見出し画像

有限会社うまのほね 第1話「学校の七不思議」

 カメラ、小型PC、ペンチ、空のSSD、各種工具、フレキシブルディスプレイ…仕事道具が詰まった工具箱を閉じると、ハルキは店のロゴ入りジャンパーを羽織り、外へ出た。

 和歌山市内某所。町にはスマートグラスを掛けた人々が行き交い、配達用ドローンが飛び回り、四足歩行の警備ロボが闊歩する。それらが壊れたときに直すのが、機械修理工・飯島ハルキの仕事だ。

 彼は愛用の電動アシスト付き自転車のカゴに工具箱を詰み、サドルに跨って振り返った。
「じゃ、いってくるわ。店番頼むぞ」
「うん!」
 答えたのは、近所の小学生・カンタ。彼が今日の依頼人だ。
 普段から遊びにくる子だが、今日はその手にお気に入りの玩具を握りしめ、泣きながら駆け込んできたのだった。

 ──おじちゃん、これあげるからさ、だからさ!

 自転車を漕ぎながら、ハルキはカンタの言葉を思い返す。
 彼は泣きながら、こう叫んだのだ。

 ──タロウを助けて! ドローンのおばけにさらわれた!

【つづく】

2019/2/13 本連載開始

本作をベースに加筆・修正し、本格連載開始しました。


Header Photo by Jack Douglass on Unsplash
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桃之字(制作本舗ていたらく)

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!