Time is Money とっこ先生

25歳で難病発症・ひとり親で社長業15年・子どもの金銭教育【FPmama代表】PTA講座をオンライン開催・シングルマザーに稼ぐ力を伝授するFP ▶ 新聞コラム連載・NHK出演・難病支援講演・行政でひとり親セミナー ▶︎ 7つの習慣J®︎ 認定講師🚗🅿️停めた所わからなくなる方向音痴

Time is Money とっこ先生

25歳で難病発症・ひとり親で社長業15年・子どもの金銭教育【FPmama代表】PTA講座をオンライン開催・シングルマザーに稼ぐ力を伝授するFP ▶ 新聞コラム連載・NHK出演・難病支援講演・行政でひとり親セミナー ▶︎ 7つの習慣J®︎ 認定講師🚗🅿️停めた所わからなくなる方向音痴

    最近の記事

    • 固定された記事

    序章Ⅱ 難病と診断!今とは別人のワタシ

    未来のヒントは過去にしかない。 幼い頃から今日に至るまで、 自分が大切にしてきたことを振り返る。 25歳  難病と診断された時は、 今のワタシとは正反対の人格で。 入院中は特に、 「生きる気力」は失っていたと思う。 ただ、お見舞いに来てくれる友達や、 当時0歳と1歳の娘たちの面倒を見てくれてる、 母親・妹にはそんな素振りは 申し訳なくて見せられなかった。 そう、ここでもワタシの悪い癖が。 「いい子ちゃんでいなくちゃ病」が 出ていたのだった。 この病が原因で自分を

    スキ
    24
      • クラウドファンディングで見えてきたもの

        今、人生初のクラウドファンディングに挑戦中です。 資金調達ではなく、 仲間集めでやってみました。 やってみてわかったことが、 めちゃくちゃあります。 あと3日でクラファン完走するので、 その後まとめていきたいと思います。 あと3日てすが、 プロジェクトページはこちらです。 未来のこどもたちのために おかねかるたを制作する クラウドファンディングを FPmamaでやってます。 ご自宅用はもちろん、 2023年から小学校や施設に 無償レンタルできるような 寄付プランも

        スキ
        6
        • 再生

          時間をかけて身につけた価値について

          あなたは与える側?もらう側? どちらにも意識してほしい、こんな話。

          スキ
          5
          • 株と息子とワタシ。投資話ができる関係

            定期テストが終わり、解放感に浸る金曜日の夕食時。 親子二人で、株式投資の話をしながら、 牛すき鍋のうどんをすする(笑) 「ねぇ、今年の冬にまたスプラトゥーン3のゲームが出るけど  任天堂の株価、また上がるかなぁ・・・」 「コロナでゲーム業界も景気がいいからねぇ」 「あつ森(あつまれ どうぶつの森)もすごかったしね」 興味のあることはどんどん吸収高校生の息子、2022年から学校の授業でも投資教育が始まる。 今日はちょうど、暗号通貨の話も出た。 「最近、ビットコ(イン)

            スキ
            13

            誰の意見を聞くか、誰の意見を聞かないかを決める。ワタシが私であるために#11

            あなたにとって本当に大切なのは、 皆の意見を聞くことではない。 誰の意見を聞いて、 誰の意見を聞かないかを決めることだ。 ただ皆の意見を聞いて いちいち鵜呑みにしたり 気にしたりしていては、 いつも流されて傷つくばかりで、 あなたがあなたでなくなってしまう。 誰の意見を聞くべきなのかを吟味しよう。 最近のワタシは、 3年先を生きている「心の先輩」を決めた。 お互いの価値観と描いている未来の先が、 限りなく近い人。 所属していることで、安心するのはやめよう。 ふふふ

            スキ
            19

            他人と比べて悩むより、昨日の自分と比べて、少しでもいい変化が起こってればいい。そうやって、今の環境を楽しもう #10

            なんか自信がもてなくて、 落ち込んだり不安に思ったり。 人よりも営業ができないとか、 成果が出ないとか。 悩んじゃうことってあるよね。 でも、そんなときは1年前の自分や 仕事を辞める前の自分。 もっというと、昨日の自分と比べてみよう。 他人ではなく、越えたいのは昨日の自分自身。 自分がいる環境を変えたいと思うなら、 その環境をどのようにして楽しむかを考えよう。 楽しむ方法を考えることで 初めて学びが得られる。 辛く苦しい環境だからといって、 そこから何も学びが得られ

            スキ
            24

            うらやむ気持ちは向上心へ #9

            先週、コロナ自粛からほぼ2か月ぶりに 大好きな仲間と食事する機会を頂きました。 4年前の自分に触れる会話が出てきたとき、 ふと、気づく。 羨ましいと思う気持ちを 醜い嫉妬に変えないように気をつけよう、と。 あぁ、あれは嫉妬だったんだと。 私への攻撃は、嫉妬だったんだと。 羨ましいと、思われてたんだな・・・と。 今ならわかる。嫉妬心の強い人ほど、 常に自分と他人を比較しているので、 自分より格下の人間とつるむことで安心を求める。 これではいつになっても成長しないどころ

