見出し画像

モモ・デウス(邦題:ふたりはモモタロウ)

とう腐

昔々あるところに全裸で暮らすがおりました。

二人は子を欲すれど叶ず嘆き哀しんでいたところ、神は知恵の実を授けられました。

二人は羞恥を知り然しながらも昂る想いを

(中略)

二人の男子はカインアベルと名付けられた。

これが“ふたりは桃太郎”の始まりである。

〇〇〇

神代の頃、異方より門を通り様々な民が神州へと漂着した。
曰く、エルフ、ドワーフ、オーク…枚挙に暇がない程に。

朝廷は彼らをとした。

〇〇〇

「居た!」
鷹の目の技能を持つエルフの射手は遥か彼方、山より巨なる武者…それはと呼ばれた…の肩に座るアベルを見つけた。

「一気に駆け寄り登るか!」
血気に逸るドワーフの戦士が飛び出そうとする。

「待てっ!だ」
どれ程の巨鳥なのか?
陽の前を横切るだけ辺りに夜が訪れた。

「斥候は終りだ戻ろー
エルフが振り返ると其処には巨大な黒い球体!
その中からドワーフが吐き出されると、球は獣の姿を取った

「犬か!」

これがアベルの三匹のお供である!


【続く‼】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!