鳥野みるめ//photographer

フォトグラファー。由比ヶ浜にあるアトリエで暮らしています。淡く、優しく、軽やかに。日々の暮らしのことやこころのうごいた瞬間を日記にして書いています。 https://www.torinomirume.work/

鳥野みるめ//photographer

フォトグラファー。由比ヶ浜にあるアトリエで暮らしています。淡く、優しく、軽やかに。日々の暮らしのことやこころのうごいた瞬間を日記にして書いています。 https://www.torinomirume.work/

    マガジン

    • 往復書簡:ひびをおくる

      • 11本

      写真家・鳥野みるめが撮影した写真から、書肆 海と夕焼 店主・柳沼雄太が物語を紡いでゆく往復書簡。東京と鎌倉、互いに離れた場所でおくる日々。見るものも感じることも違う日々の中で、写真と物語が寄りそって日常をいろどる。そんな“ひびをおくる”ことを楽しみにしながら。

    • コロナ50文字日記

      2020.1/24-5/31 無効になった約束を抱えたまま過ごした毎日のこと。 今起こっていることをまとめておきたいねって話をして。50文字の日記にして少しずつ遡りながら綴ってみた。抱えきれないとても大きな漠然とした不安はずっと一ヶ月以上前から少しずつ積み重なってできたものだって気づき、正体がわかったらちゃんと向き合える覚悟ができた。 必要な分だけでいい、それでも言葉と知識が全然足りていない。 いつか自分の言葉でもっと愛を伝えられるようになりたい。いまできることをやろうと思いながら過ごした日々のこと。

    最近の記事

    • 固定された記事

    暮らしながら、家を開く。

    先日、友人のきさらさんにアトリエの話をしたとき「とうとう、住み開きだね!」と言われた。 住み開きとは、「住み」家を「開く」、つまり住宅の一部を開放するという意味の造語です。 住み開きには、趣味の教室を開いたり、地域交流の場として活用するケースなど、さまざまなタイプがあります。 彼女自身も北千住にある築90年の家をセルフリノベーションし住みながら家を開き、現在は日用品と喫茶のお店を営んでいる。(近くのシェアハウスで暮らしている。) 『住み開き』という慣れない言葉の意味を探

      • 天の川を、探しにゆく。

        夏の夜に星を見にいこうって言われたら、なんだかわくわくしない?? いつも夏が近づいてくるとスピッツの「流れ星」を聴きたくなる。 草野正宗さんは、クリスマスより七夕の方がロマンチックだという。 クリスマスの町の賑やかさや浮き足立つ感じも好きだけれど、一年に一度しか好きな人に会うことができない物語のある七夕の切なさのほうが胸にグッとくるものがある。 今年の七夕はアトリエへ打ち合わせ来ていたり、お散歩で近くに訪れていた友人たちと一緒に過ごした。 東京では20年ぶりに晴れる

        • 家が一日本屋になる。

          由比ヶ浜のアトリエで『書肆 海と夕焼 鎌倉支店』というイベントを定期的に開催しています。 普段は自宅の一室をアトリエとして使っていて、スタジオとして写真を撮ったり読書会や8mmフィルムのワークショップなどのちいさなイベントやニューボーン研修などを行ったりしていて、年に4回春夏秋冬に谷保の本屋さんの書肆 海と夕焼の店主の柳沼雄太さんに来ていただき一日本屋さん「海と夕焼 鎌倉支店」になります。 何回か開催していく中で吉祥寺のBOOKMANSIONや西荻窪のBREWBOOKSな

          • 210728

            胸が締めつけられるのはきっとその先がないからで。そんなものを恋だ、愛だって信じ込んでいた。 夫婦のはなしをあまり人にすることがない。話しても、理解してもらえないことが多くて疲れるから。 夫婦で会った人に「よそよそしいね。」と遠回しに言われたり、仲が悪いのではないかと心配がられたり、一緒にいる時間が少ないのになんで結婚を続けられるの?と何度も聞かれたり。(私が夫のことを上手に話せないからかもしれない。) たまに悔しくなって「大学のころから付き合っていて友達の延長みたいな関

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 往復書簡:ひびをおくる
            書肆 海と夕焼 店主 / 柳沼雄太 他
          • コロナ50文字日記
            鳥野みるめ//photographer

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            小さな生き物

            歯を磨く、髪を整える、温かいお茶を飲む。 物音がまったくしない部屋は、とても静かで落ち着かない。 気持ちを切り替えて仕事へ向かう。 それでもコンビニで茶色くてふわふわなカステラを見つけるだけで、ふわふわの毛並みの背中を思い出して泣きたくなる。 ずっと家にいたリスが旅立った。6年間生きた。お迎えしたときの写真を見返したら赤ちゃんみたいな顔してたし、わたしも夫もいまよりずっと幼い顔をしてた。 カステラは柔らかったけど、バターの香りが強すぎた。もう少し優しい味を期待してたの

