今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~

ようぞうといいます。このノートをご覧下さって誠にありがとうございます。ここでは今日のアジはどんな味?をテーマに鳥取でのアジングと釣ったアジの料理を中心にどちらも初心者の僕が紹介します。アジング、料理のそれぞれに参考になれば嬉しいです。ちなみに写真は釣りの神様、美保関神社です。

今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~

ようぞうといいます。このノートをご覧下さって誠にありがとうございます。ここでは今日のアジはどんな味?をテーマに鳥取でのアジングと釣ったアジの料理を中心にどちらも初心者の僕が紹介します。アジング、料理のそれぞれに参考になれば嬉しいです。ちなみに写真は釣りの神様、美保関神社です。

    マガジン

    最近の記事

    ベイトアジングのこと、調べてみました

    ベイトリールを使ってアジングしよう、と思い立ったものの、知れば知るほどスピニングとは違う世界にびっくり。それでも諸先輩たちに教えてもらったり調べたことをちょいとまとめておきます。 以前に書いたnoteの中間回答って感じかな。 僕と同じ様にお悩みの方のヒントになれば嬉しいです。 まずはリール選びスピニングと大きく異なるのが、このベイトリール。このリール選びで悩んだ項目は2つ。アルファス or月下美人と左巻きor右巻きの問題でした。 結果から先に言うと、僕が選んだのは月下美人

      • 少し怖い(かもしれない)お話

        いつもと違ってよくよく考えるとちょっと怖くなる(かもしれない)話をひとつ。 あ、でもほんとの怪談ということではなく、この話を聞いて釣りをする者としてちょっと考えてしまいました。断っておきますが、善悪の判断や“〜〜すべき“といった提言をここでするつもりはありません。というよりも僕ごときでは何もできませんし、言えません(苦笑) いつもの常連さんのお話僕のお客さんの中には釣り人が多かったりします。 そんな中の一人にいつも県外からこられる方がいます。仮にAさんとしておきます。

        • ベイトアジング始めます。でも分からないことだらけ…

          決めた! ベイトアジング、始めます。 と、決めてはみたものの、分からない事だらけ。 ちょっと分からない事をまとめてみて、すっきりしてみます。 始めてみようかな、と検討中の方、一緒に悩んでみませんか。またベイド先輩の方、「そんなことは~~したらいいよ」、なんてアドバイスもらえたらありがたいです。 わざわざベイトでアジングするの?まずはそこ。 「スピニングで十分アジングは楽しめるじゃん?!」 というのがもう一人の僕の意見。そしてアジング仲間の師匠の言葉。 そうなんです

          • クリスター60フォーカスのレビュー

            ようやく慣れてきたので、満を持してクリスター60フォーカス(以下、フォーカス)のレビューを。かなりの長文ですが、購入を検討している方にとっては参考になると思いますよ。たぶん。 導入のきっかけ僕のメインロッドはtictさんのSRAM-EXR-60S-Sis(以下、スラム)でした。 最初にこのロッドを使い始めたときにそれまで「?」だった当たりが「!」に変わったくらいに衝撃的でした。いろんな方のレビューを見ていても、割と高評価が多くて“名竿“といっても良いようなロッドだと感じてい

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • アジング便利情報
            今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~
          • たのしいアジング
            今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~
          • 激うまレシピ
            今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2021.2. 2月のアジは気まぐれ?

            この時期の朝マズメは流石にアジたちもやって来ないだろうともっぱら夜な夜な出かけています。 去年のこの時期はなかなか良い思いをしたように感じているのですが、水温が低い今はそれを望むのは仕方ないです。仕方はないのですが、それなりに釣果が出てるのでご報告を。 あ、今回はぼく自身、考えながら書いているのでオチがありませんのでご容赦を。 この時期でも回ってくるのは来るのね実は2月に入って2/3と2/21に良型が釣れてます。 いずれも同じ写真かと思ってしまうくらいのサイズ。よくみると

            2021.1.22と24 新年初アジとロッド選びの大切さ

            ようやく今年の初アジが釣れました。 去年は新年早々に釣ったような気がするだけに長かった ということで釣れ方レポートとロッド感度について思ったことをちらほらと。 思いつきも大事…。新年明けてからなかなかアジに出会えず、メバルに浮気をしてみたもののやっぱりアジに逢いたくてちょっといつもの釣り場から対岸の方へ移動。釣り人はあまりいないものの、左隣にはサビキ、そして少し離れた右隣にはフカセ釣り師が。図にするとこんな感じ(図にするほどでもなかったな) 見た目の潮の早さもあり、ジグ

            2021.1.15 アジはどこへ…

            あまりこのnoteを更新できていませんが、今年もよろしくお願いします。 さて、新年になり、実はちょこちょことアジングに出かけているものの一度もアジに会えてません。去年の今頃はアジ釣れていたのにな、と不思議に思います。それでもどこかにはいるはず! と信じて出発です。 しっかり準備 今回のアジングは調査を兼ねてできるだけポイントを回ることにします。普段はどっしりと1カ所に構えてアジが回ってくるのを待つ釣りを展開することが多いです。でも今回は最小限の道具を持って出発です。

