新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年の仕事(2021/01/01更新)

適宜追記してゆきます。ウェブに配信された記事は多くがYahoo!ニュースにも転載されています。

・12月31日公開 wezzy 取材+原稿 2020年振り返り記事02/02
法廷で暴れ続けた男、愛した男を二度殺害した女…2020年、強い印象を残した裁判


・12月30日 配信イベント『別冊・非週刊女性ポパイ 年末!自粛警察24時』
 能町みね子さんと結成した謎ユニット「YM0」による配信イベントを行いました。https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/164531
告知動画↓


・12月30日公開 wezzy 取材+原稿 2020年振り返り記事01/02
座間9人殺害事件・白石隆浩が法廷で語った「ヒモになりたい」という欲望


・12月30日公開 弁護士ドットコムニュース 取材+原稿 2020年振り返り記事02/02


・12月29日公開 弁護士ドットコムニュース 取材+原稿 2020年振り返り記事01/02
コロナ禍で減った裁判員裁判 2020年、傍聴ライターが見た相次ぐ盗撮事件の真相


・12月28日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
『7つの習慣』翻訳者がほうほうのていで逃げ出した業界の闇


・12月21日発売『小説現代』(講談社)隔月連載「書評現代」
 『実は、内向的な人間です。』(創元社)を紹介させていただきました。

・12月19日 20日公開 cyzowoman 連載 悪女の履歴書
熊本:つなぎ融資の女王


・12月8日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
実父に強制性交された16歳娘の、あまりに悲しいLINEの中身


・11月12日 13日公開 cyzowoman 連載 悪女の履歴書
宮城・婚活サイト殺人事件(前後編)


・11月12日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
レイプされ妊娠でも…中絶に「加害者同意」が必要という理不尽


・11月6日公開 文藝春秋digital 取材+執筆
子どもが危ない!という連載にて『その写真、大丈夫? 無防備なSNSを狙う小児性愛者たち』という記事を書かせていただきました。


・11月5日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
「泣き寝入りしない」と決めた女性達が痴漢抑止アニメを作るまで


・10月26日公開 週刊女性PRIME
「赤ちゃんを捨てた」罪をひとりで背負う母親、傍聴人が問う “父親” の理不尽さ


・10月22日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
実の娘に性的虐待の「鬼畜父」に懲役6年の判決が下った背景


・10月21日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
長男刺殺の元農水次官 弁護士10人従え主張した「無罪」の論理

・10月20日から
TBSラジオのオーディオコンテンツ『つけびの村 by AudioMovie™』全六話の配信が始まりました。1話ずつ火曜日に公開されます。
これは拙著『つけびの村』を基にしたフィクションです。


・10月12日 YouTube配信 ダースレイダーさんのチャンネルにお招きいただき、裁判の話をさせていただきました


・10月12日公開 NEWSポストセブン インタビュー+執筆
伝説のマトリ捜査官が語る「大麻の恐ろしい現実」


・10月10日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
義理の息子殺人 初公判でわかった長島悠介被告の「嘘まみれ人生」


・10月10日公開 デイリー新潮 取材+原稿
交際相手と共謀して元夫を殺害した“カバコ” 自称「多重人格」と「ホラ」で裁判は混乱

こちらもあわせてどうぞ カバコとかつて交流のあったユーチューバー、九條さんがアップした動画です


・10月9日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
池袋暴走事故 初公判で飯塚被告が見せた「驚きの態度」


・10月4日公開 サイゾーウーマン『悪女の履歴書』連載
“女性器えぐり取り”殺人犯の告白……「あそこがあるから自分も苦しむ」男を二度寝取られた女【神奈川“阿部定”イズム殺人事件:後編】


・10月3日公開 サイゾーウーマン『悪女の履歴書』連載
63歳の“えぐり取られた女性器”――惨殺された「多情な老婆」、男たちとの肉体関係【神奈川“阿部定”イズム殺人事件:前編】


・10月3日公開 弁護士ドットコムニュース 夏に立て続けに起こったストーカーの果てと見られる殺人事件。先日もさいたまで復縁を望んでいた男が女性を殺害しました。過去の裁判から個人的に思うことなと書かせていただきました。
元交際相手につきまとい、殺害する男たち…法廷でみた「被害者意識の強さ」と怒りの燃料
https://www.bengo4.com/c_1009/n_11791/

・10月1日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿 9月30日に東京地裁立川支部で開かれた座間9人殺害事件初公判の様子をまとめました。
座間「9人殺害事件」初公判 白石被告が凶行に走った背景
https://friday.kodansha.co.jp/article/138253

