見出し画像

北京のペプシの工場でも患者発生。まさか第2の武漢になる? 中国・北京長期在住者の私が、本当は今度の再コロナ禍のほうが怖い、と思う3つの理由 月刊 谷崎光のインサイドアジア No.45


この続きをみるには

この続き: 4,543文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

北京の中心部にヤクザがワラワラ湧いてきた。中国政府の依頼で小区(マンション)の出入り口に陣取って、体温測定。しかし収まったあとは扱いに困り…

または、記事単体で購入する

北京のペプシの工場でも患者発生。まさか第2の武漢になる? 中国・北京長期在住者の私が、本当は今度の再コロナ禍のほうが怖い、と思う3つの理由 月刊 谷崎光のインサイドアジア No.45

谷崎光・作家@北京在住

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう!
9
作家/北京在住20年目(2020年12月から一時帰国中)/ダイエーと中国の合弁商社を経て作家に。著書は松竹で映画化された「中国てなもんや商社」(文藝春秋)「日本人の値段」(小学館)「中国人の裏ルール」(中経の文庫)他、多数。北京大学経済学部留学。中国モノ記事 PVNO1筆者。