見出し画像

自発的に思う「何かのために」は素晴らしい力だけど、強制される「何かのために」は時につらいだけ。

「何かのために」という気持ちって、その出どころによってまったく違った意味をおびてきます。

そう、自発的に思う「何かのために」は素晴らしい力になるけど、強制される「何かのために」は時につらいだけ。

それは仕事、社会活動やボランティア、家事。
あらゆることに繋がると思ったんです。

***

たとえば、お金。
何かで稼げる、というのは大きなモチベーションにつながる。
たとえば、SNSのリアクション。
スキ、いいね、アクセス数がアップすることはとてもうれしく誇らしい。

だけどこれって麻薬のようにすぐに慣れてしまう。
最初は1,000円で嬉しかった報酬も、5,000円もらえるようになると1,000円では満足できなくなる。スキ、いいね、アクセス数も同じで全てはいまを基準に、それよりも高いものを欲してしまう。

それは自分で意識していなかったとしても、「強制される何かのため」にあたると思う。強制してくるのは、お金やリアクションだ。

一方で、その行為自体が目的や楽しみの場合。
書くこと自体が楽しかったり、書くという行為から得られるもの(文章力や物事を整理する力、伝える力など)に価値をおいているとしたら。
眼の前の、報酬にゆさぶられることがなくなっていく。

そりゃ、外からの報酬は大いに自分を励ましてくれる。
でも、それとこれとは別問題なのだ。

この内発的な動機が自分の中に見つけられると、探究の世界への一歩を踏み出すことができる。

この動機づけは、子どもと接するときも大切になる。
ぼく自身は最近ようやく、何かにのめり込むという感覚を味わいはじめた。

行為自体が楽しい。たとえ評価が得られなくてもやめようとは思わない。

そんな感覚を、親が知っているというのは、実は大切なのかもしれないなと思う。


***

今日も、見に来てくれてありがとうございました。
いま読んでいる動機付けの本を、自分のなかでなかなか消化できないでいます。もう少ししっかりと消化して、この動機付けについて考えを深めていきたいです。
ぜひ、明日もまた見に来て下さい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

”未知なる未来にワクワクできる”を理念とした新しい小学校創設のための資金に活用させて頂きます。

あなたのスキが何よりも励みに!
22
noteは学びのシェアと雑記を毎日更新。 ■子どもとの対話の物語「親としてできることなんてたかが知れてる」 ■教育と学び「学ぶというのは、世界を変えることだ」 ■子育て家庭のための模様替えのレシピ の3つのマガジンを連載中 NPO起業して8年。現在京都にて小学校創設に向け奮闘中!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。