            輪郭

            半年以上ぶりに会う祖母は、 魂がすこし剥がれちゃっていた。 5月のコロナ禍、トイレに行く途中転んでしまって動けなくなってから認知症が加速した。 周りの家族はもう自分たちのことなんか覚えてなくて記憶が常に混線してるというけれど、わたしにはすべて覚えているが記憶の引き出しにたどり着く途中に疲れてしまうことがあるだけなようにみえた。 母親の車に乗ってドライブしている祖母。ちょうど美容院の帰り道らしい。 「こっちにおいで?一緒に出かけよう?」と手招きされるが、車には乗れないの

            すこし遠くへ仕事へ行く。

            今日も晴れている。 ここのところ澄み切った空の日が続いていて、冬だけど過ごしやすいね、毎日。 祖父は酔っ払うと上機嫌になっていつも帰り際に「おう。いまヘリコプター呼んでやるから、待ってろ。」と、母親と幼い私たちを引き止めた。 大人になって終電を乗り過ごし一万円を超えるタクシーには乗ったりしたけれど、まだヘリコプターは迎えに来ないや。 もし孫が産まれたら酔っ払ったときの決まり文句は「デロリアンを呼んでやる。」にしよう。もし行くならば、未来と過去どっちがいいかなあ… ず

            【往復書簡:ひびをおくる】鳥野みるめ005

            ---------------------- ---------------------- 柳沼雄太様 こんにちは。暑さもようやく落ち着き、にわかに秋めいてまいりました。 夜道を歩いていると、虫の声が聞こえたり昼間より涼しい風が吹いてもう秋を感じます。 今年の夏は例年と違い遠くへ行くことはかないませんでしたが、鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りを見に行ったり、早起きをして大仏の裏山を散歩したり、鎌倉らしい毎日を過ごすことができました。 引っ越してきたばかりの頃は雨も多く

            【往復書簡:ひびをおくる】鳥野みるめ004

            ---------------------- ---------------------- 柳沼雄太様 こんにちは。梅雨が明けてからは夏らしい青空と暑い日が続いておりますが、東京も気温の高い日が多かったのではないでしょうか?? 先日届いたお手紙を読んで「よだかの星」を読み直してみたくなり「宮沢賢治 <ちくま日本文学全集>」を購入しました。昔、初めて読んだときは「勿体ない死に方、可哀想な鳥…」と思いながら読み進めていましたが、大人になってから読むとよだかの生への絶望

            【往復書簡:ひびをおくる】鳥野みるめ003

            ---------------------- ---------------------- 柳沼雄太様 こんにちは。7月ももう終わろうとしてるのにまだまだ傘の手放せない日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?? 先週もお手紙ありがとうございました。 ポストを覗くことや文房具屋さんで今の気分にあった便箋を探すことが、楽しい習慣になりつつあります。 柳沼さんからのお手紙で「不自由さを楽しむ余裕」という言葉にとても共感しました。もう背は伸びたり身体が大きくなるこ

            【往復書簡:ひびをおくる】鳥野みるめ002

            ---------------------- 柳沼雄太様 こんにちは。七夕も晴れ間がほとんど見えず、どんよりとした曇天が続き梅雨明けが待ち遠しいですね。 先日は素敵なお手紙をありがとうございました。 編集者のような気分で大きな封筒から出来立ての原稿を取り出しながら、わくわく読ませていただきました。 本屋さんでのときめきのお話、少しわかる気がします。わたしも『本屋さんしか行きたいとこがない』(島田潤一郎)が読みたくて、隣町の大きな書店に取り寄せてもらおうとお願いし

            【往復書簡:ひびをおくる】鳥野みるめ001

            ---------------------- 柳沼雄太様 こんにちは。 梅雨明けが待たれる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?? 先週の土曜日に6年近く住んでいた吉祥寺から離れて、鎌倉へと引っ越してきました。 気を抜いて過ごしているとうっかり知らない人の部屋にお世話になっている感覚になりますが、片付けの終わっていない自分の荷物を眺めてはこれからここで暮らすのだな…と現実に引き戻されています。 スーパーよりも海が近く、本屋さんよりもお寺が多くて。 住む場

            コロナ50文字日記<2020.05>

            <2020.05/01-31>

            有料
            100

            コロナ50文字日記<2020.04>

            <2020.04/01-29>

            有料
            100

            コロナ50文字日記<2020.03>

            <2020.03/01-31>

            有料
            100

            コロナ50文字日記<2020.02>

            <2020.02/01-29>

            有料
            100