見出し画像

不機嫌な人は「コスト」がかかる

 不機嫌な人は「コスト」がかかる。

 たとえば、お願いごとひとつするだけでも、ふつうは、

「これ、お願いできます?」
「おう! いいよ。やっとくわ」

 で、すむ。時間にして約2秒。

 しかし、機嫌が悪い人を相手にすると、

「あの〜、◯◯さん。」
「あ?」
「あ、いや、いますごいお忙しいと思うんですけど…」
「あ? なに?」
「ひとつ仕事をお願いしたくて」
「いま忙しいんだよなあ……」
「あ、すいません。ちょっとあとでまた声かけます」
「んだよ」

 これだけのやりとりが必要だ。しかも仕事を頼めていない。時間にして30秒ほどだろうか。

 声をかけるほうは朝から気が重い。前の日から「どうやって声をかけよう…?」などと考えていたとしたら、その時間コストは数時間にも及ぶ。

 もちろん、本当に忙しいこともあるだろう。仕事にポリシーがあったり、こだわりがあることは悪いことではない。しかし、ただシンプルに「機嫌が悪い」というのは、まわりにとって害悪でしかない。

 機嫌が悪い人は「機嫌の悪さ」で人を動かそうとしているのだ。

 機嫌を悪くしておけば、まわりが気づかってくれる。機嫌を悪くしておけば、余計な仕事は降ってこない。機嫌を悪くしておけば、勝手に誰かが先回りしてなにかをしてくれる。不機嫌というのは便利な道具である。

 ただし、この戦略を使っていいのは「赤ん坊」だけだ。

 赤ん坊は他人に気をつかうことなどできない。自らの不快を表現しないと手をかけてもらえない。生きていけない。よって、泣いたり、わめいたりすることで不機嫌を伝える。

 ただ、赤ん坊には「コストをかける価値」がある。そこには親の「無償の愛」があるし、育てることにコストをかけるのは当たり前の話だ。不機嫌によってコストがかかったとしても、害はない。

 大人になってからも不機嫌を武器に人を動かそうとする人は、赤ん坊であると言える。大人は赤ん坊とは違う。不機嫌でいればまわりから人は去っていき、いずれ仕事を頼みたいという人も減っていくだろう。

 もし不機嫌でいたいのであれば「そのコストを払っても余りある技術や才能、センスが自分にあるのか」を問いかけたほうがいい。もしその自信がないのであれば、いますぐ不機嫌をやめることだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。スーパーでお弁当を買うときに追加でポテトサラダも買うことができます。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!!
775
株式会社WORDS代表取締役。『メモの魔力』(前田裕二)『実験思考』(光本勇介)『段取りの教科書』(水野学)『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)など書籍の編集・執筆。「週刊文春」「ハフポスト」などでも執筆。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15779本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (8)
これはスゴい!
ああ、なぜ、上司への報告がしづらいのかわかった。そして、私がなぜ、頼まれ事が多いのかも、わかった笑
ゆんさん・ネトゲ廃人の”ひにくのほうでいうタンクの役割”させられてたんすな・・
「上機嫌はすなわち上質なのだ」を肝に銘じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。