見出し画像

ゆっくり、続けよう。

もよ

更新が滞ってしまった。


私はこの1週間くらいの間、

口内炎ができて
話したり食べたりするのが億劫で

そのときにちょうど
首を寝違えてしまって

そのときにちょうど
ダンボールで指を深く切ってしまって

そのときにちょうど
生理がきた。 


もうなんだか笑ってしまうしかないくらい
いろんなところが痛くてダルい。

身体が「休めーーー!!!」と
叫んでいるのが聞こえた。

なので、その声に従って
ゆったりと過ごしていた。


1週間もすれば
口内炎は治り
首の痛みは引き
指の傷は閉じて
生理は終わる。

ジタバタせずに
時が過ぎるのをゆったり待てばいいだけ。



そんなふうに、感じた。


だけど、このような感じ方は
少し前までの私にはあり得なかった。



完璧主義で、白か黒かで生きていた
以前の私なら

「noteの更新滞っているよね?
2〜3日に一回は更新するって
自分と約束したよね?
自分で決めたことはやり通しなよ。
体がしんどくても
やる気があればできるよね!?
結局何事も続かないよね。
今回もこのまま辞めちゃうんでしょ?」

という感じの、
いつもこういう場面で登場する
意地悪な私が私を
責めて責めて責めまくり

「やっぱり自分にはできないんだ」

とやる気をなくして自信をなくして
noteを辞めてしまっていたような気がする。


でも今は
そんな風に思わない。

すごい変化だ。



ヨガのインストラクターを経て
レイキを学んでいくうちに

なんだか私は私に
じわじわじわじわ
優しくなっていった。


自分の意思で
どうにかできることはあるし
自分を律することも
ある程度はできるけれど

自分にはどうすることもできない
大きな大きな力が働いていて

それには決して逆らえないことを
受け入れたからかもしれない。



特に女性には、毎月生理がやってくる。


卵を作って、
残りの半分が来てくれるのを
楽しみにする時期

残りの半分が来てくれて
誕生したかもしれない小さな赤ちゃんを
守る時期。

小さな赤ちゃんが誕生していなかった時は
いらない卵を体の外に出す時期。



その体のサイクルに
ぴったり合わせて
気持ちも変化していく。


男の人を受け入れやすいように
気持ちが外に外に向く時期
(生理後〜排卵日)

誕生したかもしれない赤ちゃんを守るために
気持ちが内に内に向く時期
(排卵日〜生理前)

体や心のいらないものが外に出て
なんだかスッキリしていく時期。
(生理中)


女性は、このサイクルに
どうやっても逆らうことはできない。

たとえ子供を産むつもりのない人だって

このサイクルをリセットすることは
できない。


体の変化に合わせて
気持ちも変化して

その気持ちを
自分の意思でなんとかねじ曲げたとしても

そのひずみは
きっとどこかに現れてしまう。




生理に限らず、

人間には何かその時々で
その人独自のサイクルみたいなものがあって

そのサイクルには逆らえないんだと
私は感じている。


そして逆に

そのサイクルに合った過ごし方をしていれば

体も心も無理なく
人生もなんだか流れに乗って
進んでいけるのかもしれないなと
最近は思うのだ。



シンプルにいえば

がんばりたいときはがんばって
休みたいときは休む。

それが
何よりも人生の流れに乗るコツ
なのかもしれないなと思う。



noteだって

たくさん書きたいときは
たくさん書いて

書きたくないときは
堂々とお休みして

また書きたくなったら書く。


それでいいんだと思う。



書いたり休んだりしながらも
続けていると

いつのまにか
きっとたくさん書けている。



noteだけじゃなくて
すべてのことはそんな感じで
やればいいのに

私は今まで勝手に
いつも一定でいることが良いことで
いつも元気でいることが良いことで
それができない自分はダメなんだと
思いこんでいた。

でももしそんな人がいたとしたら
まるでロボットみたいだ。



大切なのは

やめないこと。


やめなければ
スピードがゆっくりの時期があっても
確実にすすんでいく。


そして、止まっているように見えても
自分の内側では
きっと何かが進んでいる。


ゆっくり続けよう。


大きな大きな力に身をゆだねて

休んだり、寄り道したりしながら、
楽しめばいい。



口内炎が治って
首の痛みは引いて
指の傷は閉じて
生理が終わった今、


じわじわ元気が湧いてきて
今noteの記事を1つ書いている。


それでいい。

そのままゆっくりでも
続けようよね、私!



私が私にそんなエールを送る。

私は
前より自分に優しくなった私を
気に入っていて


だから私は
前よりも私のことが好きになっている。


そのことがすごくうれしいなと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もよ

大事な時間を使って、私のページにあそびにきてくださってありがとうございます。サポートうれしいです♪書きつづける励みになります(^o^)