借金玉

発達障害があり、そういう文章を書いたりそれ以外を書いたりして暮らしている人です。 ここではどこにも行き場のない話、日常雑記などを書いていきます。 楽しんでもらえたら、とてもうれしいです。 www.amazon.co.jp/dp/4046020768 こんな本書きました
    • 玉雑記
      玉雑記
      • ¥500 / 月

      あまり多くの人に向けては書きたくないこと、表に出なかった商業原稿、最近の雑記など月2回~更新します。色々あって、ツイッターが本音を言う場所ではなくなったので、こちらでやろうと思います。ご興味あれば、是非。

身辺雑記、道具のこと、回り道と直線と

 「脳のコンディションが独特な時に見える美しいもの」みたいな概念があって、これは梶井基次郎の「檸檬」で描かれる情景なんかもかなり近いと思うのだけれど、とにかくそ…

鬱と付き合っていく

 なにしろ君はエネルギーがすごいからね。  この言葉がずっと頭の中でくるくる回っている。なにしろ長年躁鬱を患っているもので、エネルギーには全く自信がないのだ。や…

文章を職業にしたい人のために

 最近は、「借金玉は才能があっていいよな」みたいなことを言われて、もんにゃりとした気持ちになることが増えた。もちろん、才能があると言っていただけるのはうれしいこ…

ちょっとだけ記念すべき日

 印税が振り込まれて、会社の預金残高が分水嶺を越えた日があった。もう大分前のことで、それはつまり僕の借金の額を越えたということになるからもちろん感慨深い日でもあ…

来たるべき貧乏のための、これはこれでちょっといい話

 アップル製品が好きになれなかった。もちろん、性能が悪いとかデザインがダサいとか言いたいわけじゃない。むしろ、性能もデザインも素晴らしいと思うし、僕だってipad p…

200

雑記、いつかなにもかもだめになってしまったとして

 時間が経つのが早い。メディアから取材を受けたり打合せをしたり、とにかく一生懸命喋っているうちに時間が飛ぶように過ぎていく。色んなことが予定通りにいかなくて、本…