【コロナ禍のリファラル採用調査】コロナ禍での採用課題を背景に4割の企業がリファラル採用の活用を検討
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【コロナ禍のリファラル採用調査】コロナ禍での採用課題を背景に4割の企業がリファラル採用の活用を検討


オンライン選考のメリデメのデメリットは情報が伝わらない、伝えられない。信頼性がリアルより低いということ。結果、リアリティショックが起きることになる。

コロナ禍の採用課題の解決施策としてリファラル採用が注目されていることが分かった。WEBでの一方通行だけでなく、インタラクティブな情報流通を行うにはリファラル採用は最適な手法。

ただ一方で実際にリファラル採用をした従業員は3割とまだまだ少ないという課題も浮き彫りになっている。エンゲージメントが高い状態を作り、実際に従業員が語る状況は作れていない。

雇用の流動化が少しづつ進む中でリファラル採用が当たり前になる状態を早く作りたい。結果、日本の働くをアップデートすることにつながる。

4割、逆に6割は未導入。
まだまだだな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊
MyRefer(リファラル採用促進クラウドセールス・関西広報)←EWEL中部営業部部長(福利厚生コンサルティング・セールス/1000社を超える企業の福利厚生コンサルを実施)。HRの採用・福利厚生領域について、読書記録とともに更新。フォロバ100%。