見出し画像

【童話】明日の魔女


カリエは、小さな魔女。
王立魔法学校初等科の劣等生です。

魔法の定期試験では失敗ばかり。

試験官による口頭での出題。
「このトカゲをヘビに変身させなさい」

しっかりヘビの変身呪文を唱えたはずなのに
なぜか恐ろしい姿のドラゴンが現れます。

もう試験会場は大混乱。

「あ~あ。どうしてあたしって、失敗ばかりするんだろ」
カリエはぼやきます。

「でも、カリエってすごいよ。
 私なんか、ドラゴンなんて絶対に出せないもん」
友だちで優等生のメンマが慰めます。

「あんなの出したって、なんの役にも立たない」
「そりゃまあ、そうだけど・・・・」

「明日の追試、とっても心配」
「あのね。きっと呪文、深く唱えすぎなのよ。
 適当に力を抜いてやれば、カリエなら大丈夫だって」

「そうかな」
「そうだよ。だから、頑張らないで、気楽にね」

「うん。なんとか、やってみるけど・・・・」

メンマと別れて、ひとりぼっちの帰り道 
カリエは夕焼け空を見上げます。

(明日こそ、うまくできますように!)
どうしても強く願わずにいられません。

けれども、その瞬間 

このまま続くはずの明日でなくて 
まったく新しい明日をひとつ作ってしまったことに 

カリエは気づきもしないのでした。


Witch to Tomorrow


Karie is a small witch.

She is a backward student
of the Royal Magic School Primary Studies.

She will fail only magical periodic exams.

Oral examination by the examiner.
"Transform this lizard into a snake."

She should have chanted a snake transformer spell,
but somehow a dreadful figure of a dragon appeared.

The examination site was already in great confusion.

"Oh ... why do I always fail?"
Karie will blur.

"But Karie is amazing.
I can not make a dragon appear anyway. "
Menma, her friend and honor student, comfort her.

"It makes no sense to let such emergence happen."
"Well, yes, but ..."

"I am very worried about the replacement test tomorrow."
"Hey, you surely have spells, deeply chanting.
Karie, if you pull through appropriately, you should be fine. "

"I wonder if that's true?"
"Yes, so do not try your best, feel comfortable."

"Yeah ... I'll do it somehow ..."

Separating from Menma, on the way back alone,
Karie looks up at the sunset sky.

(Tomorrow, I hope to do it well!)
She strongly hopes for it.

But at that moment, Karie did not notice,
not tomorrow that is supposed to last,
but she made a completely new tomorrow.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

オリジナル制作を継続するために使わせていただきます。 動画のための朗読音声も募集中。https://poetome.exblog.jp/

Crick or Treat 💛
21
トメ。作者表示・非営利なら無断使用を許可。動画音声、募集中。http://poetome.exblog.jp/ 2016/2/12、開帳。

この記事が入っているマガジン

コメント2件

千鶴さん ラフな感じで 楽しそうに 演じていらっしゃいますよねw
yayaさんへ★ 文句なし、プロの芸だね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。