ぼる塾 あんり

ぼる塾 あんり

    最近の記事

    甘酸っぱかったんだろうか

    ふと自分の初恋を思い出してみる。 理由は簡単だ。 時間が余っているから。 私の記念すべき初恋は、小学校1年生の春。 隣の席だったKくんが私の人生に初めて彩りをくれた。 恋を彩りって表現する自分の乙女チックさ、私は嫌いじゃない。

    有料
    100
      • 夢が叶う瞬間を見た

        20年間ひとりの人間を想い続けるってどんな感覚なんだろう。 私にはそんな経験はない。

        有料
        100
        • ぼる塾のネタ

          私は19歳でNSCに入ったから社会経験がない。 成人を迎え、大人になったと同時に NSCを卒業して、お笑い芸人になった。

          有料
          100
          • 誰も得しないこと

            ってわかってるのにやっちゃうことあるよね。 こないだも友達が落ち込んでいるんじゃないかと心配して電話をしたはずなのに、私の話ばかりして終わってしまった。 私は私の経験と価値観からしか答えを導くことは出来なくて、それが偏ってしまっていないかと不安になる。 友達の悩みを聞いてたはずなのに、私のほうが悩んでしまい、慰めるつもりが慰められている。 もう大人だからこれやめたい。笑 自分から電話しておいて、相手の時間だけ奪って、自分も落ち込んで。 誰も得しないよ。 やめたい

            集中力

            お母さんのお腹に置いてきちゃったかも。 ネタを書くとき、私は場所決めから始める。 芸人がいっぱい居る劇場の楽屋、主に無限大ホールかドームか。 こだわりは、その日の出演者の人数が少なすぎず、多すぎないとき。 ネタを書くときに座るから、出演者の方々が多いと邪魔になっちゃうからね。 なんで劇場の楽屋で書くのか。 宿題をお母さんに見張られている状態でやっている感覚。 集中してますよーって周りに見せて、途中で投げ出せない状況をつくってる。 それに楽屋でネタを書いていると

            なんで太ってるの?

            小さい頃、私はおじいちゃんおばあちゃん子だった。 おばあちゃんはずっとホテルの清掃員をやっていて、その給料でパチンコを楽しんでいた。 おばあちゃんの給料日になると、おじいちゃんが 「また給料ぜんぶパチンコに使われちゃしょうがねえ」と慌てて私を連れて、仕事帰りのおばあちゃんを駅で待ち伏せする。 「あんりに美味いもん食わせるぞ」駅にやってきたおばあちゃんにおじいちゃんが言って、回転寿司に行く。 おばあちゃんも早くパチンコに行きたいもんだから、文句は言わず、さっさと連れて

            簡単な女

            こないだお母さんが占いに行って、「あなたの娘2年以内に結婚するわよ」って言われたらしい。 お母さんいわく、そこの占いはあたると評判らしく私は嬉しくて、何故かその日の夕飯はサラダだけにした。 1日だけダイエット。 人に言うと叶わないような気がして、誰にも言わなかったんだけど、なんとなく田辺さんにだけ報告した。 田辺さんは 「何かの間違いで、その占い、私のことだったりしないかしら。私が結婚したりして。」よくわかんないことを言っていた。 そして、占い芸人さんお三方に占っ

            はるちゃん

            6才の時に出会って、もう20年近く一緒にいるけど、いまだによくわかんない女。 人にはデリカシーないことばっか言うくせに、自分がちょっと言われたら引く程落ち込む、扱いにくい女。 でも、結局許せてしまう女。 なんではるちゃんって許しちゃうんだろう。 中学の時に私は体育の先生に恋をしていた。 もちろんはるちゃんには、それを打ち明けた。 はるちゃんに打ち明けるだけで、まるで告白してるくらい緊張した。 「へぇーそうなんだーー頑張れー」今思えば、はるちゃんの相槌すげぇ棒読み

            抱きしめたい

            ここんとこ最近、毎日、帰りの電車で。 ライブでウケた時、 嬉しくってぎゅっ。 ライブですべった時、 すがりたくってぎゅっ。 なんであんな事言っちゃったんだろ、 後悔で叱ってほしくってぎゅっ。 ネタ書き終わった、 褒めてほしくってぎゅっ。 抱きしめるものがリュックしかねぇ。 温もりが足らねぇ。 勘弁してくんないかな。 たまんないよ、まったく。