・9月19日 八重洲ブックセンターにて春日太一さん、村瀬秀信さんと、取材にまつわるトークイベントをさせていただきました。

・9月15日公開 考える人 「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」というコーナーにて、未解決事件本を10冊、紹介させていただきました。
『気になる未解決事件の10冊』
https://kangaeruhito.jp/article/16143

・9月12日 配信&リアルイベント『傍聴人は見た!死刑判決の瞬間』@文京区民センター(フォーラム90主催)
裁判員制度導入前後の裁判について、傍聴人としてみた死刑制度について、ダースレイダーさん司会のもと、傍聴人の大先輩、北尾トロさんとともに語りました。


・9月10日公開 FRIDAYデジタル 娘に性的虐待繰り返した「鬼畜父」の呆れた言い分 東京地裁で開かれていた監護者性交等罪公判の記事を書きました。

・9月9日 配信イベント『非週刊女性ポパイ 第2号』
 能町みね子さんと結成した謎ユニット「YM0」による配信イベントを行いました。
https://twitcasting.tv/loft9shibuya/shopcart/20141

・9月1日公開 FRIDAYデジタル 望まない妊娠…経験者が語る「中絶を決意した人に伝えたいこと」 中絶手術を受けた自身の経験や中絶に関する情報をnoteで発信しているmarukoさんにインタビューをさせていただきました。

・8月30日公開 弁護士ドットコムニュース 幼女わいせつ魔「俺は捕まらないと言い聞かせた」 2児の父はなぜ犯行を止められなかったのか 7月に東京地裁立川支部で傍聴した公判について書きました。

・8月28日公開 FRIDAYデジタル 「保育士ストーカー殺人」同僚達が被告を犯人と確信した理由 昨年3月に東京都杉並区のアパートで保育士の同僚・照井津久美さん(32)を殺害したとして殺人と住居侵入の罪に問われた松岡佑輔被告(33)の裁判員裁判初公判について書きました。

・8月28日公開 デイリー新潮 いわき母子4人刺殺 緑川被告は公判で「事件という気がない。後悔ってのはないです」 今年1月にいわきで起こった心中殺人事件で起訴された緑川雅孝被告の公判について書きました。

・8月24日公開 FRIDAYデジタル リベンジポルノの恐怖を描いた漫画「トラップ」のスゴすぎる中身 『トラップ~危険な元カレ~』の作者・ruuさんにお話を聞かせていただきました。

・8月22日公開 弁護士ドットコムニュース 年収100万円「貧困なのにSOSが出せない」格差に生きる人たち…吉川ばんびさん「個人の力では抜け出せない」 4月に出版された『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』(扶桑社新書)の著者・吉川ばんびさんにインタビューさせていただきました。

・8月21日発売『小説現代』(講談社)隔月連載「書評現代」
 今回は『性転師』(柏書房)を紹介させていただきました。

・8月18日発売『恐怖!「事故物件」案内』(宝島社)に記事を寄せております。

・8月1日公開 NEWSポストセブン 女子トイレを盗撮した慶大元塾長秘書課長の「異常な執着心」 慶應大学の秘書課長だった男性による盗撮裁判の記事を書きました。

・7月28日公開 FRIDAYデジタル 「暴走あおり運転男」が初公判で語った理解不能な言い分 昨年に常磐道などで危険な煽り運転を繰り返した会社役員・宮崎文夫被告(44)の公判について書きました。

・7月28日発売『週刊朝日』(朝日新聞出版)「最後の読書」というコーナーに、大好きな桐野夏生さん著『夜の谷を行く』についての書評を書かせていただきました。

・7月27日公開 FRIDAYデジタル DV、性犯罪…表沙汰にしにくい女のトラブルに効く「おとめ六法」 書籍をまとめられた上谷さくら弁護士にインタビューさせていただきました。

・7月24 25日公開 サイゾーウーマン 連載『女の履歴書』
 藤沢で起こったつづら詰め殺人について書きました。
ミイラ化した全裸死体ーー離婚した女二人の同居生活、消えた女と庭の遺体【藤沢つづら詰め殺人事件:前編】
「結婚してブラジルに渡ろう」ウソと虚栄にまみれた女スパイと謎の男【藤沢つづら詰め殺人事件:後編】

・7月20日 ヤフー×本屋大賞「2020年ノンフィクション本大賞」に拙著『つけびの村』がノミネートされました。ありがとうございます。

・7月3日配信 FRIDAYデジタル 母からの暴力・覚醒剤…コロナ禍に自死した25歳女性の壮絶人生
執行猶予中に更生への道を歩み始めていたハナさん。彼女を支えていた、元刑事・蜂谷嘉治さんにインタビューさせていただきました。

