【セミナー開催】申し送り入門・再入門 - 顧客に喜ばれ、成果物の品質を高める申し送りを考える
見出し画像

【セミナー開催】申し送り入門・再入門 - 顧客に喜ばれ、成果物の品質を高める申し送りを考える

概要

原文や訳文に対して付けるコメントや注釈が、「申し送り」です。翻訳作業には申し送りがつきものですが、具体的にどう書くのがよいか、悩んでしまうことはないでしょうか。本講座では、申し送りを「翻訳サービスの付加価値を高める手段」のひとつに位置づけ、具体例をまじえつつ、その書き方を検討・紹介していきます

翻訳業は一種のサービス業です。純粋な翻訳の力が重要なのは当然ですが、顧客と良い関係を築き、継続的に仕事を受注できるかどうかを左右する要素は、翻訳の力だけではありません。直接的に申し送りに悩んでいない方も、申し送りの書き方を見直すことによって、受注量、クライアントからの評価などの悩みを解消できるかもしれません。

開催日時


2022年1月15日(土)14:00~16:00
(※質疑応答の量によっては、予定時刻よりも前に終了する可能性があります。)

Zoomによるオンライン開催です。開催の2日前に、メールでZoom参加用URLをご連絡します。  

こんな人にオススメ

  • 翻訳の仕事を始めたばかりで、申し送り(訳文コメント、クエリ)をどう書いたらいいかわからない方

  • 現在翻訳の仕事をされていて、申し送りの書き方に悩んでいる方

  • 翻訳を仕事にしたいと考えている方

  • 継続受注やクライアントからの評価、単価などの点でお悩みの方

講座内容

  1. 申し送りとは何か
    →前置きとしての話

  2. 申し送りの意義とは
    → 顧客と翻訳作業者(チェック担当者含む)の両方の観点から、申し送りの意義を検討

  3. 「優れた申し送り」とは
    →具体例を見ながら、優れた申し送りの条件を検討

  4. 申し送りの諸項目
    →具体的にどんな問題を申し送るべきかについて

  5. その他、申し送りに関する色々

  6. 最後に

講師

矢島有記(弊社翻訳者/プロジェクトマネージャー)
早稲田大学商学部卒。ITマーケティング、リーガル分野を中心に、産業翻訳/レビューの一線で活躍。近年は翻訳者の育成、業界の活性化にも取り組む。

  • JTFほんやく検定1級(科学技術、情報処理、特許)

  • 日本語教育能力検定試験合格

  • 行政書士試験合格

  • 応用情報技術者試験合格

料金

4,500円

お申し込み

お申し込みは下記のPassMarketのページからお願いします。

主催者情報

株式会社テクノ・プロ・ジャパンは、産業・ビジネス翻訳のプロ集団です。英語・中国語・スペイン語など、複数言語に対応。
IT、半導体、機械全般から、ビジネス文書や法律文書(契約書など)、観光・レジャー・スポーツ関連の資料・パンフレットまで、幅広いフィールドで上質な翻訳を提供しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
翻訳会社テクノ・プロ・ジャパン | Techno Pro Japan, Inc. | TPJ
翻訳会社テクノ・プロ・ジャパンです。 創業31年目を迎え、ITをメインに、半導体、機械全般、ビジネス、リーガル(契約書など)、観光・レジャー・スポーツ等、さまざまなドキュメントの翻訳を手掛けています。 このnoteでは、英語読解、翻訳、日本語表現に役立つヒントを共有していきます。