濱松哲朗

1988年東京都生まれ。茨城県出身。短歌・評論・随筆・小説など。「塔」所属。「京都ジャンクション」「穀物」同人。H2O企画「Tri」メンバー。個人サークル「遠足前夜」。
    • 月詠log(2017.04〜)
      月詠log(2017.04〜)
      • 30本

      「塔」誌上に掲載された月詠のログです。

    • 6のつく日に書く日記
      6のつく日に書く日記
      • 46本

      2019年1月から書き始めた日記。時々ぽっかりと間が飛びつつも46回まで続く。 (公開での日記再開の見込みはありません。)

    • 掲載記事アーカイブ
      掲載記事アーカイブ
      • 24本

      総合誌、同人誌等で過去に掲載されたものを放り込んでいきます。

    • 未刊歌集『春の遠足』
      未刊歌集『春の遠足』
      • 6本
      • ¥1,500

      濱松哲朗の未刊歌集『春の遠足』(2015年・第3回現代短歌社賞次席作品)を公開します。2009年から2014年にかけての約900首から300首を選び、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」の全3章で構成。マガジンには「誌上歌集版あとがき」、もうひとつのあとがきとも言うべきエッセイ「マサラタウンと松野家」、未収録歌篇を集めた「ひまわりの国――『春の遠足』拾遺」を含みます。

「塔」2020年8月号(月詠)

落下するペットボトルの速度にて夢より戻るわがたましひは 護られてゐるうちはまだ良かつたが木香薔薇で息ができない 辛うじて私はわたしを騙しつつ砂糖をまはし入れるカ…

6のつく日に書く日記(46)

2020.07.27. 連休明け 4連休、からの、5連勤。今週来週あたりは仕事内容的に職場へ身体を持っていかないとどうにもならない。朝から半ベソで出勤。 盆休みの無い職場な…

6のつく日に書く日記(45)

2020.07.17. 月詠 ゆうべ、歌ができねえ歌ができねえと午前2時前くらいまで唸っていたくせに一首たりともできなかったのが、朝の通勤時に電車の中でスマホのメモ帳を開け…

【没後10年】河野裕子の本(2020年7月現在)

河野裕子さん(1946-2010)の歌集その他の著作の「新刊で読める状態にあるもの」を探していきます。 ・基本的に完本で読める媒体の在庫がある場合について版元・版型ごとに…

「塔」2020年7月号(月詠)

止まつてはいけないといふ心意気あるいは思ひ込みの春先 謝つたところで既におしまひにされてゐて絞りかけのオレンジ 段々と嫌はれ慣れてゆくことをアボカドに刃をきれい…

6のつく日に書く日記(44)

2020.07.07. 装丁とジャケ買い 朝、TLに流れてきた枡野浩一さんのツイートに、うーん、となる。 いや、枡野さんの言い分も分かる。歌集をはじめとする短歌にまつわるメ…