・6月23日 配信イベント『非週刊女性ポパイ 創刊号』能町みね子さんと結成した謎ユニット「YM0」による配信イベントを行いました。https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/147429

・6月18日発売『週刊新潮』(新潮社)に、斎藤充功さん著『ルポ 老人受刑者』(河出書房新社)の書評を書かせていただきました。ウェブにも転載されています。犯した罪の記憶も曖昧に……老人福祉施設と化した刑務所の今

・6月12日発売『週刊ポスト』(小学館)において、富田林署から逃走した樋田淳也被告の手記をまとめました。
NEWSポストセブンにも配信されております。「自転車で1000キロ逃走」樋田淳也被告の獄中手記

・6月8日配信 エル・カブキさんによる配信イベントにゲスト出演させていただきました。
「歌舞伎の町」噂がホストを殺すのか?

・6月3日公開 FRIDAYデジタル SNSで声を上げ始めた、親からの「性的虐待」サバイバーたち
インスタやブログで、過去に家族から受けた性的虐待を綴っておられる魚田コットンさんにインタビューをさせていただきました

・6月2日配信 唐突にyoutubeチャンネルを開設し、能町みね子さんとzoomによる配信を行いました(仕事ではないですね…)

・5月31日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 アパートのカーテンに火をつけ、駅前でめった刺し……「有名大学の彼」を殺めた、人気風俗嬢の悲しき“覚悟”【世田谷・学習院大学生刺殺事:後編】

・5月30日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 風俗スカウトマンで「有名大学の真面目」な彼との同棲――人気ヘルス嬢に芽生えた殺意【世田谷・学習院大学生刺殺事件】

・5月26日配信 エル・カブキさんのyoutubeライブにゲスト出演いたしました。【編集者とライターにセクハラは存在する!?】

・5月16日公開 東洋経済オンライン 真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖
はや1年ぶりの更新となってしまった連載『家族の法廷から』では、2018年に神奈川県で発生した通り魔殺人未遂事件の公判についてリポートしました

・5月11日公開 FRIDAYデジタル 外出自粛が続く中「レンタルなんもしない人」はいま何してる?
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための非常事態宣言発布、外出自粛の当時、レンタルなんもしない人さんはどのように依頼を受けておられるのか、聞かせていただきました

・5月7日 配信イベント「ノンフィクションひそひそ話」@ロフトプラスワン
昨年行いました『つけびの村』刊行イベントのひとつ「ノンフィクション万歳!」のメンバーとともに、ふたたびイベントを行いました。今回は、感染防止のため配信イベントとなりました

・5月6日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 「子どもを抱いてるときはマリア様になれる」小学生殺人容疑、完全黙秘した女の“罪”【札幌・小四男児殺害事件:後編】

・5月5日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 遺骨DNAで判明した14年前の男児失踪“その後”……時効寸前に捕まったホステスの半生【札幌・小四男児殺害事件:前編】

・5月4〜7日公開 wezzy 連休の間に昔傍聴した事件を振り返るシリーズです。新型コロナウイルス感染拡大防止のため自宅にいる時間が増え、謎が残ってずっと気になっている事件や未解決事件などを調べることが増えたため、原稿にもそうした事情が反映されているかと思います。
4日公開 生きたまま首を切断の残虐事件 被告は「人を殺せる人間であると誇示したかった」横浜港バラバラ殺人事件・人肉キムチ鍋事件
5日公開 「殺される。助けて」言い残し女性失踪…うやむやのまま終えた忘れられない事件 出会い系で知り合った女性と覚せい剤使用、その後……事件・新宿四人強殺事件
6日公開 焼却炉で遺体を燃やし醤油をかける…あの事件の裁判を傍聴していた男 愛犬家連続殺人を参考にした?傷害致死事件・放火無罪の男の窃盗裁判
7日公開 八王子「スーパーナンペイ事件」実行犯を知っている可能性があると逮捕された男の裁判 と、立川6億円強奪事件

・4月29日公開 FRIDAYデジタル 伯母の「孤独死」で自分の人生に初めて向き合った30代独身女の話
『ひとりでしにたい』(講談社)第1巻発売に際して、作者のカレー沢薫先生にインタビューをさせていただきました