            スキ
            25

            manablogに私の思ってる事が全部書いてあって、何故か涙が出てきた #8

            また深夜にふっと、書きたくなってiPadからパチパチ綴り始める。 きっかけは、生き方が大好きな #マナブ くんのブログを読んだから。 コロナ自粛期間中、受験生の息子に 「学校の勉強したくないなら、マナブログ読んどき!」と勧める母ワタシ。 今日からまた毎日ブログ更新だなんて、 楽しみが増えた♡ 今日の記事、震えたなぁ・・・ YouTube発信に関しても、目線を下げるのをやめました😌 3年先の未来を考えたときに、もはや「バズらせる」って価値が下がると思う。それよりも固定読

            スキ
            13

            オキシトシン日記 持続する心地よさ#7

            突然ですが、やきもちは焼きますか? こうも思うように会えない日々が続くと、 モヤモヤしてくる人も多いんじゃないかな。 実は、私もそう・・・(笑) いつもはお金の話をするFPですが、 たまには愛情の話をしよっかな。 ワタシ、恋愛には ストック型とフロー型があると思うのね。 持つ=ストックと、使って楽しむ=フロー 「どれだけ愛されてるか?」より 「どれだけ愛してるか?」なので、 愛されてると感じることよりも、 あぁ、ワタシこんなに好き!と 自分から「愛していくこと」

            スキ
            20

            月が綺麗ですね #6

            少しだけ、久しぶりに家飲み。 あまりにも月が綺麗で・・・ 嬉しいこともあったりして、 いい夢が見られそうです。 空はつながっている。 離れてる家族とも一緒に、 この綺麗な月を見ながら・・・ 「無事を祈ろう」 「コロ助のおかげ」で世界に 国境などないことを知る。 みんな同じ月を見ることができる、 地球人同士。 お互いの「無事を祈ろう」

            スキ
            22

            コロ助のおかげで。 #5

            どこをみてもネガティブな言葉が並んでて、 少し気持ちが滅入ってきたこの頃。 今日、4月7日は全国的に入学式らしく、 Facebook上ではお祝いの言葉が並んでた。 やっぱりいいよね。春はそうでなくちゃ! お友達の投稿を読んでて、 自分が返した言葉に ハッと気付かされたことがあるから、 書いておこう。 コロナウィルスをその人は「コロ助」と 書き換えてた。 ふふふ、確かにたったそれだけで印象は変わる。 「コロナウィルスのせいで」に続く言葉は、 たぶんネガティブ。 でも「

            スキ
            12

            #ARIGATO JAPAN♡ #4

            見て見て写真! ちゃんとハッシュタグがついてるの! 不安になるようなニュースばかりを 目にする毎日で ちょっと疲れてきたところに・・・ 見慣れたクルーズ船、 あっ ダイアモンドプリンセス号! ほっこりするネットNEWSで、 心が癒されました。 日本生まれ、イギリス・アメリカ育ちの ダイヤモンド・プリンセス号。 無事消毒を終えて、 3/25 に帰って行きましたとさ。 なかなかこういうNEWSは流れないから、 もったいない。優しい気持ちになれるのに。 客室灯でのメッセ

            スキ
            13

            仲間って、いいね・・・ #3

            怖がらず、本音で語り合える仲間がいる。 それだけで、心が強くなれる。 弱さを見せても、思いっきり泣いても 時に優しく、時に厳しく、 ぶつかり合ったって、 最後は背中を押してもらえる。 自分が見失いそうになってた「正しさ」を 気づかせてくれて、ありがとう。 未来のワクワクを、共有してくれて ありがとう。 (各界のすごい人なので、この写真たちはいずれ消しますww)

            スキ
            16

            オキシトシン日記 また会いたい #2

            「次に会えるのは、 一カ月後だね」って言ったら、 「一生そばにいるつもりだから、 一カ月なんてほんのわずか」って。 やられた・・ 幸せホルモン 「オキシトシン」 じわっと分泌。 25で病気になって、生き急ぐ私に そんなに焦らずのんびり行こうよ、 っていつも言っててくれる人。 そうだね、ありがとう。 ■再発予防のオキシトシンについては、こちら。 2016.7のつぶやきブログ。 あ、この頃からネイル変わってない・・・ なんて一途なんだ、ワタシ。

            スキ
            15

            3. 2. 1. そろそろ復活しそうです #1

            今日は3月21日。ひっさびさのnote 更新。 ずっと、気持ちが落ちていました。 こんな弱っちいことを吐き出すの、 あんまり好きじゃないけど 復活できそうなので、書きます。 私が赤ちゃんの頃からとてもお世話になり、 いつも親のように見守ってくれてた 大切な方が他界されました。 太陽のように明るい人で、 人生で落ち込んだ時、 話を聞いてもらえるだけで、 いつも元気になれました。 親のような存在の人の死。・・・喪失感。 改めて、実親の死を想像する瞬間でした。 そこに、追い

            スキ
            11

            序章Ⅲ 「ふつう」の難しさ、再発の繰り返し

            未来のヒントは過去にしかない、 幼い頃から今日に至るまで、 自分が大切にしてきたことを振り返ろう。 病気のことは考えないように、と 避けてきたけど、人生の棚卸しということで、 素直に向き合おうと思う。 自分の人生で、 一番満たされているのは、今だから。 ⬛︎  「ふつう」に生きる難しさ  再発の繰り返し闘病を強いられてた20代後半、 ただひたすらに、 「生きていくための訓練」を続けていて、 まずはふつうに暮らせるまでにならないと! と自分自身焦っていた。 ふつうに働き

            スキ
            19