見出し画像

夢幻鉄道~星空の約束

◆はじめに

お久しぶりの夢幻鉄道シリーズです。
約3500文字でやや軽め。

夢幻鉄道シリーズは有料記事ですが
物語は全文読めます。
一番最後に投げ銭コーナーを
つけていますので
面白かったら次回への応援の気持ちを
少しだけいただけると励みになります。

◆1

僕には忘れられない人がいる。

6歳の頃、電車に揺られていった先の町で
出会った同じ年ぐらいの女の子。

あんな小さな頃なのに不思議なんだ。
夜、子どもふたりだけで
星空の下手を繋いで
いっぱい走り回って遊んだ。

本当に短い時間だったけど楽しくて
”絶対にまた会おうね”って約束した。

でも僕は今 あの町への行き方を知らない。
親や周りの友達にその話をしても
その子のことは誰も知らない。

夢でも見たんじゃないのと
みんなは言うけど
僕は絶対に彼女と会ったんだ。

もう10年も経つというのに
僕は未だに彼女と交わした約束を
忘れられずにいる。

あの日の約束を
彼女は覚えているだろうか?



◆2

『次もこんなたくさんの星が
見える日に会いたいね』

僕と彼女はそう言って別れた。

僕は次に会ったとき
星の話をいっぱいしたくて
毎日のように星の本ばかり開いていた。
夜になれば星空を見上げ
あの日の事を思い出す。

いつ会うのか
そもそも会えるのかもわからないのに
馬鹿な話だと周りの人は笑った。

ある夏の晴れた日の夜。
空は満天の星空だった。

こんな日に約束を果たせたら最高なのに。

そう考えるけど
彼女がどこの誰なのか僕は知らない。

僕は、その夜、もっと星を見たくなって
街はずれの方に歩いていくことにした。

街灯が少ない、星が良く見える裏山へ。

◆3

裏山につくと、草の陰に
大きな白い影が降りてきた。
何かと思って近づいてみると
それはなんと大きな白鳥。

白鳥ってそれなりに大きい鳥だと
思ってはいたけど
こんなに大きかったろうか?
僕は茫然と鳥が
羽ばたきを止めるのを見ていた。

…その白鳥の背から
なんと、一人の女の子が降りてきた。

白鳥に人が乗っているなんて?と
その顔を覗きに行ったとき
僕は息をのんだ。
相手も僕の顔を見て驚いた。

「…あの日の…」

二人の声が揃った。


◆4


相手も僕のことを分かったみたいだった。
僕たちは思わず抱き合って喜んだけど
お互い成長していることを思い出して
慌てて照れながらパッと離れた。

「約束したから、会いにきたの」

彼女は10年前と同じで無邪気にほほ笑んだ。

僕は嬉しくて嬉しくて
でも何を話したらいいかわからなくて
ただニコニコしてうなづいた。

「いつか君とまた会えたら
星の話がしたくて
星の事をいっぱい勉強したんだ」

僕は空を指さして星の話をした。

わし座のアルタイル
こと座のベガ
ハクチョウ座のデネブ

三つの星が繋ぐ大きな大三角。
満天の星空の中でも、この三つは良く見えた。

時間を忘れて僕らは沢山話した。
せっかく10年ぶりに会ったのに
それはあまりに他愛ない会話だった。

10年も会わずにいたことが信じられないほど
本当にただ自然に僕たちは話をした。


◆5

「…そうだ」

僕はさんざんおしゃべりを楽しんだ後
今更ながら、彼女が白鳥に乗ってきたことを
思い出した。

「ねぇ、どうして白鳥に…」

僕が言いかけたそのときだった。
空の星が一斉に
流れ星のように流れだし
僕たちの頭上から大きな白い影が
ばさりと舞い降りた。

さっきの、大きな白鳥だ。


「もう、帰る時間みたい」

そしてあの日の言葉を彼女はまた繰り返す。

”絶対にまた会おうね”

