ヤッパリな、タイガースの苦境。

 まるでタイガースに恨みがあるかのようにネガティブなことばかり書いている気がしますが…違いマス。(笑)

 まず、タイガースに興味があるし本来ならもっと強い・いいチームになれるはずなのに…という歯がゆさがあるから。見込みを持てないトコだったらネタにしないよ。スワローズにしてもそうだしね。もったいないと思うの。

 結局、マルテにせよソラーテにせよ、

タイガースというチームのニーズに合ってたのか?

という事が今に至るまで疑問として解消されませんでしたね。

 もともとタイガースのウィークポイントってずっと

長打力による得点力のUP

だったはず。でもチーム総合成績見てみてください。見事なまでに

リーグワースト2位の本塁打数と最下位の総得点

を走ってます。つまりタイガースは

ずっと投手力中心の守備のチーム

のままなんですね。

 こういう点を見ると、フロントのチーム作りが唱えていることと真逆になっていることが分かります。それに、トレードを考えてみてください。タイガース、マリーンズとトレードした際に何を補強しましたか?

投手同士の交換トレード

でしたよね。これも意地悪な見方をすると

投手の人数が減るから

に過ぎないのでは?と疑いたくなる。得点力に四苦八苦しているのに、投手を入れかえるだけ。意図が全く伝わってこない。

 こうした点から見ても、もうタイガースはかつての常勝チームだったドラゴンズの様に

鉄壁の投手王国

を目指した方が甲子園という球場の特性も生かせるでしょうに。今、投手の人材の方が明らかに優秀な上に、その投手力でトレードによる野手獲得とかしないのであればなおさら、フロントがキチンと

打力を目指しましたが、投手王国の方が現実的なのでそちらを目指します

と宣言した方が現実にもあってる。

 それならば、むしろ納得がいくことが多い。オリックスから西を獲得したのも、投手力によって失点を防ぎたい、ウチの生命線は投手力だからこそ、投手をさらに補強した、というロジックが通る。私自身も、掲げている方針と現実が違うから辛辣になっているだけなので、ちゃんとチーム作りの方針と現実の対処を合わせた方が納得がいく。

 そういう見方をしてもなお、助っ人外国人の獲得の仕方がここ最近はひどいですね。あれだけの本塁打数しかないのなら、打率より長打力を持つ外国人を狙っていけばいい。なのに、いまだに10本程度しか打てない選手をシーズンオフに獲得し、長打力があるのかあやふやな人をまた追加。いつまでたっても、その場限りの対応が直らないんだな…と残念な気持ちにさせられます。

 タイガースの貧打が解消されない理由も、私が見る限り

マークを引き受けられる突出した力量を持つ選手が少ない

ことに起因すると思っています。

 これまではそれを福留・糸井といった選手が担ってきたんですが、福留は休み休み、糸井も離脱。こうした

雨除けの傘

が機能しなくなってきた。推測にすぎませんが、今年中谷たちが全く成績上がらないのもこういう要素もあるのでは?と思っています。

 タイガースとしては本当なら是が非でも

浅村獲得

に乗り出すべきだったんですよね。彼ならまだ若いし、三拍子そろっていた。成否はともかく、編成的にも必要な選手だった。この辺りも

来てくれそうな選手を獲得

しただけじゃないの?とどうしても辛口になってしまう。(苦笑)

 とにかく私個人の見方からするとタイガースのチーム作りは疑問だらけでファンの願いである

強いチーム、優勝狙えるチーム

には程遠い。こういうところからも、金本さんを解任したことはあまりにもお粗末だよな…としか思わないんです。もったいないね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

気に入っていただけたようで、嬉しいです!
1
元図書館ギョーカイの人。元職として図書館関連、歴史や経営・組織論、興味の沸いた分野中心に書いてゆきます。現在離職して通教で大学生やってますが、お仕事も募集中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。