新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SNSって、なんなん( ˙-˙ )

ありとあらゆる情報網社会、様々なSNSツールが有り、近年では顕著に子供達や大人が犯罪に巻き込まれる事例が発生し物騒なイメージが強まっている
実際に事件のきっかけがTwitterだのLINEだった、など報道されると恐ろしい世界に感じる
でも正しい清い楽しい、そんな一面も知って頂きたい

Twitterって何なん?

#創作大賞2022

2018年Twitterに登録したきっかけは、子供達の心を少しでも理解できるかも、との期待を寄せて。
娘がTwitterばかりしていた頃、何なん、何があるの?て疑問を持ちながら全く知らなかったSNSの一つ。知ろうともしていなかった。
どうやら地域の情報も得られるらしい、いや、世界の今が知れるそうだ。
あの人も、かの有名人もTwitterしているとか?
いざ、登録、スタート!

先ずは、名前を何にしようかな、と考えていたら、子どもの頃、弟と弱っていた子猫を助け拾って帰りしばらく飼っていた事を思い出した。そして、その子猫の名前を考える時、母が、
「私が高校生の頃、貰って来た子猫がなぁ、家の中を、てこ、パカ、てこ、パカ、てこパカ、てこパカ、って音させて走り回ってな、面白過ぎて、で、てこぱかて名付けたん!」
「なにそれ、変な名前」
そんな会話した事が懐かしく微笑ましい思い出として蘇り、そうだ、
てこパカにしよう。
という事で、てこぱかTwitterをはじめた。

恐る恐る投稿

登録時は静観するだけだった。
でも皆さんの投稿を見ていたら
てこパカ、と名付けておきながら
ちゃこです
と、猫語っぽく画像付き初ツイートしてしまったと思う。
すると
何気ないツイートにハートがついたり、コメント頂いたり、フォローしてくださったり!
どれも初体験の連続、主人にも見て見て!と見せていた。
それから、毎日一度は見るようになり、自分もコメントしてみた。
すぐに返信があると驚いた(  Д ) ⊙ ⊙
本当に人と繋がってるんだ〜
ならば
ミーハーだけど気になるプロレスラーさん達を検索フォローしたり格闘家さん達や社会的に有名な方も検索、
とっても感動し楽しいツイライフが始まった。
1ヶ月、2ヶ月と続けていくとDMやメッセージが多く入るようになった。
それら一部は、あまり歓迎出来ない内容だった。
しかし元来気にしない性格が功を奏し?
どんどん積極的になって、次は同業者の方を探そう!と思い立った。
清掃、掃除、ハウスクリーニング、など検索。
すると数え切れないユーザーとツイートがずらり。
全国のリアルな声や現場の様子が感じ取れ
気付きや同意も得られ、また面白い世界が広がった。
愛猫以外に仕事の事もツイートするようになると更にフォロワーさんの輪が広がった。
気づいたら1000名以上の方と相互フォローになっていて入れ替わりもあった。
しかし徐々に丁寧にリプなど出来なくなっていた。
この頃には、コロナ禍に突入。自粛生活、気軽に旅行など行けなくなり、仕事も一部キャンセルが相次いだ。
すると #スマイルJapan というタグで事業者間で応援し合おう!と活動されている
STPさんと繋がった。
仕事関連投稿も増えていき、タグを辿り、いいね、RT拡散で応援の一助になればと自身を奮い立たせる意味合いも込めて空き時間にツイライフ。

懸命に働く医療従事者の方、自粛で喘ぐ店舗、事業所の多い事、その方々を応援する方々のツイート、様々な顔が見えるかのようだった。
自分も懸命に踏ん張ろう、と励みにもなった。

