再構築35:ジャックと豆の木

ここまでのあらすじ‥‥牛の支配する孤島「黒島」。ある日、天の掟を破った天女により、天地海の摂理が崩壊。夕陽を溶かし、赤一色になった空がボタボタと落ちる。大地は「選ばれた子」である『じゃつく』に、天地を結ぶ「試練の橋」…骨でできた木を登り、天へ向かうよう伝える。失われた摂理を取り…

すいっさんぽ

袖無かさね イカ。それがボク。 海。ボクが住んでるところ。 みぎへ、ひだりへ、ボクは泳ぐ。 うえでも、したでも、すいっ、と行ける。 魚はジタバタ泳ぐけど ボクはしなやかに、すいっ、と泳ぐ。 岩もワカメも、動けないけど ボクは自由に、すいっ、と行ける。 ぼくはそんな、イカした、イカなん…

ようかいはなまる

今日はだめだめな1日だった。 帰りの電車の中で、てすり際に立って窓の外を眺めながらため息をつく。 どうしてうまくいかなかったんだろう。 なんであんな風に言っちゃったんだろう。 後悔ばかりがいくらでも出てきて、そのどうしようもなさに余計気がめいる。わたし以外のすべての人が素敵に見え…

童話小説「ガルフの金魚日記20」

むこうからトコトコやってくるのは、ぷくをおそってきたブチネコではないでしょうか。金魚鉢にエサをばらまいてにげていった、あのブチネコです。 でも、きょうはなんだか、ようすがちがいます。ごじまんの長いシッポをピンと立てて、歩いています。ぷくー。 あれれ、ブチネコのうしろを、すました顔…

【童話風物語】月の鏡と迷子の天使【短編】

※商用作品の候補(納品時は大まか)の1つでしたが、別の作品を選んでこちらをボツにしました。いつもと違うストーリーの雰囲気を、絵本を読むみたいにお楽しみください。 ・・・・・・・・・・🥀・・・・・・・・・・ 愛に満ちた天国は、喜びと微笑みの揺り籠。約束された安寧の空間。 そこでは神…

短編小説 『あらしぼっこ』

春 桜の花がいっせいに満開を迎えると その美しさに心奪われます。 桜の下に立っていると 短い花の命を終えて 風になびいて散っていくさまは 最後に見せる一瞬のきらめきのようで 移りゆく儚さみたいなものを感じます。 大地を染め 川を染め すべてを淡いピンク一色に染めたとき 日常と違った異世…

再構築34:ジャックと豆の木

『邪突と魔目の木』 第27話修正 『じゃつく』は、どこまでも続く骨の木を、ただひたすらに登りました。折り重なった骨の木を、ガチャガチャ・ガチャガチャ…そうして、ずいぶん高い位置まできましたが、まだまだ先は見えません。重い体を引き上げながら、ガチャガチャ・ガチャガチャ登ります。  す…

100文字童話集・じぶんさがし

『じぶんさがし』 ロボットが 鏡に映る自分とおしゃべりします でも鏡に映る自分は なるほど としか言いません  なるほど じゃなくて君の考えを聞かせてよ それを聞いた鏡の中の自分は なるほど と言いました

再構築33:ジャックと豆の木(下書き)

ここまでのあらすじと、仮予定第26話まで ‥‥牛の支配する孤島「黒島」。ある日、掟を破った天女により、天地海の摂理が崩壊。島にある湖は枯れ、空はボタボタと落ちる。地は「選ばれた子」である『じゃつく』に、骨でできた木を登り、天へと向かうよう伝える。失われた摂理を取り戻すため、彼は導か…

Oh ロミオ!!

俺は殺されたんだ それはあのロミオとジュリエット そのジュリエットのパパに政敵として 葬られたのである。 謂れの無い難癖をつけられ わが一族はことごとく裏切り者として 処刑されてしまった。 当然、成仏できずに ジュリエットファミリーの家を 徘徊してたのだよね 根は明るいほうだから そんな…

200