            2020.11.7 答えを探す楽しさ

            慣れてきたはずのアジングにもまだまだ新発見があるものだな、ということがあったので久しぶりにここで報告です。 「じゃ、3時半で!」師匠から告げられた集合時間は3時半。場所はいつもの朝マズメでお世話になる港ではなく、僕んちから最も近い港。実はここでは朝マズメでは良い思いをしたことなく、夕マズメにサビキさん達に混ざって楽しむ、ということが多いのです。 ところが師匠が聞きつけた情報によると日の出よりも早い時間にアジが釣れるらしいとのことで場所も僕が夕マズメに入る波戸とは対岸の波戸

            2020.06.05 明暗(?)を分けたもの

            今回の記録は6/3の記録の続きです。 この記録の中で、高活性で拍子抜けでした。という結論に落ち着きましたが、果たしてそうだったのか。なんで思うところが出てきました。 久しぶりに師匠とアジング僕をアジングという深い沼に引きずり込んだ張本人は度々このnoteに登場する師匠。 この人は様々な釣りに精通しており、そしてかなり理論的なので解説がわかりやすいのです。おかげで“考えて釣る“という習慣が身につきました。 そんな師匠と時間が合ったので仲良くアジングへ。 まだ薄暗い日の

            2020.06.03 久しぶりの夕まずめと贅沢な悩み

            タイトル通り、夕まずめを楽しみましたのでちょっと報告を。 シーズンが終わるまでになんとか一本、メバルが釣りたい! という強い思いでとある港に通ってます。その港は外海がメバルさんのポイントなのですが、内海はアジのポイントとしてもなかなか魅力あるポイントなのです。 夕まずめから外海に面した磯へイソイソと入っていくのですが、その夕まずめ時に止まっている車の多いこと! もちろん皆さんがメバルを狙っているはずもなく、そのほとんどが内海に向かってアジを狙っているようです。そんなに

            ゆっくりリトリーブも効果的?

            そういえば、鳥取でコロナ陽性患者が出てくる直前のこと。豆アジに遊んでもらった時の興味深い経験を書くのを忘れてました。なので簡単にご報告を。 その日のアジは何がお好み?現場に着くとまず始めることはキャストし、カウントを数えてジグヘッドを沈めます。この次にどうするか、を決めるのは事前に情報がなければ、環境から判断するか、ややもすると自分の好きなアクションになりますよね。 リフトアンドフォールでじっと待ってみたり、竿を立ててさびくようにワームの水平移動を試みたり…、そのままリト

            2020.3.31 アジ御一行のおかえり〜Egg Cast Softyはアジングに使えるのかな?〜

            海沿いを通って職場に通うのですが、その帰り道のこと。 いつものようにとある港を横目で見てると 「あれれ?やけに車が止まってるなぁ」(・3・) なんてことに気づきました。不思議に思って近づいてみると常連のおじさま達がサビキを垂らしてます。これは、 「もしかしてアジさんの御一行が戻ってきてる?」 と半信半疑で竿(エッグキャストソフティ)を出してみた、というのが今回のお話です。 アジさん達が戻ってきた!(?)車に常備してるエッグキャストと使わなくなったジグヘッドとワームを

            2020.3.13 改めてグローって面白い

            このところ、アジが渋い日が続いています。 いつものホームで豆アジを偶然に釣って以来、アジに出会えていません。 そんな感じでしたので水深がとても深いと言われる港までちょっと遠征。 そこでもアジには出会えなかったものの、改めてグローの面白さを再確認したのでちょっと報告を。 遠征先でも…久しぶりに遠征。 到着してお隣さんサビキさんに挨拶がてら状況を聞くと渋い返事が。 夕方に1匹釣れたけどあとはさっぱりƪ(˘⌣˘)ʃ 「もしかしてここでも(ーー;)」などと嫌な予感が浮かびますが

            楽しい悩み② ~ブルーカレント62TZ nano~

            楽しい悩み、ロッド新調計画の第1弾として、師匠の好意でヤマガブランクスさんのブルーカレント62TZnanoをお借りすることが出来ました。 ということでさっそくその使ってみた感想を。 実戦の前に以前に34の家邉さんがロッドからの感覚を養う練習方法として、こんなやり方を紹介してました。  ①部屋の中でガイドにラインを通し、使いたい重さのジグヘッドを垂らす。  ②目をつむる  ③目をつむったまま、ゆっくりと竿を持ち上げる。  ④床からジグヘッドが離れた“!“と感じた時に目を開

            楽しい悩み 〜ロッド選び〜

            相変わらずぱっとしない釣果が続いてます。 とはいえ、最近アジングに対するスタンスが変わってきてまして、釣れなくても楽しいな、なんて思い始めてます(ちょっと嘘。釣れなければやっぱり悔しいです)。 と、いうことでちょっと楽しい悩みをご紹介。 着ている服が小さくなった?ここ半年ほどクリアブルーさんのサイコロヘッドを武器にアジングをしています。このジグヘッド、他のメーカーにない特異な形をしています。以前の日記でも書きましたが、この四角形がいい仕事をしてくれており、とてもよく潮流が感

            2020.2.11 中途半端な知識だけでは釣れません

            アジングを始めてたぶん3年くらいになります。 いっこうに上手くならないものの、それなりの知識と経験が備わってきたのではないだろうか、なんてことを感じてました。 しかし、今回はそれらの中途半端な知識と経験が役にも立たず、むしろアジに出会う上での支障になっていた、というお話です。 傾向と対策を練ろう釣り場に向かう前に時間があるのでしっかりと傾向と対策を練ります。 夕まずめから入る予定でしたのでまず潮をみます。中潮で潮止まりが 16:34、日の入りが17:39。 一般的によく釣