自分史倶楽部との出会い

Twitterを続けていく意義は何だろう
ある日頭によぎり・・・

ブロガーでも有名人でも無い、商材売ってる訳でも無いし。
誰かのためになる濃い情報内容でも無いツイートだ。マイナスイメージがむくむく。

見過ぎている日も有り、どうしようかな、いい加減やり過ぎだ、と思っていた矢先、
ふとタグが目に飛び込んだ。

#自分史倶楽部

自分史?何だろう?
ググると、溢れるほど情報が出てきた。
「誰もが唯一無二の歴史の主人公」
不思議と浮かんできたワードがパーンと弾けた。
綴ってみたい!
思ったら即行動派な私は
主催者のマーシーさんに申し込んだ。

◇マーシーさんの自分史noteです

140字にタグ #自分史倶楽部 は必ず入れて
自分の歴史をツイートしていくスタイル。
時間軸だったり、
1つの出来事に特化していたり割と自由だ。
もちろん、誰かを傷つけたりは出来ない。
これが面白かったり、反省や感謝の思いになったり。

◇てこパカ自分史の取りまとめnote
第1弾


過去は変えられないけれど、解釈は変えられる。
812ライバーもされてるマーシーさんの言葉に、毎日はより充実するようになった。


倶楽部員の方々とも、zoomやLIVEで繋がったやり取りで新しい出会いの形を体験した。
実際住まれてる地域が近い方は、オフ会として少人数で会われたり、きっかけから仕事に繋がった方々も居られ、活気溢れる素敵な皆さんばかり。
これはコロナ禍で始まった偉大な収穫だと思ってる。

ハッピーノート倶楽部

Twitterの自分史倶楽部メンバーの中で
「ハッピーノート」という寝る前に3つの良かった事を綴る活動をされている方々が居た。

数ヶ月、何となくツイート見させて頂きリプしたり、いいねしていたが、
うずうず(・ω・//))
やりたいなあ!

やります!!申し込み完了。

◇ハッピーノート宣言note

日常は奇跡の連続!
感謝で溢れる事ばかり!
どんなマイナスもプラスに変換!

ハッピーノートは倶楽部に参加されていない方も多く居る。
良かった事はノートではなくて、箇条書きツイートの方も居られる。
#ポジティブシンキング  や
#みんなdeポジティブ人間化
といったタグを使われて前向き投稿されている方々も居られて、活気満ちた世界だと今も惹かれる。

たけうちーむ

「たけうちーむ」はTwitterで繋がった方で2022年にTwitter歴12年を迎えられた
武内健さん主催の #たけうちーむ 
信用の繋がりブランドをモットーに
名付け親はInstagramJapanの
初代代表の長瀬次英さん、他も錚々たるメンバーにSNS上とはいえお誘い頂くツイートに出会えた事はSNSを続ける上で大きな節目となった。
参加してからは、更に感動の嵐の日々。
学びツイートや情報飛び交い、気さくにやり取りして頂き、SNSだからこそ出来るスピード感に、新鮮な毎日。有難い。

素晴らしいメンバーの皆さんの温かさに、居心地良過ぎて夢じゃなかろうか?と思う事も。

SNS 正しく清く楽しむために

◎人と人とのお付き合いが根底にある
◎顔を実際に合わせられないからこそ、
言葉や文面には最良の気遣いとわかり易さが大切
◎されて嫌な事はしない
◎必要以上にプライバシーに踏み込まない
◎あいさつは大事
◎同意と共感力で優しい繋がり
◎発想の転換を得られる
◎情報網として活用出来る
◎仕事やプライベートの使い分けは賢く
◎本当に出会える信用と信頼も生まれる
◎ありがとうはしっかり伝える
◎楽しむ時間もメリハリつけて
◎恩送りの活動の一助に謙虚に

今日もこの瞬間の繋がりに
ありがとうございます

私にとってSNSは、感謝の宝庫。

☆小説チャレンジ中

最後までお読みくださって
ありがとうございます

これからも佳き時間を紡いでくださいね

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tecopaka (=^・・^=)てこパカ

サポート大歓迎です!創作活動等に使わせて頂きます。