白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー

「Bridge」 ヒト・モノを繋げる、 医療とフィットネス・スポーツを繋げる、 リハビリテーション・コンディショニング・トレーニングを繋げる、 そんな架け橋になりたい!

白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー

「Bridge」 ヒト・モノを繋げる、 医療とフィットネス・スポーツを繋げる、 リハビリテーション・コンディショニング・トレーニングを繋げる、 そんな架け橋になりたい!

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    セラピストの学び場『KIZUKI』〜イマに気づき、ミライを築く〜

    『KIZUKI』は、疾病や障害をみるだけでなく、地域・社会に寄与できる医療従事者になるためのオンラインコミュニティです! さまざまな職種の医療従事者が集まり、臨床に役立つ知識・技術、マネジメント・マーケティングなどを学んだり、実際にプロジェクトを立ち上げ、地域・社会の課題を解決できるような事業にチャレンジしていきます。 有料メンバーと無料メンバーがあります。 入会など詳しい情報はこちらから↓↓↓ https://xpert.link/community/1412 入会さ

      • 末梢神経実践編(脛骨神経)

        こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は末梢神経の実践編、『脛骨神経のストレッチとスラッキング』について、解説させて頂きます! 神経の動かし方は、方法によって影響が変わります。 状況によっての使いわけが必要で、それぞれの動かし方で得られる効果は変わってきます。 こちらが実際の方法になります。

        • 末梢神経の基礎知識

          こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は『末梢神経』について、解説させて頂きます! それではさっそくいきましょう。 神経は筋肉や他の組織と同じく、様々な身体の動きに対応するために伸縮性を保ちながら動かなければいけません。 脊髄は、バレーダンサーなど柔らかい人で9センチ、そこから出ている末梢神経は、動きのなかで1−2センチの伸縮性を、本来兼ね備えていると言われています。

          • 疲労骨折について

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 以前、こちらのシリーズを解説しました。 今回は『疲労骨折』について、解説させて頂きます! それではさっそくいきましょう。 疲労骨折は、スポーツによるオーバーユース障害の代表的な疾患になります。 疲労骨折(stress fracture)は1回の強大な外力によって発生する外傷性骨折とは異なり、健常な骨の同一部位に対して通常は骨折しない程度の負荷が繰り返し加わって生じる骨折になります。 骨粗鬆

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 実践!ゼロから学べる足の臨床
            Take /ピラティススタジオ経営 全国展開中 他
            ¥980 / 月
          • 白須達也のやる事リスト
            白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー
          • モチベーターマガジン
            白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー
          • 耳からインプット
            白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー
          • 臨床
            白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー
          • マーケティング・ブランディング
            白須達也(Tatsuya Shirasu) 理学療法士 × アスレティックトレーナー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            足関節と股関節の関係性

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『足関節と股関節の関係性』について考えていきたいと思います。 股関節は衝撃の吸収や力の発揮に重要な役割を担っています。 股関節の筋肉を強化することでパフォーマンスの改善を図ることにフォーカスをすることも多いかと思います。 しかし股関節周囲筋(主に大殿筋・中殿筋・小殿筋)が硬く、ストレッチをしてもなかなか改善が見られないケースが多いのではないでしょうか。 殿部が硬くなると股関節の動きが

            足関節内反捻挫の再考

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『足関節内反捻挫』について改めて考えてみたいと思います。 というのも、だいじろうさん(@idoco_daijiro)と一緒に共同代表をやらせて頂いている「KIZUKI」のOSCEで先日、足関節捻挫を取り上げました。 そこで自分が感じたこと、考えたことを今回は述べていきたいと思います。 まずは急性捻挫のアルゴリズムの確認から 足関節捻挫を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

            ミラーイメージ

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『ミラーイメージ』についてお伝えしたいと思います。 みなさん、ミラーイメージって知っていますか? これ知っているとアプローチの幅がかなり広がります。 簡単に説明すると、 動かした時に硬さや痛みがあった時、対角線の関節を動かすことで、その問題を解決できる可能性があります。 この様な事が起こる理由としては、 対応する関節の組み合わせ

            動きのスピードから考える動き作り

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『動きのスピードから動き作り』について考えていきたいと思います。 こちらの記事のより実践的な話しになりますので、興味がある方はご覧下さい。 動き方によって反応する受容体、関わる脳の部位が変わりますので、同じ関節であってもスピードや動き方によって身体の反応は異なります。 今回はその中でもスピードに着目していきたいと思います。 それではいってみましょう! 足底に分布する受容器はこんな感

            脳から考えた足部

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、思考を少し変えて『脳から足部』について考えていきたいと思います。 さっそくですが、まずはこちらをお聴き下さい。 こちらが実際に行っている足部のドリルになります。

            靭帯損傷治療の基本原則

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『靭帯損傷治療の基本原則』についてお話しさせて頂きます。 本記事はこんな方にオススメです。 それではいってみましょう! 靭帯損傷治療の基本原則は、重症度を考慮した治療方針の決定になります。 靭帯損傷の重症度は治療成績に深く関与するため、重症度別の治療方針の設計が必要になります。 ▶︎ 炎症管理の徹底

            左足関節の不安定性から右疾走型脛骨疲労骨折を呈した症例

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、先日後輩から一度見てほしいと言われた患者さんについて考察して行きたいと思います。 それでは、さっそくいきましょう! 脛骨疲労骨折について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。 ▶︎ 症例情報

            腱障害治療のポイント

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『腱障害治療のポイント』についてお話しさせて頂きます。 本記事はこんな方にオススメです。 ● 腱障害治療のポイントについて知りたい方 ● 腱障害治療のリハビリテーションを知りたい方 ● 障害腱治療のプロトコルを知りたい方 それではいってみましょう! 症例ごとの腱の負荷耐用能によって、状態やステージが変わってくるため、具体的なことを言うのは、なかなか難しいですが、私はこちらを参考にしな

            腱障害治療の基本原則

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『腱障害治療の基本原則』についてお話しさせて頂きます。 次回具体的な『治療プロトコル』をご紹介させて頂きますので、楽しみにお待ち下さい。 本記事はこんな方にオススメです。 ● 腱障害について知りたい方 ● 腱障害治療の基本原則を知りたい方 ● 障害腱強化のプロセスを知りたい方 それではいってみましょう! 実は私、この腱障害で苦い経験をしています。 それは、膝蓋腱の障害によってプロ

            アンクルホップについて

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、私が実際にアスレティックリハビリテーション で実施している『アンクルホップ』について紹介したいと思います。 本記事はこんな方にオススメです。 ● SSC(Stretch-Shortening Cycle)について知りたい方 ● 段階的な負荷の上げ方を知りたい方 ● アスレティックリハビリテーションを知りたい方 それではいってみましょう! みなさん、瞬発的な力を上げたい場合どうしますか

            運動療法に役立てるレントゲン画像の捉え方(基礎編)

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『運動療法に役立てるレントゲン画像の捉え方(基礎編)』について解説していきたいと思います。 それでは、さっそくいってみましょう!

            左足関節捻挫の既往から右肩痛が出現した症例

            こんにちは、CLINICIANSのタツ(@tatsu_bridge)です。 今回は、『実践編』ということで、今までの記事を元に、先日担当した患者さんについて考察して行きたいと思います。 それでは、さっそくいきましょう! ▶︎ 症例情報