漫画みたいな毎日。「己れを愛するが如く、汝の隣人を愛せよ。」前編。
見出し画像

漫画みたいな毎日。「己れを愛するが如く、汝の隣人を愛せよ。」前編。

やなぎだ けいこ

これまで、一軒家やマンションなどの集合住宅に暮らしてきたが、周囲の方々とも特にトラブルなく平穏無事であった。

小さな子どもがいると、思わぬところで、相手が不快に思うこともあるので、その辺りはなるべく気をつけて暮らしてきたつもりだった・・・。


縁あって、6年ほど前、私たち家族は、それまでのマンション暮らしから、今の一軒家へと引っ越してきた。長男が年長組になった秋のことだった。

長男がかねてから希望していた2階建て、庭のある、自然が多い環境。
その希望にピッタリの物件を紹介していただいたのだ。

大家さんのご厚意で「古いので、好きに手を入れて暮らしやすいようにしてくださいね。」とも言って頂き、家族皆、よい家に引っ越せたと喜んでいた。

新居は、私たちが引っ越してくるまでは、大家さんの息子さんが住んでいたが、急な転勤で空き家となったのだそうだ。

急な転勤とのことで、庭の畑もそのままになっていた。
既に11月で北海道ではいつ霜が降りてもおかしくない季節であった。

大家さんに「息子たちが畑の野菜も採って食べていいですよ。」と言われ、私たちは、畑に霜が降りる前にと、喜んで大根を抜いたのだった。


これが、トラブルの始まりになるとは思いもしなかった。

大家さんの息子さん一家が住む前は、大家さんのお母さんが住んでおり、お母さんは、その後、ご高齢になりグループホームに移られたのだそうだ。

その高齢のお母さんがひとり暮らしをしている際に、ゴミ出しなどでお世話になっていたのが隣の方。それが縁で、庭の一部を畑として貸すことになったそうで、それが、私たちの引っ越した時にも続いていた。

大家さんからは、「私の母がお世話になったこともあり、庭の一部を畑として貸している、ということを了解して頂けたら助かります。」と契約時に言われ、私たちも快諾した。

しかし、大家さんは、お隣の方に借している庭の部分を勘違いしたまま、私たちに説明していたのだ。

・・・私たちが抜いてしまった大根は、隣人が育てたものだった。

その日の夜、大家さんに苦情の電話が入り、私たちにも連絡があり、私たちは、引っ越し蕎麦を片手に謝罪にうかがったのだった。

その後、お隣の方が畑をやっている時には、子どもたちが入らないよう、大切に育てているものだから、私たちも大切にしてあげようね、と話をしてきた。実際、今に至るまで、畑に入ったり、野菜などに触れたことは一切なかった。

それでも、隣人は、子どもたちが庭に出るだけで、迷惑そうな表情を浮かべ、「入らないで!」ときつい口調でいい、長男が「入らないから大丈夫だよ。」と言っても、「大丈夫かどうか決めるのは私だから!」と言われたと、驚きと共に私に報告してきたこともあった。

私や夫がいるときには、子どもたちに向かって何か言うことはないのだが、居ないときに、どうにも理不尽なことを言うようだった。

気になることがあれば、私や夫に言ってくれればいい。子どもたちが不必要に理不尽なことを言われるのは、本意でない。そう思い、子どもたちが庭に出る時には、私は必ず一緒に庭に出て、過ごすようにしていた。

長男が1年生のある日、庭から帰ってくると、何やら様子が変だ。「どうしたの?」と尋ねると、「〇〇さんに、〈学校に行けばいいのに!〉と言われた。〈友達だってたくさんできるでしょ!〉と言われた。」と。私の不信感は溢れんばかりになり、ちょうど焼き上がったケーキを袋に詰め、隣人を尋ねたのだ。

「ケーキを焼いたので、よかったら。」と差し出すも、何か言いたそうな雰囲気が漂っていた。「何か、気になることがあったら、いつでもおっしゃってくださいね。(一応、笑顔。)」すると、「じゃあ、」と堰を切ったように、話し始めた。

「学校に行かないんですか?ずっと行かないつもりなんですか?」

何言ってるんだろう?この人は?

数秒、頭の中で考える。

どうにも、〈学校に行っていない=家にずっといる=暇=いたずらをする。〉という図式が描かれていたようだった。

私は、息子たちが、フリースクール(のような場所)に行っていること、幼稚園にも行っていて、平日は9時から15時くらいまで、不在であることを伝えた。

「フリースクールなんて、今どきですね。」と、嫌味らしきものを言われたが、そんなことはどうでも良かった。

隣人の庭に入って、シャベルをいじったのではないか、など、在りもしなことを言うので、子どもたちが庭に出ている時は、私も傍で見ており、その様な事実はないということ、畑に関しても大切に育てているので、触れないように繰り返し話していると伝えた。

ふぅ~ん、みたいな腑に落ちない様子だったが、それもどうでも良かった。笑顔で挨拶し、その場を立ち去ったが、私の中では、ぐるぐるしていた。

人の家の教育に口出しするなんて、大きなお世話以外の何物でもない。
学校に行けば友達できるでしょ、という発言も、許せん!と思っていた。

それでも、実際に子どもたちの様子を見てもらい、お互いに気持ちよく生活していくうちに、いろいろな誤解も解けていくだろうと、根拠もなく考えていた。

それから6年。

どんなに嫌でも挨拶には関係ないからね、と子どもたちにも話しをし、挨拶を交わすようにしているが、隣人は態度を軟化させることなく、子どもたちが挨拶をしても無視をしたり、顔を合わせるだけで、あからさまに嫌そうにしている。

毎年、変わらず我が家の敷地内の畑に、あたりまえの様に出入りし、子どもたちが居ても構わず草刈り機で石を飛ばしたりする。それでも、一人暮らしの隣人が、畑を拠り所にしているのかもしれない、となるべくそっとしておくことにしていた。

雪の季節に子どもたちが庭に作った雪像が溶けないようにとブルーシートを掛けていたことがあった。そのシートを掛けていた部分は春になると、隣人が畑にしている部分だったが今は雪の山しかない。

玄関チャイムがなった。隣人だ。

何かと思ったら、「あのシートは、あのままにするんですか」と。

「?」である。

真冬の北海道は、雪の季節である。土は何処にも見えていない。

しかし、どうやら、春になってもあのままだと、自分の畑が使えない、邪魔じゃないか、ということのようだった。

「片付けますよ~。(いつかわからないけど、そのうち。→心の声。)」とだけ応え、お引取り願った。謝る部分も見当たらず、意味がわからなかった。

それでも考える。
最大限考える。
何が、隣人をそうまで拘らせるのかを。

そこにあると思われたのは、「自分が大家さんから直接借りる許可を得ている」という既得権への拘りに思えた。


つづく。



この記事が参加している募集

多様性を考える

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やなぎだ けいこ

学校に行かない選択をしたこどもたちのさらなる選択肢のため&サポートしてくれた方も私たちも、めぐりめぐって、お互いが幸せになる遣い方したいと思います!

面白い至上主義。
やなぎだ けいこ
東京生まれ東京育ち。障害児施設・公立保育園に10年勤務後、神奈川県逗子市にて玄米おむすび専門店を立ち上げる。家族それぞれが「育つこと」を考え2011年に札幌市に移住。山にほど近い環境で、鍼灸師の夫と学校に行かない選択をしている三人の子どもたちとの「漫画みたいな毎日」。