見出し画像

動画クリエイター向け/最適なYouTube動画制作の受託基本契約書のつくりかた【ひな形・商用利用可能/メールサポート付き】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

動画制作をされている方のための、最適な契約書のひな形と解説です。クリエイターを守る契約内容です。

動画編集や企画や撮影などの制作受託で起業されている方が、クライアントとの間で「お仕事の受託」に関して契約書を交わしたい場合の「受託基本契約書」を作成できるように、専用のひな型を用意しました。

「基本契約」だからリピートにも対応可能

このひな形の最大の特徴は、机上の空論ではなく実例から書き起こした実践的な内容であることです。動画を何度もリピート受注できるように、基本契約方式を想定しています。

つまり、「前回の編集が気に入ったから、またお願いします」といわれたときに、契約書を最初から締結しなおすのではなく、最初に一度このひな形をつかって契約(基本契約)し、発注の都度、具体的な発注内容を「メールやLINE等」で受注(個別契約)できる契約フローです。

これにより、具体的な動画の内容や、納期、代金といった発注内容は、その都度別途(メール、LINEのやりとりなどで)決めれば、何度でも受託できます。

著作権は譲渡と許諾の両方を選択可能

制作した動画の著作権については、クリエイターからクライアントへ譲渡する場合と、しない場合を想定して記載例を分けています。ひな形をカスタマイズする際に、実情に合わせてどちらかを選んで作成できます。

契約書の重要性

クリエイター側にとって契約書は、引き受けるお仕事の内容や責任を明確にしたり、代金をきっちりと支払っていただくために必要なものです。「いつか本格的にやりはじめたら使おう」などといわず、ぜひ最初から契約書を準備しておき、あなたのビジネスを守るためにご活用ください。

メールでサポートします!

「とはいえ、もし契約書で分からないことがあったら?」「自分でカスタマイズしたけど、これでいいのかな?」と思ったらメールでご質問ください。

ひな形はあくまで「たたき台」なので、最終的にはご自分で完成させる必要があります。ダウンロードしていただけるデータにはできるだけ分かりやすく解説も入れていますが、もし、ひな形を使っていてご心配なことや分からない点などがあれば、些細な事でも構いませんのでメールでご質問ください。「記事ご購入者専用のお問い合わせフォーム」を末尾に設置しています。不明点はその都度ご質問いただくことにより、契約実務が初めての方や、不慣れな方でも安心して締結まで完了できます。どうぞご遠慮なくご活用ください。

公開を中止する可能性があります

「専門家がひな形を提案して、締結まで相談にのって支援するサービス」は、正直かなり限られていると思います。僕にとっても、ひな形は大切なノウハウです。みだりな流出を避けるため、予告なく公開を中止する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

この契約書の条項

この契約書のひな形には、以下の条項が含まれています。

YouTube動画制作業務委託基本契約書
第1条(定義)
第2条(基本契約)
第3条(個別契約の成立)
第4条(制作とその承認)
第5条(第三者の権利)
第6条(納入期日)
第7条(仕様):(仕様の記載例)
第8条(対価)
第9条(承認後の動画コンテンツの修正)
第10条(著作権等):(利用許諾の場合と、譲渡の場合)
第11条(再委託)
第12条(乙のポートフォリオ)
第13条(免責)
第14条(譲渡禁止)
第15条(損害賠償)
第16条(秘密保持)
第17条(契約の解除)
第18条(不可抗力)
第19条(契約期間)
第20条(協議解決)
第21条(裁判管轄)
(Wordファイルのダウンロードリンクあり)
(記事のご購入者用質問フォームあり)

契約書のひな形

以下が、実際のひな形です。(途中から有料記事になります。)有料記事内には契約書のWordファイルと、質問用のフォームのリンクが貼られています。

      YouTube動画制作業務委託基本契約書

【(クライアントの名称)株式会社○○○○】(以下「甲」という。)と【(動画クリエーターの社名、屋号、名前)○○○○】(以下「乙」という。)とは、動画コンテンツの制作の委託及びその利用に際する基本的な条件に関し、以下のとおり契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(定義)
本契約において、以下の語は以下の意味を有するものとする。
(1)「本動画コンテンツ」とは、乙が制作し、甲が○○○○(例えば「YouTubeにアップロードして利用する」等)の目的のために使用する、動画、オーディオ、画像、写真、テキスト、表示(商号、商標、サービスマーク、ロゴなど)その他素材等を含む動画コンテンツをいう。
(2)「本動画コンテンツの制作」とは、乙が、甲の依頼に基づき本動画コンテンツを企画し、これに基づいて撮影、編集等の動画制作に必要な作業等を行い、本動画コンテンツを完成させることをいう。

第2条(基本契約)
本契約は、甲が乙に対し本動画コンテンツの制作の一部又は全部を委託するすべての場合(以下、乙が本動画コンテンツの制作を受託することにより成立する個々の契約を「個別契約」という。)に適用されるものとする。
2 前項にかかわらず、個別契約において本契約と異なる定めをした場合には、個別契約の定めが優先されるものとする。

---

この続きをみるには

この続き: 4,965文字 / ファイル1個

動画クリエイター向け/最適なYouTube動画制作の受託基本契約書のつくりかた【ひな形・商用利用可能/メールサポート付き】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

5,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹永 大 / 契約書のひな型と解説

もしこの記事が少しでも「役に立ったな」「有益だな」と思っていただけましたら、サポートをご検討いただけますと大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

竹永 大 / 契約書のひな型と解説
1973年東京生まれ。平成15年から契約書専門の行政書士。著書2冊「わかる!使える!契約書の基本」(PHPビジネス新書)「契約書の読み方・作り方」(日本能率協会マネジメントセンター)。ホームページ https://www.thebestagreement.com/