富江弘幸

「地域とビール」をテーマに活動/著書『教養としてのビール』 https://amzn.to/2VwQ7OI /cakes『あなたのしらない、おいしいビール』 https://cakes.mu/series/3511
    • ビール!ビール!ビール!
      ビール!ビール!ビール!
      • 19本

      ビールが楽しく飲めるようになりそうな記事を集めています。

    • 働き方、書き方、編み方
      働き方、書き方、編み方
      • 2本
      • ¥300

      編集者、ライターとして、20年近く活動して得た経験、知識、考え方、ヒントを紹介するマガジンです。

    • 妄想ビール研究所
      妄想ビール研究所
      • 3本

      未来はどうなるのか考えてみると、どんどん妄想が止まらなくなることはありませんか。妄想するのは自由です。なので、ビールの未来を妄想してみました。妄想が世の中を、ビールを進化させていくのです。

    • ビール3.0 シェアと多様性のビール時代
      ビール3.0 シェアと多様性のビール時代
      • 2本
      • ¥500

      日本のビール事情は変化の兆しを見せている。 大量生産の「ビール1.0」、地ビールとクラフトビールの「ビール2.0」、そしていま、シェアの時代である「ビール3.0」に突入した。 これまでの日本のビールと、これからの日本のビールは何が違うのか。日本のビールはどこに向かっているのか。「シェアリングエコノミー」「価値主義」「里山資本主義」などをキーワードに、日本のビール事情を紐解いていく。 目次はこちら。 https://note.mu/tomiehiroyuki/n/n444438b09077

ビールライターになる転機となった日の話

ビールライターとして活動するようになって、今年で9年目。「今日からビールライターだ!」という日があったわけではないですが、あの日が転機だったなと思っている日があ…

正しい情報を出すにはコストがかかる

正しい情報はタダではないのですよ。 今日も一日ずっと編集作業をしていました。大変だったのは事実確認で、ひたすらエビデンスを探す作業をしていたのですが、正しい情報…

2020年のビール関連執筆業務振り返り

あけましておめでとうございます。 なんだかんだで年が明けてしまいましたが、2020年のビール関連執筆業務について振り返ってみたいと思います。 2020年は新型コロナウイ…

2020年末、クラフトビールの定義について改めて、

結論から書くと、やはりクラフトビールという言葉はなくなってほしいと思っているし、その意味で定義は決めたい人がいるならご自由に決めていただければいいと思っている。…

100

ヱビスビールと、稽古と、

ビールを初めて飲んだのはいつだったのか覚えていない(日本の法律に照らし合わせてみれば、20歳以降だったのは間違いない)。 さらに言えば、そのビールの銘柄も、飲んだ…

100

ビールのライターとして自分のやるべき仕事とは

※自分にしては少しぶっちゃけた話なので、有料にしています。100円で購入するか、月会費100円のサークルに入れば最後まで読むことができます。 ビール専門のライターとし…

100