THE MAGRITTE パーティーを【創造】する

10

私たちはパーティー職人集団です。

お食事をするシーンはすべてパーティー。ザ マグリットはそう考えます。
忘年会や新年会、歓送迎会から、お誕生日会、謝恩会、ハロウィンパーティー、クリスマスパーティー。
幸せな時間を誰かと共有することは、人生に喜びを与えてくれます。

人と人が直接会って語り合う、アナログ・コミュニケーションのための最高の場を提供し、おいしい食事をしていただくことが私たちのミッションです。
私たちは人を喜ばせるプロとし

もっとみる
嬉しいです♬
7

私たちの仕事は、身近な人に感謝を伝えるお手伝いをすること。

「人生は食べ物の周りで起こります。」

今から約25年前、ニューヨークのトップウェディングプランナーであるマーシー・ブルームが「素敵な人に会わせてあげる!」と言って僕に会わせてくれた人がいる。それは、当時日本ではなじみの少ないケータリング会社のひとつであるグレート・パフォーマンス社の女性社長 リズ・ニューマークさんでした。彼女は後に、ニューヨークのビジネス界で『最も影響力のある女性100人』に選ば

もっとみる
スキありがとうございます⭐
8

ゲスト満足のために、マグリットが考える8つの要件。

「なぜ、あなたはウェディングをするのでしょうか?」

新郎新婦にとってウェディングは、『与えられる感動』ではなく、『与える感動』であると私たちマグリットは、そう思っています。
この世に生を受けて、ご両親をはじめ、たくさんの人たちに支えられなかったら、結婚式を迎えることはできないのです。生まれて今まで支えてくださった皆さん(お友達、学校の先生、会社の上司、同僚、先輩、後輩、ご家族、ご親族等々)のおか

もっとみる
いつもありがとうございます⭐
5

ほとんど席にいない新郎新婦のワケ

新郎新婦は、挙式当日は主役でありながら、おもてなしをするホスト側でもあります。

ちょっと思い出してみてください。子供の頃のお誕生日会を。
「招待するお友達にどんな料理を出そうか」とか、「みんなにどうやって楽しんでもらおうか」などおうちの人と一生懸命考えませんでしたか?

まさか、「どんなプレゼントをもらえるのかなぁ?」だけ考えて何の用意もしない人はいませんよね。実は日本にある宴会やパーティーの中

もっとみる
嬉しいです♬
7

ザ マグリットが世界に持つネットワーク

それは、長い年月を経て構築されたもの

特にニューヨークには20年来の友人、知人も多く、今でも彼らは
私たちの貴重な財産となっています。

▲上部写真はディビット・ビーム氏

違う文化と宗教観を持った二国間の人間同士が、「ウェディングの開発」
という、一つのテーマについて考えることほど、難しい仕事はありません。
なぜなら、ウェディング自体が国民性の象徴であり、文化度が高く、
しかも生活に密着してい

もっとみる
嬉しいです♬
9

NYベストウェディングプランナー マーシー・ブルーム

彼らとの出会いがマグリットウェディングの「骨格」を作った。

ー ニューヨークのブレーンたち。その出会いと交流。

マグリットでは、ニューヨークで活躍中の、ウェディング・プランナー、パーティー・デザイナー、フローリストたちから、最新のコーディネート方法やライティング、パーティーの進行など、さまざまなノウハウを直接伝授してもらったり、コーディネートに必要な備品や小物を調達してもらったりしています。

もっとみる
スキありがとうございます💓
10

パーティーが盛り上がる、インパクトのあるコーディネートとは?

『空間には、インパクトのあるコーディネートを一か所つくること』

これもマーシー・ブルームから直接伝授いただいた貴重なアドバイスです。

このアドバイスを実現するのに最も効果的な武器が、1996年にマグリットが開発した直径4.5mの”マザーシップ・テーブル”です。ゲストはホールに入った瞬間、まず、最もインパクトのあるものに目を奪われます。他にはないインパクトのあるコーディネーㇳを見てこれからはじま

もっとみる
スキありがとうございます⭐
7

パーティーが世界を救う!アミチエジャポン岡山支部、マグリットで設立記念祝賀パーティー開催‼

 1991年に、モナコ人のレジーヌ・ウェスト・ヴェルドンによって設立された人道支援の団体。モナコ公国に本部を置き、国家首相であるアルベール大公が名誉顧問総裁を務めています。世界中に20以上の支部があり、自分自身が愉しむことが人道支援に繋がるという理念のもと、ファンドレイジングイベント(ガラパーティ・スポーツ大会・文化芸術イベント・講演会)を行っています。その人道支援を日本に広めるため1995年に設

もっとみる
いつもありがとうございます⭐
3

伊丹十三監督とザ マグリット



1996年伊丹十三監督、宮本信子主演の『スーパーの女』が全国ロードショーとなりました。今でも、新入社員の研修では、この映画を元に経営理念の大切さを勉強しています。

この映画を観たとき、婚礼業界にもあてはまることがあると思い、伊丹監督に手紙を書いたのは、スーパーの女の封切り直後のことでした。そして、婚礼業界の正直屋を目指そうと決めたのも、この時期でした。手紙を出して約2週間経ったとき、伊丹監督

もっとみる
スキありがとうございます⭐
10

ディズニーランドを日本に誘致した、  堀貞一郎氏が提唱する『人を集める極意』

ディズニーランドの日本誘致の立役者、堀貞一郎 氏(1929~2014)。

皆さんご存じの通り、東京ディズニーランドは、開園以来たくさんの人を集め続け、たくさんの人をハッピーにさせた日本を代表するテーマ・パークです。

東京ディズニーランドは、40年以上も前、熾烈な誘致競争を経て勝ち取られたことは、来園される方々にはあまり知られていないのではないでしょうか。誘致担当のプロデューサーの仕事は、開園と

もっとみる
スキありがとうございます💓
4