たまごせんせい

この春から公立小学校教員。専門はルール教育・特別支援教育など。教員が学校以外の教育を知り、教員以外の人が教員と学校のことを知った結果、互い補え合いながら、子どもの可能性が最大限に引き出される未来を目指し、行動しています。(黒板アートは頑張りました。)オンラインサロンも始めました!
固定された記事

どうして、今、公立小学校の先生になるのか

「教員なんかになるの?」 僕の進路を言うと数回に一度はこのセリフが返ってきます。 現在、教員を取り巻く環境は厳しいものがあります。ブラック部活にモンスターペアレ…

教員105日目(1年目)自分が子供をダメにしていると感じる恐怖

正直に言うと、僕が子供の未来を潰してるんじゃないかと怖くなる。 ふとした時の声かけもそうだし、学習規律の部分とか、正直ちゃんとできてない。 できてないというか、…

教員104日目(1年目)教材研究という名の無理ゲー

最近の課題はなんですかと聞かれたら、間違いなく教材研究と答える。 教材研究とは、授業の準備をする段階で、教える材料つまり、教材をどんな風に調理できるか研究するこ…

教員102・103日目(1年目)ゲームで2日過ごしてわかったこと

今週末は久しぶりに何もしなかった。 何もしなかったと言っても、オンラインサロンのことはやったし、教職大学院時代の同期とも語り合ったりした。 ただ、それぐらいして…

一年生の担任をする責任と楽しさと難しさ 【教員になって100日目の自覚】

教員になって100日 一年生を担任することが確定してから今週で100日 が経つわけなのですが 一年生の担任をしていて、一年生という学年の重さと面白ろさと難しさを肌で感じ…

教員101日目(1年目)所見を巡る裏事情

今日で一週間が終わるわけだが、今週末うちの学校で大きな決断が一つあった。 それは所見を今学期は無しにするというものだった。 所見とは、あゆみや通知表についている…