徳間書店 文芸編集部

徳間書店の文芸書、文庫、文芸PR誌「読楽(どくらく)」の関連情報をアップしていきます。徳間書店の公式サイトはこちらから→ https://www.tokuma.jp/

二か月間のキャンプを通じて子供たちが吸血鬼に覚醒する 新機軸のSFファンタジー(『愚かな薔薇』/恩田陸)

   吸血鬼小説とSFのハイブリッド  二〇一一年から一九年まで『小説 野性時代』に不定期連載された『ドミノin上海』、〇七年から二〇年まで『メフィスト』で続いた…

江戸に染まらない下男が女を救うために行方を追う。心理の綾に彩られた時代小説/『底惚れ』(青山文平)

   消えた女を捜すハードボイルド時代小説  青山文平は一九四八年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。経済関係の出版社に勤めた後、九二年にライターに転身し…

第一回 水脈 伊岡瞬

1  その朝、母親と小学五年生の娘は、神田川沿いの遊歩道を歩いていた。  車通りの騒音も聞こえてこない、静かな住宅街だ。  時刻は午前六時を少しまわったところだが…

切れ味抜群の語り口に酔う! 青山文平さん新刊『底惚れ』刊行記念インタビュー

「大恩人」が姿を消した――。江戸染まぬ一季奉公の「俺」は捨て身の捜索活動を開始する。最底辺の切見世暮らしの男が、愛を力にして岡場所の顔に成り上がり……。青山文平…

【『さみだれ』冒頭公開!】暴力描写の限界に挑んだ戦慄の任侠時代小説!

時代小説の旗手、矢野隆さん渾身のヴァイオレンス時代劇、『さみだれ』が8月27日に発売されます。「抜きたい、斬りたい、殺したい」。凶悪なる欲望を抱えた謎の博徒を主人…

他人に興味のない女がお見舞い代行業に雇われる シニカルな自己肯定小説/『雨夜の星たち』(寺地はるな)

   協調しない女の生活と仕事    才能の持ち主が創作に目覚め、短期間で世に出るケースが稀にある。寺地はるなもその一人だ。寺地はるなは一九七七年佐賀県生まれ。大…