見出し画像

DXとグロースハックの舞台裏を垣間見れるオンラインサロンメンバー初期30名募集開始

※まさかの肝心の申込導線のリンクを付け損ねるというウッカリミスをしてしまいました💦 ごめんなさーい🙏

何を急に言い出してんだ!?と思いますよね?

僕もそう思っています。


社内の新規事業でオンラインサロンが出てきた

ある日、社内の新規事業の方向性を色々議論していた時にオンラインサロンがやりたいという話が出てきました。

何個かオンラインサロンに入らせてもらっているワタシは、その運営が楽じゃない事も(むしろ大変)よく知ってるので、面倒くさがりな自分には圧倒的に無理だと思ってました。

一方で、Kaizen Platformに相談がくる案件や、僕の所に直接相談いただく案件なんかは非常にテーマとしても、内容としても他の業界の方でも、むしろ普通の商売されてる方でも、スタートアップの経営者でもきっと参考になるコトが非常に沢山あるのも事実です。

僕らだけで、そこで実際のケースから学べる経験を独り占めしているのも良くないし、一方で当然お客様とは守秘義務もあります。

キングコング西野さんのオンラインサロンなんかは、とても良い塩梅でプロジェクトの開始がチラ見せされてて上手いなーと思うんです。

さすが、日本一のオンラインサロン🇯🇵

「うーむ、なんか良い方法ないかなー」

と思って考えてた時に、良い感じで舞台裏に入れると良いんだろうなーと思って、zoom時代ならではのリモート鞄持ちを募集してみた所、沢山の反応を頂きました。

Kaizen Platformという会社に縁側をつくって、そこにコミュニティをつくるというコンセプトで、人数を限定して小さく熱量の高いコミュニティーを目指してみようという事で企画をはじめてみたいと考えています。

別に、会社に入社する訳ではありませんが、少し我々が毎日ワクワクドキドキしているDXやグロースハックの舞台裏に潜入できるパスを人数限定で発行して、垣間見てもらったり、解説させてもらったり、相談に乗ってみたり、なんて事を考えております。

note ノート 記事見出し画像 アイキャッチ (22)

ある意味、大人のインターンを実現できないかなと考えている次第です。


企画内容

お客様にご迷惑がかからない範囲で、当社が携わっている様々なプロジェクトの一部と当社で働いている愉快なメンバーをご紹介しながら、DXやグロースハックに興味のある方々の役に立つようなコンテンツを考えています。

もちろん、ただコンテンツを見て勉強するも良し、積極的にコンテンツづくりに携わって頂ける方には、実際のミーティングに同席して頂いたり、企画会議に参加してもらったりなどを考えています。

というのも、この会社自分でいうのもなんですが、毎日がコンテンツの宝の山です。

世の中から見れば、凄い発見が毎日あるのに全く還元できていません。

還元できてないドコロか、社内にも共有されてなかったりして、文字通りその知見をドブに捨ててます。

これはイカン!という事で、当社の毎日のグロースハックやDXの舞台裏にご興味頂ける方を限定30名で募集したいと考えています。


コンテンツ企画案

守秘義務の関係で、具体的な社名や案件名は伏せさせて頂きますが、国内外の企業やキーパーソンが今何で悩んでいるのか?それをどうやってハックしているのか?について触れていけるようなコンテンツを日替わりで考えています。

月:スドケンの今週のスケジュール公開(今週は何をハックするのか?!)
火:ケーススタディ・お題編(あなたならこの課題をどうハックする?)
水:ケーススタディ・回答編(カイゼン社はこんな風にハックしました!)
木:カイゼンメンバーによるbest of グロースハック紹介
金:リモートかばん持ちレポート(今週同席したアポのレポ)
不定期:スドケンによるライブ配信(グロースハック相談室など)

できれば一緒にコンテンツをつくっていくメンバーも募集したいと思います。


募集要項と注意事項

Kaizen Platformが運営するオンラインサロン「グロースハックの舞台裏」の初期メンバー30名を募集します。

【月会費】980円

【内容】DXやグロースハックの舞台裏を垣間見れるオンラインサロン

【条件】

・「グロースハックの舞台裏」はクローズドのグループです、内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます

・運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合は強制退会とさせていただく場合があります

・Facebookのアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブなものではないと判断した場合、オンラインサロンの入会をお断りする、強制退会とさせていただく場合があります

・退会は自由ですが、退会後もサロン内部での情報の取扱については守秘義務を守って頂きます

・初期は30名ですが、徐々に人数を増やしていきたいと考えていますので、積極的に学び合い、コミュニティの運営にご協力頂ける方を優先的にご招待させて頂ければと思います

・応募多数の場合、選考となります。通過者には7月末までにご連絡いたします。なお、通過されなかった方へのご連絡はいたしませんのでご了承ください

・また、通過連絡の際には入会ページもお送りしますので手続きを行なってください。手続きが完了されませんと、サロンに正式参加することができないのでご注意ください

・万一1ヶ月経過しても手続きが完了されない場合は参加資格を喪失する場合があります

ご応募はこちらから(応募多数の場合、選考となる事お許しください)


ご興味頂ける皆様のご参加お待ちしております🙇‍♂️



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、災害地域やいくつかの支援を必要としてる社会的なプロジェクトに寄付させて頂いております。

本当にありがとうございます!
52
Kaizen PlatformのCEO/リクルート最年少の執行役員(当時) →米国シリコンバレーで起業/企業の売上をインターネットとDXで圧倒的に伸ばす仕事/著書『ハック思考』(NewsPicksBook)・『DX入門』(日経)/皆のハックの引き出しをまとめるノートです

こちらでもピックアップされています

ハック思考(フォロー用)
ハック思考(フォロー用)
  • 53本

ハック思考の引き出しについてまとめるノートです。