母の日も、そうでない日も
見出し画像

母の日も、そうでない日も

熊谷珠樹フラワーアーティスト
「毎年恒例ブーケ作り」

花を活けるという言い方は日本だけのようです。欧米では「アレンジする」という表現をします。

昨日のレッスン後、こんな名言を残した生徒さんがいました。

「爽やかな涼風そよぐ優しい空間をつくってくれそうなブーケ。私もそんな人になりたい」と。

これ、深い気づきではないでしょうか。
花を活かし、自分も活かす。
花を愛でる究極の境地と言えるでしょう。

「生徒作品」

母の日ということもあり、毎年この頃になるとギフトブーケを作るのが恒例となっています。もちろん、自分へのご褒美ブーケとして作る方もいらっしゃる。

私の場合は花の世界に入って以来、母の日前後は忙しく、自分の母には花を贈ることができなかった。

でも、最近わかりました。母が一番喜ぶのは、物を贈るよりも電話をかけることだと。

本当に届けたいのは何なのか?
そこを外さなければ、豪華な花を買う必要はないのです。

風薫る五月。
涼風そよぐ優しい空間で、素敵な休日を。

いよいよ次の土曜日。鎌倉の風薫るギャラリーで、仲間たちとの賑やかなイベントを開催します。



この記事が参加している募集

休日のすごし方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はなまるな一日を✨
熊谷珠樹フラワーアーティスト
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室を運営。パリのエスプリを感じながら、自分らしく花を飾り、理想のライフスタイルを実現する人たちを導いている。https://tamaki-flower.com/