見出し画像

2020.3.24.(火) 響き合う歌が届いたら

ついにやってきた「新生音楽」(シンライブ)当日。

配信会場のecho & cloudスタジオに到着すると、思ったより沢山のスタッフが動いていた。カメラは6台。機材やケーブルも所狭しと置かれている。

画像1

画像2

昼間のecho & cloudスタジオは自然光が美しく、郊外の別荘にいるみたいな気持ちになる。

僕と原田さんは、スタジオ録音のときと同じようにヘッドフォンで演奏を聴く。スタジオ内に響くのはピアノとアコギと生歌だけ。静かに熱い。

画像3

画像4


物販のTシャツとトートバッグはスタッフの高橋くんがその場でシルクスクリーンでプリント!サイン入りはライブ当日だけ販売された限定バージョン。

画像5

画像6

*物販は来週火曜まで販売中!


18:30を少し過ぎて開場。この日のために作ったBGMをカセットデッキから再生する緊張の一瞬。曲を聴きながら開演を待つライブ感、手作り感がいい。スタッフはみんな、それぞれの持ち場でテキパキと仕事をこなしてゆく。

画像7


ライブは始まってしまえば、あっという間だった。
なにしろ初めての経験、演奏中は、少しふわふわしてた。
慣れない環境の中、いつになく必死だった。
僕も原田さんもスタッフも、みんな。

-------------------------------------------------

リアルタイムで観られなかった方は、是非ともアーカイブを。
できるだけ音のいいヘッドフォンやスピーカーで観ると、より現場の雰囲気が伝わると思います。スマホ本体のスピーカーより、付属のものでもいいのでイヤフォンがおすすめです。

-------------------------------------------------------

実はシンライブの最中ずっと、僕も原田さんも今まで経験したことのない独特な緊張感が消えなかった。

ミュージシャンはいつも、観客の拍手や表情・歓声と呼応しながらその日だけの演奏を伝えていく。シンライブに限らず無観客ライブはカメラだけが相手なので、いつもの「観客と一緒に会場を盛り上げてゆく」という感情のカーブが描けない。さりとてテレビの収録のようにモニターで自分の映りを確認するすべもないという状況は、かなり特殊だった。

特にシンライブはレコーディングさながらの音質なので、演奏の粗さも手にとるようにわかる。かなりハードルの高い挑戦だったが、大きな達成感はあった。

----

深夜に家に戻り、ちょっとだけ音と映像を確認しようと思ったら、一気に引き込まれた。なんだこれは。新しいじゃないか!

アンコールの「hibiki」の選曲は原田さんからのリクエスト。最後に中村佳穂ちゃんの「そのいのち」のフレーズを入れようというアイデアも原田さん発。

シンライブ、いいライブだった。
凸凹も含めてリアルなドキュメンタリーだった。

スクリーンショット 2020-03-25 4.52.52

最後に、観てくださったみなさん、投げ銭やグッズで参加してくださった皆さん、そしてnote経由で実に大勢の方々からのサポートもいただきました。(アーカイブが残っている1週間は、引き続きサポートを受け付けています)

重いニュースだけが澱のように淀んでゆくこの時期に、こんな形でライブが実現できた幸運と、みんなが同じ幸せを共有できる音楽の力。続けてきてよかったと、改めて思いました。みなさん、本当にありがとう。

近いうち、シンライブ vol.2 の詳細が発表されるはずです。いまのところ、次回は僕の出演予定はありませんが、アドバイザーとして素晴らしいスタッフと一緒にシンライブを作っていきたいと思います。引き続き、注目していてください。

画像11

*プロデューサー・石原さんと。

iOS の画像

hibki(手書き)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 高野寛のnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 沢山のサポート、いつもありがとうございます。

これからもよろしくです!
95
note歴5年目のミュージシャン。 デビューからの30年を振り返る自伝的長編エッセイ 「ずっと、音だけを追いかけてきた」全42話・完結。 「新生音楽vol.1 高野寛×原田郁子(クラムボン)」アーカイブ公開中。https://youtu.be/peGPNQgkgl8?t=2103
コメント (2)
家族全員、MacBookの前で語り合いながら見させていただきました^_^

暗い心の中に光をさしてくれた、とても良いライブでした!

おつかれ様でした。
そして、ありがとうございました😊

乱文ですみませんσ(^_^;)
新たなチャレンジ!新音楽 
どうもありがとうございます😊
リアルタイムには、会社帰り道 電車の中で小さなiPhoneの画面とイヤホンを通して視聴ていました。ノイズキャンセリングではないので、音量的に繊細なニュアンスが周りの騒音に負けてしまい、ちょっとピンとこなかったのですが、その後 自宅で腰を据えてアーカイブを拝見したらびっくり!!シックな映像と繊細でいて暖かな音像に引き込まれました。二人の声の相性、そしてそれぞれのギターと鍵盤のアンサンブルが二人だけで奏でているとは思えない厚みとふくよかさを感じることができました。
さらに進化する 新音楽 
待ってます!!
難しい局面のこの時勢。
ぼくの生活もさらにひと工夫もふた工夫もしてみるチャンスなんだろうなぁ。
と思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。