僕も言う。

「もちろんだよ、絶対に。
でも次が10年後なんて、僕は嫌だ。
次に会う日を約束しよう」

彼女はふわりとほほ笑んで
消え入りそうな小さな声で
彼女が言う。

「…じゃあ、8月31日。
道立病院7階の717号室に来て」

星空がどんどん零れ落ちてくる。

白鳥に乗った彼女が空に舞い上がった先には
キラキラした電車が停まっていた。

白鳥は電車に吸い込まれるように消えて
電車は天の川のように光の帯となって走り出した。

その光景はあまりに幻想的だった。

◆6

空が大きく崩れて
世界が壊れるかと思ったその瞬間。
気付くとそこは僕の部屋だった。

僕は夏の大三角のページを開いた図鑑を
枕にして眠っていたようだった。

「…夢…だった…?」

外は雨だった。
星空なんて欠片もなかった。

あの時間は、何だったのか。

絶対に夢なんかじゃない。

僕はちゃんと
次の約束をしたんだ。
小さな頃とは違う。
もっとはっきりと会える約束を。

僕は、カレンダーの8月31日のところに

『道立病院7階 717号室 ”星空の約束”』
…と書き込んだ。

この約束は絶対に忘れちゃいけない。

◆7

そして8月31日
僕はあの日のことを信じて
道立病院に行った。

7階717号室の前に立つ。
心臓が高鳴る。

ドアを静かにノックしてみると
「はい」という女の子の声がした。

1か月前に聞いたあの声。
懐かしい声。
僕ははやる心をおさえ
静かにドアを引いた。

病室のベッドには彼女が座っていた。
入院着に身を包んだ彼女は

あの日会った元気な姿より
ほんの少し弱弱しくて

彼女は僕を見て笑ったけど
僕はなんでか泣いていた。


「やっと、本当に会えたね」

◆8

彼女はずっと小さなときから持病があって
何度も何度も入院と手術を
繰り返していたらしい。

僕と彼女が初めて会った夜は
彼女にとって初めての手術前夜だった。

怖くて病院のベッドで1人泣いていた
6歳の彼女の前に僕が突然現れて
楽しい時間を過ごしていたら
彼女の不安な心は消えたのだという。

”絶対にまた会おうね”
そう、約束をしたから
私はあの男の子に会うまで
絶対に生きるんだって思えたの」

そして、僕が彼女と会ったあの日の夜。

あの夜の翌日が、最後の手術の日だった。

「最後の手術は
一番難しいって言われていて
これが終わればもう
手術は必要ないって言われてた。

…でも、手術が成功しなかったら…?

それを思うと、怖くて怖くて…

そして、あの日の約束を
叶えてないことを思い出したの。

だから最後の手術の前に
あなたに会いたい、って…」

◆9

彼女は七夕の短冊に願いを書いた。
そしたら、窓にあの白鳥が来たんだとか。

あまりに信じられない話だけど
僕らはそれでまた会うことが出来た。

「約束を守れて良かった。

そこでまた約束しようと思ったの。
そしたら、また会うために
私は生きなきゃいけないでしょ?

手術に成功すればきっと約束の日に
あなたが来てくれるって思えたから
最後の手術も怖くなかった」


手術は成功。
予後も安定。


もうしばらくすれば、退院できるそうだ。

これからは入院を繰り返すこともなく
手術もしなくていいはずだと
彼女は嬉しそうに言った。



◆10

「…ねぇ、あなたの名前は?」

「僕は、鷲の字に平で、シュウヘイ」

彼女の顔が、パッと明るくなった。

「やっぱり!!
私は琴子。お琴の琴に、子どもの子」

「…何が、やっぱり?」

「私たち、織姫と彦星だったのよ」


夏の大三角…

鷲座のアルタイル。

琴座のベガ。

白鳥座のデネブ。



…アルタイルは彦星
ベガは織姫の星だ。

あの日。天の川を渡って
琴子が白鳥に乗ってやってきた。

10年かけて僕たちは
”絶対にまた会う”約束を果たした。
それはまるで七夕伝説のような約束と再会。

「でも、織姫と彦星みたいに
また離れ離れになるのは嫌だな」

琴子が恥ずかしそうにそう言うのを聞いて
僕も妙に照れくさくなった。


『また絶対に会おうね』

10年前と同じ約束をまた交わして
僕が病室を出るときには
もうすっかり日が暮れていた。

それは満天の星空。

その夜の星空は
今までに僕が見た星空の中で
きっと、一番きれいだった。


病室の壁には、僕たちが会う前に
琴子が書いた短冊が揺れていた。


”あの日の彦星さんに会いたい”


そう書かれた短冊には
電車の切符に入れる入鋏みたいな
不思議な形の切り込みが入っていた。

おしまい


◆終わりに

この「夢幻鉄道」は
西野亮廣エンタメ研究所のサロン内にて
特定の設定が発表され
その設定を用いて二次創作を
書かせていただいているものです。

過去作品もマガジンにまとまっているので
もし面白いと思ったら過去作もどうぞ。


今回の作品は今年12月25日
『えんとつ町のプペル』
映画公開があることを踏まえ
自分の中の勝手な応援企画として
星空設定の物語を書いてみました。


『えんとつ町のプペル』は
空が煙に覆われ星が見えない
えんとつ町が舞台。

どんなに周りに馬鹿にされても
星を信じていつも空を見上げていた
そんな人々の紡ぐ話は

子どもたちに夢を見ることを
信じさせてくれる
そんな物語だと思っています。



****投げ銭コーナー****

この続きをみるには

この続き: 45文字

夢幻鉄道~星空の約束

水谷テトム

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたらまたさらに頑張ります。 よろしくお願い致します!

応援ありがとうございます!
4
親子でASD。 なかなか社会に馴染めません。 発達障害育児の漫画描いてます。マンガはこちら。 https://tetom.hatenablog.com/ noteでは文章系の投稿をまとめていきたいと思っています。 西野エンタメ研究所発、夢幻鉄道もこちらに。

こちらでもピックアップされています

夢幻鉄道
夢幻鉄道
  • 7本

西野亮廣エンタメ研究所発、夢幻鉄道をまとめたものはこちら

コメント (2)
七夕にふさわしい素敵なお話ですね。
星空にかけた願いが10年越しに叶うなんて、なんてロマンチック!
鷲平と琴子の今後の展開も気になりますね。
結婚するのかな、なんて勝手に妄想して楽しんでおります(笑)
コッシーさん
いつも応援とコメントありがとうございます~
コッシーさんのために書いているといっても過言ではありません!

七夕はちょっと通り過ぎてしまいましたが…
織姫と彦星が結ばれることを思って私もこの物語を描きました(笑)
結末がふんわりしている物語は色々想像シロがあって楽しいですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。