見出し画像

2階リビングはどうなのか?アリ?無し?

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。


狭めの敷地、南面に隣地建物が接近している場合には、2階にリビングを配置することを検討します。

実際に、間取りを診断していると、よく拝見するパターンではあります。

実は2階のリビング、階段の昇り降りが多くなり、デメリットが多そうなイメージですが、実際にはどうなのか。

2階リビングを検証してみましょう。


◆2階リビングのメリット①~日当たり

まず、2階リビングのメリットは日当たりです。

1階リビングでは南側の隣地建物で影になって、陽の光が入りにくい場合は、2階にリビングを持ってくると光が入りやすくなります。

画像1

太陽の光がきちんと入るかどうかを見極めるには、最も太陽の高度の低い「冬至」の太陽高度で確認します。

冬至の南中時(真南に太陽が登っている時)にリビングの窓にある程度光が入れば、OKとなるわけです。

リビングの明るさというのは、健康的な住まいには欠かせないポイントです。

やはり、2階リビングの最大のメリットは、明るさとなります。


◆2階リビングのメリット②~プライバシー性

2階にリビングをもってくると、リビングの窓は道路を歩く人や通過する車からは直接、見えにくくなります。

1階リビングのデメリットは、道路からの視線がありますが、2階リビングとすることでプライバシー性が向上することになります。

特に、南側が道路の場合、1階リビングで大きな掃き出し窓を南面に設置すると、道路からリビング内が丸見えになってしまうことがありますね。

その点、2階リビングでは、道路からは直接は見えませんから、プライバシー性はかなり違ってきます


◆2階リビングのメリット③~開放的に感じる

また、プライバシー性が上がるのと同時に、眺めも良くなると言えます。

1階のリビングでは壁に囲まれて空が見えない状況となるのが、2階リビングだと窓から空もしっかり映ります。

窓から空が見えるというのは、「眺望」だけではなく、部屋の開放感にも影響してきます。

窓から見える景色が壁(または塀)だけでは、閉塞感がありますが、隣の建物までが同じ距離でも、2階リビングにすることによって窓から空が見えると、解放感が大きく高まります

◆2階リビングは老後はどうなのか?

2階リビングでは、「老後に昇り降りがたいへん」というご意見はよく聞きます。

確かに、階段の昇り降りは足腰が弱るとたいへん。

しかし、これって1階にリビングを配置しても、2階に寝室や風呂があれば同じことなんですよね。

1階に、LDKと洗面・風呂、そして寝室。

これらが全て1階に配置できれば、生活全てが1階で完結し、足腰が悪くなっても生活しやすい。

逆に、これらのどれかひとつでも2階にあれば、必ず2階への行き来が必要になります。

そのため、狭目の敷地ではLDK、洗面・風呂、寝室を全て1階に配置できないことが多いため、思い切って2階リビングにした方がメリットが多い、ということになるのです。


◆2階リビングの老後の対策

では、2階リビングにした場合、老後はどうしたら良いのか?

少しコストがかかりますが、ホームエレベーターの設置を検討することが有力です。

ホームエレベーターはだいたい300万円前後の費用と、1畳強程度のスペースが必要です。

今のご時世、80歳、90歳のお年寄りでも、階段の昇り降りをされている方もおられますから必ず2階への行き来が難しいものでもないですが、

階段の昇り降りがきつくなったらホームエレベーターが最適ですね。

新築の時点から、エレベーターを設置できるスペースを計画しておけば、必要になった時にエレベーター設置の工事をすれば良いわけです。

画像2

上の間取り図のように、玄関先にエレベーターのスペースを作っておき、シューズクロークとして使う、2階も同様にファミリークローゼット等の収納スペースとして使い、将来的にエレベーターを設置できるように準備しておく。

こうすれば、無駄がない計画になりますね。

◆まおめ~確かにデメリットもある

こうしてみてみると、2階リビングもなかなかメリットがしっかりあり、老後もエレベーターが設置できれば安心ではあります。

しかし、どうしようもないデメリットはあります。

「2階のリビングまで、荷物を運ぶのがたいへん」

ということです。

毎日のお買い物、買い物袋を2階へ持って上がったり、ゴミ出し動線も長くなります。

覆せないデメリットも考慮して、じっくり考えてみましょう。

◆家づくりの勉強

家づくりをきちんと勉強したい方は、こちらの特別無料メルマガ講座にご登録ください。

落とし穴にはまらず、素敵な家を手に入れるための秘訣をお伝えしていきます。

今ならE-book、ハウスメーカーも教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』をプレゼント中!

クリックして今すぐ確認する↓↓↓

新バナー大


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
14
一級建築士。ゼネコン~県庁建築職を経て建築コンサルタントに。住宅をはじめ建築全般で施主をフォローするチェック&アドバイザー。特別無料メルマガ講座~【あなたが知らない家づくり7つの真実】プレゼント中!⇒https://taku-kenchiku01.com/p/r/PyjqLXHW
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。