上前のものもあり、今更何をというものは読み飛ばして頂けるとあり難いです。よろしくお願いいたします。(●^o^●)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。