マガジンのカバー画像

玉雑記

あまり多くの人に向けては書きたくないこと、表に出なかった商業原稿、最近の雑記など月2回~(最近は大体4回)更新します。色々あって、ツイッターが本音を言う場所ではなくなったので、こ…
発達障害ライフハックのような実用文章ではなく、僕がライフワークとして書きたい散文、あるいは詩に寄っ…
¥500 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

うつくしくなったら

00:00 | 00:00

※試聴版です。オリジナル版(03:08)はマガジン購入すると視聴できます。

借金玉
9日前
18

ごめんなさい

 六月、ついに二本しか記事を書けなくてごめんなさい。  決断と諦めの月が過ぎて、終わるべ…

借金玉
2週間前
69

そこで終わってしまったら、悲しいよ

 本が読めない。それは仕方がない。鬱とかそういうものがやってくると、書籍を開くことが出来…

借金玉
2週間前
46

気にしないで、犬とさかなの話だから

 終わりに向かって歩いている。案外気分は悪くなくて、水槽のオイカワを彼らが生まれた荒川に…

借金玉
2週間前
47

発達障害者の未来について

「発達障害者の未来はこれからどうなっていくと思いますか?」  この仕事をするようになって…

借金玉
1か月前
93

コーヒーも味をなくして

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

借金玉
1か月前
48

犬から主人を引き算したあとに残った世界

 たぶん、ポール・オースターの小説だったと思うのだけれど、「犬から主人を引き算した世界に何が残るというんだ?」みたいな一節があって、僕たちが生きているこの世界にはとても残酷な算数がわりとたくさん存在している。そして人間は数字を数えるのが得意な生き物だから、自分の人生から何が引き算され、何が残っていて何が残っていないのか、わりと正確に算出することが出来る。つまり、30歳で借金以外何も残らなかった発達障害者は、主人を失った犬よりもだいぶ希望が残っている、だからもう少しだけ足掻いて

もう行かない街のこと、それから鱒釣りのこと

 久しぶりに高田馬場に行ったら、なんだか見たことのない街になっていた。疫病の季節はここぞ…

借金玉
2か月前
77

羽根について

 三十代になるまで、新幹線に乗ったことがなかった。  東京の人にこの話をすると結構びっく…

借金玉
2か月前
66

梅雨を待って、傘を忘れる

 東京に来て、一番とまでは言わないんだけれど、それでもとてもうれしかったものに「梅雨」が…

借金玉
2か月前
79

スリップしたこと、尽きていったもの、せめて次の電信柱までは

 十年越しに睡眠薬依存へスリップし、挙句の果てにオーバードーズで緊急搬送された。言い訳の…

借金玉
2か月前
131

えりぞ@erizomuことN氏による嫌がらせ電話音声

00:00 | 00:00

※試聴版です。オリジナル版(00:51)はマガジン購入すると視聴できます。

借金玉
3か月前
47

私が長く仕事を止めていた理由と、これまで何が起きていたのかについて①

先日の騒動についてのお詫びとご報告 まず、さる3月31日に顧問弁護士より報告がございました…

借金玉
3か月前
505

「実行系」について、発達障害者における職業的訓練について、あるいはもう戻らない時間と壊れた身体について

 これは次に出版される予定だった書籍のコアになる部分なのだけれど、最早次の本が出せるかわからない状況なので、ここで書けるだけ書いてしまおうと思う。  編集やブラッシュアップを経ていないので、些か言葉は足りていないか、さもなければ過剰になっているだろうけれど、書き散らしておけば誰かの役に立つかもしれない。  これは「理系」「文系」みたいなやつと合わせて「実行系」みたいな概念を持って鍛えるとすごくいいんじゃないかな、ってお話。  発達障害者、あるいは健常者の中にすら多いのだ