・4月24日公開 Yahoo!ニュース特集「時効廃止で救われた」——大切な人を奪われた遺族たちの10年 取材協力

・4月22日公開 FRIDAYデジタル 元看護助手再審無罪…恋心利用した「嘘の自白」で服役12年の悲劇
2003年に滋賀県内の病院にて患者さんが亡くなった事件において、殺人で服役したのち再診無罪となった元看護助手・西山美香さん。第二次再審請求から弁護団長を務めた井戸謙一先生にお話を聞かせていただきました

・4月9日公開 FRIDAYデジタル 娘に性的虐待の実父が逆転有罪 「一審が無罪になった2つの問題」実の娘への準強制性交等罪で一審無罪だった父親が高裁で逆転有罪となった件についての記事です

・3月27日発売 本田優貴さん著『ただ離婚してないだけ』(白泉社)最終巻であります5巻に、昔傍聴した不倫による殺人事件について書かせていただきました。

・3月23〜28日公開 wezzy 有料で女性の口説き方を教えていたナンパ塾『リアルナンパアカデミー』の塾長や塾生が起こした準強制性交等罪や準強姦などの事件について、3月12日に塾長への判決が言い渡されたことを受け、6本の記事にまとめました。
01/06 強引に酩酊させて犯し動画まで撮る、リアルナンパアカデミーのメソッド
02/06 「1ヵ月の性交回数」を競い合うレースに没頭したリアルナンパアカデミーの塾生たち
03/06 リアルナンパアカデミー事件「被害者の落ち度」をあげつらう卑劣
04/06 リアルナンパアカデミー塾長「女は同意していた」の言い分
05/06 リアルナンパアカデミー塾生にとって、女性は道具でしかなかった
06/06 リアルナンパアカデミー塾長「女の証言だけで!」罪を認めない姿勢貫く理由

・3月21日発売 小説現代(講談社)書評欄にて隔月でエッセイ・ノンフィクションの書評を書かせていただくことになりました。初めて書かせていただいたのは、羽根田治さん著『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』(山と渓谷社)です。

・3月21日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書『出刃包丁で143カ所ズタズタに――“うわさ話”に追い詰められた女の鬱屈【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:後編】』昭和51年に発生した練馬の隣家主婦殺害事件についてです。加害者は「うわさ話」に苦しめられていたと話していました。

・3月20日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書『143カ所切り刻み、両手首切断――“お隣さん”に募ったオンナの恨み【練馬・隣家主婦メッタ切り殺害事件:前編】』昭和51年に発生した練馬の隣家主婦殺害事件についてです。

・3月18日公開 FRIDAYデジタル 『広島高2女子殺人・鹿嶋学被告に「無期懲役」死刑願った父の慟哭』下記廿日市市女子高生殺害事件の判決や鹿嶋被告の父親の尋問、そして被害者のお父さんのコメント等をリポートしました。

・3月8日公開 弁護士ドットコムニュース 『ペット探偵がみた「奇跡」のウラ側 愛犬の誘拐犯はすぐそばに』『210日ぶりに帰ってきた奇跡の猫』(新潮社)を上梓されたペット探偵『ペットレスキュー』代表・藤原博史さん。実はいなくなったのではなく、連れ去られることもあるのだそうです。そんな話をうかがいました。

・3月5日公開 FRIDAYデジタル 『広島高2女子殺人 「犯人を見たのは私だけ」被害者妹13年の苦悩』2004年10月に広島県廿日市市で発生した女子高生殺害事件。事件発生から13年半が経ち犯人が逮捕されました。殺人罪で起訴された鹿嶋学の広島地裁での公判をリポートしました。

・3月4日公開 FRIDAYデジタル 『「酒飲み」が喫煙者と同じ扱いを受ける日がくる可能性』酒離れが進む昨今、酒と決別するに至った男性の回顧録と、アルコール依存症の治療を専門とする久里浜医療センター・アルコール科の湯本洋介医師へのインタビューです。

・2月27日 イベント 神楽坂のla kagu sokoにて『結婚の奴』(平凡社)を上梓された能町みね子さんの刊行イベントに出させていただきました。
能町みね子×高橋ユキ「『私』を書くこと、『私』を売ること」

・2月23日 イベント エル・カブキが90分好きなことをするライブ「世界一決定戦」 お笑い芸人のエル・カブキさんのイベントにゲストで出させていただきました。木嶋佳苗や『つけびの村』について語りました。

・2月22日公開 FRIDAYデジタル 『心愛ちゃん虐待死事件 初公判で栗原被告が見せた涙と自己弁護』2月21日に千葉地裁で初公判が開かれた、野田市の心愛ちゃん虐待死事件・栗原勇一郎について書きました。

