Threebread
小麦と戦争とパン屋
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

小麦と戦争とパン屋

Threebread

先週は書こう書こうと思いながら更新できませんでした。申し訳ない気持ちのThreebread店主です。
今回はパンと寄付について。スリブレができることを模索しています。


パンが主食

世界の多くの国で小麦が主食とされています。
パンやパスタ、ナンなど小麦は様々なものに変化して食べられています。

日本は主食の選択が比較的できる国だと思いますが、他国はそうではないところが多いのではないでしょうか。
いつもテーブルにパンがあって食事の時にカットして食べる、日本人には馴染みのない習慣です。

余談ですが、Threebreadはこのいつもそこにパンがある、という生活を提案したいと考えています。

パンが主食の国で、今戦争が起こっています。
パンを作る私には大変ショッキングな出来事で、今もそれが続いています。

プレッツェルの群れ

私にできること

ウクライナの方が、青空の元クラッカーを食事として食べている様子をテレビで見かけて、私はとてもやるせ無い気持ちになりました。

クラッカーも小麦なのですが、薄力粉で作られます。強力粉を扱うパン屋としては、全然違うものに見えます。
それを主食にしているのを見るのは大変辛かったです。

ロシア、ウクライナは小麦の産地です。
その二カ国からの輸出が滞ると、世界の小麦が不足します。これは、日本にいる私たちにも無関係な話ではないです。

殊、私は小麦を扱う仕事をしていて、小麦不足というのは顔も知らぬ世界のパン屋、パンを食べる人に自然と思いを巡らせます。

私にできることはないか、考えるようになりました。

ウクライナのひばりパン

寄付という形で

ウクライナで春分に食べられるひばりの形をしたパンで、寄付をしているパン屋があると知りました。
春分は随分前に過ぎてしまいましたが、私も真似させてもらおうと考え、2週間前に販売しました。
購入いただきました皆さま、本当にありがとうございます。

きっとウクライナでこのパンを食べられなかった、作れなかった人もいると思います。
そんな人たちの気持ちを勝手に感じながら作らせてもらいました。

そして、ひばりパンからは1つ50円、それとその日の売り上げの一部を合わせて、国境なき医師団に近々寄付することにしています。

私のパンで作っていただいた
バインミー

なぜ国境なき医師団なのか…
戦争で怪我をする、命を落とすのは関わる国の人たちで、一方ということに限りません。
命の重さというのは戦争は関係なく、等しいものだと思います。怪我をした人には平等に救護がされてほしい、という店主の思いからです。

私の、Threebreadの力では現状を変えることはできないけれど、せめて怪我をした人に手が届いてほしいです。そして、国の意思で人が亡くなる、傷つくことは早く終わってほしいと思っています。

寄付は継続的にしていきたいと考えています。
Threebreadのパンを買うと寄付ができる。記憶の片隅にでも置いていただいて、パンを買ってもらえたら店主は嬉しいです。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキに感謝!
Threebread
盛岡のハード系パン屋。店主1人で切り盛りしています。木金土の週3日営業。当店のパン作り、店主のパンへの想いなど。毎週月曜日更新を目標にしています。 ThreebreadHP https://threebread.shop/