ジャニーズのリーダーから学ぶ「管理職になったら幸せな会社か?」

ジャニーズのリーダーから学ぶ「管理職になったら幸せな会社か?」

中居くん(あえて君付け)の退所に関する、記者会見を見た後
DASH村の城島をテレビで、家族と見ており

私「なんで、城島さんは、人間的にこんなに素晴らしいのに、花がないんだろう??」

妻「城島はリーダーだよ。一歩下がっているんだよ。だからTOKIOはみんなが華々しくできるんだよ」

私「だって、中居くんだってリーダーで、スターじゃない??」

妻「だから、解散するんだよ!」 
 「大野くん(嵐のリーダー)、城島リーダーは、ジャニーズとしては少し地味かもしれないけど、一歩下がって、リーダーになっているから、メンバーから慕われて、メンバーが華々しく活躍出来て、グループも長続きするんじゃない?」

私「納得!」

という会話から、これは、私たちの会社においても通づるものがある、学びがあるなと思いました。

管理職の退職が続く会社や組織は考える必要があると思います。
 ・管理職になった先が未来を見れる会社になっているか?
 ・管理職になりたくない会社になっていないか?
 ・管理職としての徹することで幸せになれる仕事や評価になっているか?
 ・管理職になったほうが幸せだ、と思える会社になっているか?

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!