鳥野みるめ//photographer

フォトグラファー。由比ヶ浜にあるアトリエで暮らしています。淡く、優しく、軽やかに。 https://www.torinomirume.work/
    • 往復書簡:ひびをおくる

      往復書簡:ひびをおくる

      • 11本

      写真家・鳥野みるめが撮影した写真から、書肆 海と夕焼 店主・柳沼雄太が物語を紡いでゆく往復書簡。東京と鎌倉、互いに離れた場所でおくる日々。見るものも感じることも違う日々の中で、写真と物語が寄りそって日常をいろどる。そんな“ひびをおくる”ことを楽しみにしながら。

    • コロナ50文字日記

      コロナ50文字日記

      • 6本

      2020.1/24-5/31 無効になった約束を抱えたまま過ごした毎日のこと。 今起こっていることをまとめておきたいねって話をして。50文字の日記にして少しずつ遡りながら綴ってみた。抱えきれないとても大きな漠然とした不安はずっと一ヶ月以上前から少しずつ積み重なってできたものだって気づき、正体がわかったらちゃんと向き合える覚悟ができた。 必要な分だけでいい、それでも言葉と知識が全然足りていない。 いつか自分の言葉でもっと愛を伝えられるようになりたい。いまできることをやろうと思いながら過ごした日々のこと。

固定された記事

暮らしながら、家を開く。

先日、友人のきさらさんにアトリエの話をしたとき「とうとう、住み開きだね!」と言われた。 住み開きとは、「住み」家を「開く」、つまり住宅の一部を開放するという意味…

211014

ワクチン接種をして、ぴったり12時間後に具合が悪くなるる。解熱剤を飲むけれど胃がからっぽのまま飲んだら吐いた。胃液のせいで口の中が不味い。 ぼんやりした頭で落語心…

211013

父親にリスト金木犀の手ぬぐいタペストリーをもらった。 どちらも私が大好きなモチーフで日本橋のへ出かけたときにほしいなあと呟いていたのを覚えていて買ってくれたらし…

211012

編集作業の合間に、米を炊き、麻婆豆腐とズッキーニのスープを作り、仕込んでおいた鶏胸肉の紹興酒漬けを焼く。 思っていたよりも早めに仕事が終わり買い出しに行く。 明…

211011

深夜に一人で海までお散歩。 レモンチューハイ4缶と椅子とスマホとを持っていく。 空気が湿っていて明日から雨かなあなんて考えながら、ごくごくお酒を飲む。流石に10月…

211010

体調が優れず、お腹が痛い。 電車に乗るが寒いので温かいお茶でお腹を温める。 なんでコンビニには白湯が置いていないんだろう、弱っているときは味覚や嗅覚がいつも以上…