義弘/「真実の剣」主宰

ヒーラー、瞑想ファシリテーター/編集者・コラムニスト。七転八倒の後にたどり着いた意識の世界のことについてシェアしています。また20年以上、出版・報道の第一線で活動してきた経験も併せてシェアしています。「真実の剣」はギリシャ神話のテミス神が握る剣の名称にちなんでいます

義弘/「真実の剣」主宰

ヒーラー、瞑想ファシリテーター/編集者・コラムニスト。七転八倒の後にたどり着いた意識の世界のことについてシェアしています。また20年以上、出版・報道の第一線で活動してきた経験も併せてシェアしています。「真実の剣」はギリシャ神話のテミス神が握る剣の名称にちなんでいます

マガジン

  • ヒーラー体験記

    20代後半に気功の世界に触れ、30代半ばに形而上学を学び始め、本格的なヒーリングを学び、クリエイティブ業と並行してヒーラー業を行ってきた体験を綴っています。個人的には、世界の全員が他者にヒーリングを提供できるようになることが理想だと思っています

  • 瞑想体験記――瞑想体験・気功体験をシェアするマガジン

    筆者は長年、瞑想や気功法に取り組んできました。ヨガ、気功、導引、マインドフルネス、形而上学的な瞑想法など、様々な瞑想法や気功法に取り組んで得られた体験をシェアします。皆様のご参考になれば幸いです。

  • 日々の活動・気づきのスケッチ

    筆者が日々の活動の中で感じたこと・気づいたことをつぶやいています

  • 精神的DVハラスメントと闘う

    いじめ、ハラスメント、精神的DV……。精神的DVハラッサーと闘うには? 著者が実体験を経て得た、精神的DVハラスメントと闘う方法を読み解いていきます

  • レジリエンスを高める

最近の記事

「選択する」こと――MAX瞑想の会開催御礼をかねて

先日は、「MAX瞑想™体験会」を開催しました。この場を借りて、御礼を申し上げます。(ご参考:開催案内のnote記事はこちら) 瞑想をナビゲートしている最中に、個人的に「なるほど」と思う気づきがありました。 それは、「選択する」ということの重要性です。 私たちは常に、「今、何をしようか」と思考し、その結果として行動を選択しています。 ややこしい話ですが、何をしようかと考えるそれ以前に、「何を考えるか」も、一瞬一瞬、一つひとつを選択しているわけです。 もう少し言えば、雑念で

スキ
2
    • 幸せを意図的に感じる=人生を豊かにし、世界も平和にする高等魔術

      大上段なタイトルを付けましたが、本当にその通りなのだそうです。 しばしば「願望実現」や「引き寄せ」などの概念が支持されます。その本質は、「自分が発しているエナジーのすべてが、周囲の現実世界を創造する」というところにあります。 ここで肝心なのは「自分が発しているエナジーのすべて」という点です。「自分が望んでいること・考えていること」はその一部ということになります。 『思考は現実化する』という書籍が世界的なベストセラーとなっているのは多くの人が知るところです。ただ、このタイ

      スキ
      3
      • 怒り、悲しみ……感情エネルギーを昇華した先に起きること

        私自身もそうでしたが、周りの人たち、特に幼少期や若い頃にハラスメントを受けていた人は、そこから回復するプロセスとして、どうしても「怒りや悲しみの感情のリリース(解放)」を経験することになるようです。 ここで言うリリース(解放)とは具体的には、幼少期や若い頃に、そのハラスメントを受けたことで、実際にはどう感じていたのかを、あらためて味わうことを指します。 これは、いろいろなケアやカウンセリング、ヒーリングを通じて、「自分がいかに不当な環境に置かれていたか」を自覚した際に起き

        スキ
        1
        • 「自分の真の声」とつながりやすくする方法、3つ紹介します

          こんにちは。今回は、筆者(ペンネーム:真実の剣)が、昔ある先生から教えていただいた、「自分の真の声」を聞きやすくするコツをお伝えします。 人は多かれ少なかれ、自分の生育環境、そして社会から「こう考えるべき、こう行動するべき、こう感じるべき」という一種の洗脳を受け続けています。そうして本来の自分らしい感性•思考•行動スタイルを見失っているわけです。 本来の自分のスタイルのほうが、ずっと生産的であり、ずっと自分が幸せになれるし、本来的にはずっと他者を幸せにできるにもかかわらず

