見出し画像

シネマコンテンツ『再生回数100万回いったら×××してあげる』出演者インタビュー(佐藤陽太役・高根正樹さん、夏樹役・永峰優さん)

2020年5月1日に、弊社が運営するe-Storyアプリ「peep」内に公開されるシネマコンテンツ第10弾『再生回数100万回いったら×××してあげる』のなかで、佐藤陽太役を演じられた高根正樹さん、夏樹役を演じられた永峰優さん。

普段、舞台やミュージカルを中心に活躍されているお二人にとって、今回の映像出演はほぼ初めての挑戦となりました。試行錯誤しながらも、全力で取り組んでくださったお二人にお話を伺いました。

画像1

高根正樹(たかね・まさき):写真右
ダンサーとしての経験を生かし『テニスの王子様』『ハイキュー』、『刀剣乱舞』など数多くの有名舞台やミュージカルに出演する今注目の若手俳優。

永峰優(ながみね・すぐる):写真左
『ときめきトラベル』(AbemaTV)に出演し人気を集める。2018年には秋元康プロデュース『京都SUSHI劇場』に出演。TiKToKでも多くのファンをもち、多方面で活躍中。

━━撮影はいかがでしたか?

高根さん こういう映像のお仕事で、しっかりお芝居して言葉を発するっていうのが初めてで、舞台とは色々と違うなって感じました。映像ってこんな風に撮っていくんだと思って…。すごくびっくりすることだらけでしたね。舞台だと、そこにいるお客さんに届けるじゃないですか。だから、後ろの席まで届くような熱量や声量が必要なんです。でも、こういう映像の撮影だと、自然体な感じで演じるのがいいのかなと思いながら演じました。舞台とはまた違う繊細さが必要だなっていうのを感じました。いい経験をさせてもらいました。

永峰さん 
緊張しっぱなしでした。映像の撮影って初めてで、不完全燃焼なところが少しあるので、もう一回できるならやりたいです…(笑)。

━━印象に残っているシーンはありますか?

高根さん 
あまり言えないんですけど、お風呂のシーンが僕の中ではすごい新鮮でした(笑)。ちょっと恥ずかしかったんですけど、頑張って演じたので楽しみにしていてほしいです。

永峰さん 
キャラクターが大いに出ている、自分に酔ってるシーンとかは「夏樹キター!」みたいな感じですよね(笑)。そこが夏樹の魅力とか、キャラクターが出てるシーンになってるんじゃないかなと思います。

画像3

━━もし高根さんが動画配信チャンネルを開設したら、どんな企画をしてみたいですか?

高根さん ブイログを撮ってみたいです。自分の1日や、旅行を撮影するんです。映像版のブログみたいな。台本とかもないので、すごい楽しそうでいいなと思いますね。思い出の動画になったらいいなと。あ、あとは流行りのASMRをしてみたいです!(笑)

━━永峰さんのプロフィールに記載されていた、趣味の一人遊びとは何をされているのでしょうか?

永峰さん ははは(笑)。僕、漫画好きなんですけど、キャラクターになりきってセリフを音読するっていう遊びです。かっこいいキャラクターなのに、声をめっちゃ気持ち悪くして読んでみたり、それを録音したりして。マイワールドに入れるので楽しいですよ!僕の中では役になりきったり、発声の練習っていう風に捉えてるんですけどね(笑)。

━━お二人の、女性へのアプローチ方法を教えてください。

高根さん 好きだと思ったら、とりあえずちゃんと気持ちは届けます。過去に、好きなのに伝えられなかったことがあって、すごく後悔したんですよね。もう後悔したくないから、想いはちゃんと伝えたいなとは思っています。

永峰さん 
定番なんですけど、押して引くっていうやつです(笑)。僕の恋愛してきたデータの分析結果によるものです。まあ、僕まだそれで成功したことないですけど(笑)。

画像2

━━「peep」はご存知でしたか?

高根さん 
初めて知ったんですが、仕様がすごく面白くて、こんなのあるんだと思いました。面白いし、目の付け所が今までにないものだなって。

永峰さん InstagramやTicTokの広告でよく流れているのを知っていたので、撮影のお話をいただいて、すぐダウンロードして読みはじめました。電車の中とかで、いい暇つぶしになりますね!

━━読者に一言お願いします!

高根さん 
本当に甘酸っぱい作品になってると思うので、陽太目線で感情移入してもらいながら、世界観に浸っていただけたらなって思います。精一杯演じたので、たっぷり楽しんでください!

永峰さん 僕、読書が苦手なんですけど「peep」はスマホで簡単に読めて、難しい漢字もなく、場面展開もしっかりしてるから、本を読むのが苦手な方にはすごくオススメだと思いますね。しかも、吹き出し形式になってるからイメージがつきやすくて、漫画と小説の間みたいな…。若い人にいいと思います。今回のシネマコンテンツのように、映像が入るとなおさらイメージがつきやすいですよね。ぜひ楽しんでいただきたいです!

画像4

高根さん、永峰さん ありがとうございました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
「21世紀、もっとも読まれる物語を生み出す」をミッションとし、e-Storyサービス『peep』を運営しています。