S Y M.

哲学的な話やら、論文の種やら読書記録やら。美学(とくに分析美学)、芸術学、音楽学に興味があります。
    • 美学・芸術学とか
      美学・芸術学とか
      • 21本
    • 動画
      動画
      • 4本
    • 教育について
      教育について
      • 14本
    • エッセイ的な何か
      エッセイ的な何か
      • 7本

マインドマップを使った目標設定とスケジューリングについて

マインドマップとは ここ最近、マインドマップにハマっている。 マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱している思考ツールのこと。 白紙の紙の中心に思考のテーマを…

西條玲奈 『芸術作品の存在論における曖昧なタイプ説の批判的検討』

ここ最近は毎日2〜3本、分析美学(特に音楽美学)の論文を読んでいます。この自粛期間を最大限に生かして、半年分くらいの勉強をするつもりでいる。 と、いうわけで今回…

伊藤 るみ子『演奏に関する一考察 キーヴィの音楽美学に於ける演奏論を中心として』まとめ

読んだのでまとめ。 ざっくりしたまとめ キヴィの音楽作品の存在論(特に演奏)の概説と、そのほかの論者の論の概説から、作曲家、演奏家、聴衆の三者が一体となるような…

田邉健太郎『「指し示されたタイプ」的存在者としての音楽作品ージェラルド・レヴィンソンの音楽作品の存在論に関する一考察ー』…

読んだのでまとめる。 ざっくりした内容 ジェラルド・レヴィンソンが提唱する、音楽作品は「指し示されたタイプ」であるという説の概説と、それに向けられた批判の検討。…

倉田剛 日常世界を哲学するー存在論からのアプローチ 第3章 集団に「心」はあるのか?ー全体論的アプローチ まとめ

まだ読んでいる途中だけど、自分の関心のポイントになりそうなところがあったのでまとめておく。 第3章 集団に「心」はあるのか?ー全体論的アプローチ 集団を好悪…

【第4回】西洋音楽史をざっくり学ぼう バロックの音楽編

ざっくり学ぶ、西洋音楽史。第4回、バロック編。 息抜き程度に、ご覧ください。