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ヒーラー体験記
          義弘/「真実の剣」主宰
        • 瞑想体験記――瞑想体験・気功体験をシェアするマガジン
          義弘/「真実の剣」主宰
        • 日々の活動・気づきのスケッチ
          義弘/「真実の剣」主宰
        • 精神的DVハラスメントと闘う
          義弘/「真実の剣」主宰
        • レジリエンスを高める
          義弘/「真実の剣」主宰
        • 自分が整う、ウェルビーイングのための「気のレッスン」
          義弘/「真実の剣」主宰

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          11月22日よる7時~【創造性高まる最高の休息 MAX瞑想™体験会】のお知らせ

          こんにちは。今回は私(ペンネーム:真実の剣)が開催しますイベントのお知らせ記事です。きたる11月22日火曜日の夜19時から、東京・池袋駅近くの綺麗なレンタルスペースにて、「MAX瞑想™」の体験会を開催します。 近年、瞑想は「マインドフルネス」という名で、優れた自己開発のひとつとして注目されるようになりました。 瞑想の効果については「ストレスの軽減」「脳の老化防止」「意識の切り替えを早くする」など、各所で医学的なエビデンスも取得されており、もはや「瞑想を日常生活に取り入れな

          スキ
          1

          秀丸をZettelkasten化する方法、模索中

          20年以上、メディアの編集者・ライター・コラムニストとして活動しておる都合、私(ペンネーム:真実の剣)は様々な知的生産の方法を探ってきました。 そんな中で数年前に目を付けたのが「Zettelkasten(ツェッテルカステン)」という手法であり、その手法をデジタル空間上で可能にすることを主眼に据えたソフトウエア、「Obsidian」でした。Obsidianは海外の開発者が提供しているマークダウン型のドキュメント管理ツールです。なお、Zettelkastenについては次の「スタ

          スキ
          5

          あなたという存在は、お金や教育のシステムよりも上か?下か?

          ひと昔前は「ブラック企業」などという言葉が流行りましたが、近年の産業界においては(多少なりとも)、不当に安い賃金による使役、指導を通り越したハラスメントの防止に向けて、少しずつ動き出しているように思います。またSDGsなどが話題になってきていることもあり、日本企業は大手に関しては、取引先の児童労働や不当な使役をかなり意識するようになったようです。 ですが、ちょっと冷静になって考えてみると「本当にこれでいいのか」と思えるようなすがたが、まだまだ社会のあちこちに見られます。

          スキ
          4

          瞑想を習慣化することのメリット:潜在意識でどう考えているかを自覚できる

          瞑想を習慣化することのメリットは多々あります。今回のnote記事では、私(ペンネーム:真実の剣)がときに経験する大きな効果のことを紹介したいと思います。 それは、「潜在意識と顕在意識のギャップに気づくことができる」というメリットです。 例えば、自身が顕在意識では「仕事は楽しくやるのが一番で、私はいつも楽しいと思える仕事を選択している」と思っていたとします。 しかし、潜在意識というのは文字通り深いもので、顕在意識とはまったく異なる内容をかたくなに、繰り返し考え続けているこ

          スキ
          2

          親と似ている、「子ども(自分)の話を一切聞かない」という自分のクセにショックを受けた話

          こんにちは。今回は私(ペンネーム:真実の剣)のちょっとした気づきをシェアしたいと思います。 私は長く自分の精神的な問題を解決したくて、あらゆることに取り組んできました。そうした中で出会ったのがヒーリング、瞑想、ヨガ、気功の世界で、これらには大いに助けられてきました。 一方、自分の深いところで抱えてきた精神的な問題は、まるで堅い岩盤のようで、なかなかに手応えがあるものがあります。加えて人間には(ご存じの通り)揺らぎがあり、弱い面も多々あるので、私の歩みはほんとうにつねに七転