・2月21日公開 FRIDAYデジタル 『しつけと称し虐待を正当化「子供を殺してしまった」男たちの共通点』虐待事件で子供を殺害した父親について書きました。

・2月17日公開 デイリー新潮 『川崎通り魔殺人 好みの女性が死ぬ間際に見せる苦悶の表情が見たい…被告が法廷で語った“言い訳”』2006年9月、川崎市宮前区梶が谷のトンネル内で発生した通り魔殺人について、のちに黒羽刑務所でその罪を告白し逮捕に至った鈴木洋一の公判の様子を書きました。新潮45に面会記録の記事を書き、そちらはnoteにもアップしています。『歪んだ「改心」 川崎「連続通り魔事件」の真実』

・2月17日公開 FRIDAYデジタル 『ハコ師、平場師、ブランコスリ…激増する外国人スリ団の常とう手段』元警視庁刑事の土井さんにお話を伺いました。

・2月15日公開 弁護士ドットコムニュース 『伝説の「Mr.マトリ」の呼びかけ「薬物依存から人は回復できる」、偏見や差別は「不安感から」』 新潮新書『マトリ』を上梓した瀬戸晴海さんにインタビューさせていただきました

・2月9日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書『「好きな男に会えずイライラした」さいたま連続放火魔、法廷で呻き続けた中年女の姿【ドン・キホーテ放火事件・後編】』

・2月8日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書『万引き常習犯からさいたま連続放火魔へ――真面目な中年女のウラ側【ドン・キホーテ放火事件・前編】』

・2月8日公開 ハフポスト 『誰になんと言われようと これが私の恋愛です』(双葉社)を上梓した劇団雌猫・ひらりささんにインタビューさせていただきました。『“オタク女子の恋愛”から考える、恋愛と結婚のカタチ。“普通“の恋愛って、なんですか?』

・2月7日公開 ハフポスト 『つけびの村』についてのインタビューをうけました。『「噂が人を殺した」つけび事件を追いかけて…。噂から逃れて生きることはできるのか。』

・1月30日公開 FRIDAYデジタル 『同じマンションの女性をレイプ ミスター東大・稲井大輝被告に判決』 ミスター東大ファイナリストによる強制性交等事件についての記事を書きました

・1月26日公開 wezzy 『「ユニボールシグノ」超極細ボールペンを追求して辿り着いた最高の逸品!』愛用文房具の記事を書きました

・1月23日発売 週刊新潮(新潮社)2月6日号に、エヴァン・ラトリフ『魔王』(早川書房)の書評を書かせていただきました。WEBにも配信されています。『天才プログラマーが作り上げた底なしの“悪の帝国”』

・1月23日発売 女性セブン(小学館)2月6日号に、昨年11月に敦賀市で発生した多重介護殺人事件について取材し記事を書かせていただきました。NEWSポストセブンに配信されています。『多重介護疲れ殺人事件 残酷な因習の果てに彼女は手をかけた…』

・1月13日公開 wezzy 『「別れさせ屋工作」から始まった不倫が招いた最悪の殺人事件』別れさせ屋殺人・桑原武の記事を書きました

・1月12日公開 wezzy 『フィリピン女性バラバラ殺人被告「死刑になるように努力した」控訴の顛末』野崎浩の記事を書きました

・1月11日公開 wezzy 『暴力と言葉の洗脳で「ハーレム」を築き、その罪を女性になすりつけた男』志賀耕志の記事を書きました

・1月5日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 『SMセックスとDVの10年間ーー恋人の“暴力”を受け入れ続けた女の理由【元Vシネ女優・内縁夫刺殺事件】後編』

・1月4日公開 cyzowoman 連載:悪女の履歴書 『22歳年上の“スポンサー”との奇妙な「性生活」――元芸能人が告白した10年の歳月【元Vシネ女優・内縁夫刺殺事件】前編』

・1月4日公開 wezzy 『キングジムのFLATTY(フラッティ)がバッグインバッグとして超優秀な理由』愛用文房具の記事を書きました

・1月2日公開 wezzy 『複数の女性に薬物を使い性的暴行。法廷で繰り広げられた、被告の荒唐無稽な主張』ルーシー・ブラックマンさん殺人事件についての記事を書きました

・1月1日公開 wezzy 『尼崎事件・角田美代子が拡大し続けた“家族”への暴力、恫喝、洗脳』 尼崎連続監禁事件の記事を書きました

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
高橋ユキ。北九州市出身のフリーライター。『つけびの村』、『暴走老人・犯罪劇場』、『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』など https://tk84yuki.theletter.jp/ mailto:info@kasumikko.com