見出し画像

考えるを考える空間設計

谷尻誠 / 建築家 / 起業家

THINKをはじめたのは2011年。

トークプロジェクトの名前でもあるが、先にそこには空間があった。

15坪の小さな事務所に、スタッフが15名まで増え、書類やデスク、模型や、書籍、カタログで埋め尽くされ、引っ越さざるを得なくなり今の場所へ事務所移転を決断した。

新しい事務所は、40坪が2層の空間。
15坪から一気に80坪となったのは良いものの、15人にしては広過ぎるので、2階を事務所にして、3階を「名前のない場所」と定義して空間実験を試みることにした。

解体されただけの空っぽの部屋に40センチ角の発泡スチロールを散らばせる。
人が座れば椅子となり、それを台に作業すればテーブルとなる。

ゲストが来てスピーチすれば講演会場となり、アーティストが来て歌えばライブハウスとなり、料理人が食事を振舞えばレストランとなり、美容師が来て髪を切れば美容院となる。

ぼくたちの仕事は空間をつくること。

ただ、空間をつくらなくとも“行為”が空間をつくってくれる現実がある。

「頼まれたものを本当にそのままつくっていいのか?」
紋切り型の空間設計の在り方に疑問を抱いていた時期だった。

いかにつくらずに、空間をつくることができるか。

それを理解した上で空間設計と向き合う。
その方が正しいのではないかと思い、THINKという空間が生まれた。

この続きをみるには

この続き: 2,190文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
遊びと仕事を同居させながら楽しく働き、クリエイティブにビジネスをしていく方法をお伝えしていきます。 お金や税金、相続対策、保険、株などもふくめ、今を生き抜くための知見を惜しみなく書いています。 もやもや考えて変わりたいけど変われないだとか、これからどうすれば良いのか迷った時、きっと背中を押すことが出来ると思います。

月刊 谷尻誠

¥1,000 / 月

建築家(suppose design office 代表)、起業家。 tecture、社食堂、絶景不動産、TECTURE、🔺社外取締役、D…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
谷尻誠 / 建築家 / 起業家

公には出来ないけれど、ここだけで書くことが出来る情報も含めて、皆さんに共有出来ればと考えています。 建築業界の凝り固まった環境を見直しながら、新しい働き方や、経営方法、ブランディングについて綴っていきます。