          スキ
          4

          瞑想のよろこび/MAX瞑想™体験会御礼

          こんにちは。先日10月21日に、「MAX瞑想™」体験会を開催しました。ありがとうございました。ちなみにお知らせ記事は下記です。 あらためてのことになりますが、瞑想は多岐にわたる恩恵をもたらします。 ストレスの軽減 脳の老化を防止する 認知力の向上 具体的な肉体の疲労や痛みの軽減 など、さまざまなメリットが医学的・心理学的観点から確認されているそうです。 しかしそうしたスペックはさておき、「とにかく楽になって、落ち着いたクリアな気分になる」というのが、長年取り組ん

          スキ
          3

          綺譚 五芒星神族の物語

          世界には何もなかった。 あえて言えば、「無」があった。 「無」に「光」が差し込んだ。 光は、無なるところに五芒星を描き始めた。 五芒星の各頂点に神が現れた。 最初に現れたのは「大地の神」。この大地の生命活動を司る女の神だった。 次に現れたのは「水の神」。大地の半分以上を覆う、海と川を司る、これまた女の神だった。 大地の神、そして水の神という姉妹は仲がよく、この地上にあまたの生命を生み出した。 五芒星の3つめの頂点に現れたのは、「火の神」。あらゆる灯火を扱うこの男の神

          スキ
          1

          他人の言葉に振り回されてきた過去、そしてその解消法について

          私(筆者:真実の剣)は、過去若いときからしばしば、他人の暴言、嫌味を受け、我慢しきれなくなった結果、突発的に自分から手を挙げたり、相手に物を投げたりして怒りを示してしまうことがありました。 さすがにそれは言い過ぎでしょうという酷い言葉を投げかけられたとしても、こちらから手を挙げてしまうと当然、それ自体が暴力になり、形になって残り、それをもって社会的に罰せられることになります。私は過去何度か、そうした行為によって相手に深く謝罪することになり、慰謝料などで社会的責任を取ることも

          スキ
          6

          「相手を変えたい」という潜在意識下の動きを自覚した時

          以前、お世話になったカウンセラーの方と対話しているときに、こんな助言をいただきました。 「○○さん(注:筆者「真実の剣」のこと)、お母さんから過去に受けたハラスメント行為にはひどいものがありますが、それに対してまだ怒りが残っているとしたら、それはお母さんを変えたいという思いがあるということです。実は、相手を変えたいという気持ちは、あなたがお母さんに対して逆にハラスメントを仕掛けようとしているということを意味します」 最初に聞いたとき、それは一体どういうことだろうかと長年悩

          スキ
          6

          「被害者意識にまみれた自分」を手放そうと思う日に

          筆者(ペンネーム:真実の剣)は、小さい頃からいじめられっ子の典型でした。小学・中学時代は、学校の廊下で同級生に蹴られながらカツアゲされることも珍しくありませんでした(その後、誰かが学校側に通報してくれたのか、しばらくした後に収まりましたが)。 なお、そうした「カツアゲされる私」の姿を見た女性の同級生と女性の教師が、「みっともない、弱々しい」と、筆者のことを非難していました。出口のなくなっていた私は、ますますみじめな気持ちになりました。 自分の少ないおこづかいでカツアゲに耐

          スキ
          3

          瞑想に取り組むことでやってきた、心の平安

          筆者(ペンネーム:真実の剣)は長年瞑想に取り組んできました。ですが本当の意味で瞑想の効果を実感し始めたのは、ここ数年のことです。 その頃に「MAX瞑想システム™」という瞑想の方法論を知りまして、これを学んでようやく、スムーズに、かつ安定的に瞑想状態に入れるようになりました。結果、私自身もこのMAX瞑想システムをお伝えする公認ファシリテーターとなってしまったほどです(当方によるMAX瞑想システムの紹介ページもぜひご覧ください)。 私はそれまでも瞑想に取り組み、瞑想の素晴らし

          スキ
          4

          「雑念」を観察することで見えてくるメリット

          瞑想などに取り組み始めると、「雑念」が気になる方が多いと思います。 基本的にこれらの雑念は「流すこと」がポイントとなります(詳しくは、MAX瞑想システム™に是非ともご参加ください。私が長年苦労して獲得してきた、いろいろなノウハウをご提供しています) また、逆説的ですが、雑念は「自分がどんな人生を創造しているのか?」を自分に教えてくれるヒントでもあります。 例えば「会社を辞めて独立する」という願望をイメージしてみたとします。この際に「私にできるわけがない」と即座に考えが浮

          スキ
          3