未来に投資する
見出し画像

未来に投資する

2019年に仲間と立ち上げた「TECTURE(テクチャー)」は上場を一つの通過点にすることを目指している。

会社を上場するということは、株式の価値を上げていくことを株主(投資家)から期待される。
サポーズデザインオフィスも株式会社だが、こちらは非上場。

この続きをみるには

この続き: 1,560文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
これからは同居の時代。遊びと仕事を同居させながら楽しく働き、クリエイティブにビジネスをしていく方法をお伝えしていきます。変わりたいけど変われないだとか、これからどうすれば良いのか迷った時、きっと背中を押すことが出来ると思います。

月刊 谷尻誠

月額1,000円

建築家(suppose design office 代表)、起業家。 広島と東京での2拠点生活。 未来は多拠点生活。 tecture、社食…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
谷尻誠 / 建築家 / 起業家

公には出来ないけれど、ここだけで書くことが出来る情報も含めて、皆さんに共有出来ればと考えています。 建築業界の凝り固まった環境を見直しながら、新しい働き方や、経営方法、ブランディングについて綴っていきます。

押すねー
建築家、起業家。 広島と東京での2拠点生活。 未来は多拠点生活。 tecture、社食堂、絶景不動産、21世紀工務店、未来創作所、BYPASS、CAMPTECTS. 、toha、Daichiなどの法人を経営。