見出し画像

個人事業主コピーライターの買ってよかったもの10選 2022年

鈴木拓磨|スコピー

2022年も残りわずか。必要経費をもう少し使っておきたい個人事業主さんの参考になりますように。ならないかも。

(厳密にいうと去年11月〜今年11月ぐらいまでの買いもの。本などは書き出すとキリがないので除く)


AirPods Pro

超普通で恐縮ですが。MacとiPhoneで仕事をしている自分には超快適。昨年購入して1年ほぼ毎日使い倒している。テレカン時はこれ。テレカン時以外も息子がいて仕事するときなど。ノイズキャンセリングが素晴らしく息子のYouTube視聴音も気にせず集中できる。そしていちばん発見だったのは、iPhoneでの通話が楽ということ。両手が空くし、腕が疲れないし、冬の屋外で手が凍えて痛くなるようなこともなく通話ができる。持っているのは第1世代。壊れたりなくしたりしてしまったら最近出た第2世代を購入しようと思う。

https://www.yodobashi.com/product/100000001007389147/


Macbook Air 覗き見防止フィルム

仕事で持ち歩く道具を軽くしたい気持ちは常にありつつ、結局のところMacを持ち歩くのがいちばん、という結論になっている。iPadで頑張ってみようと考えることもよくあるのだけれど「いつでもどこでも同じ環境」が安心だし最も効率がいいし、どうしても重くてダメという場合だけ考えればいいかなと思っている(それこそ、それならiPhoneだけでいいだろ、とも)。で、外出先でMacで仕事するならあったほうがいい、というかあるべき覗き見防止フィルム。マグネットで着脱簡単。外出時のみ持ち歩いて、必要なときだけ装着。もちろん装着したままで閉じられる。


iCloud+ 2TBストレージ

仕事の信頼にかかわるものには相応のお金をかけるべきだな、と思った。Macbook AirのバックアップはTime Machineで外付けHDDにとってあるからそれでいいかなーとも思っていたのだけれど、万が一Macが吹っ飛んだとき、必要なファイルをすぐさま呼び出して仕事を滞らせずに済ませるには、と考えたらやっぱクラウドのバックアップもあったほうがいいなと考え有料プランに加入。いつでも丸ごとバックアップされてるという安心感に加え、何かあっても、出先であっても、iPadやiPhoneから最新バージョンのデータを引き出すことが可能という安心感。また、わざわざMacを開かなくてもiPhoneからファイルを参照できるという利便性もある。ついでにiPhoneの息子写真も丸ごとバックアップ。


PLUS おりたためるクリップボード+ A4

取材用クリップボードを新調したくて探していたところ発見した、A4サイズを二つ折りしてA5サイズ(よりちょっと大きい)にできるクリップボード。挟んだ紙はふんわり甘めの折り目がついた状態になる。資料少なめで機動力重視の取材現場で、これと筆記具と貴重品をサコッシュに放り込んで。とても活躍してくれた。もちろんA4サイズのしっかりしたクリップボードのほうが適した現場もあるので、使い分けていきたい。

https://www.yodobashi.com/product-detail/100000001005726651/


HOKA KAHA LOW GTX

仕事中に、仕事以外のことに気を取られるのが本当にいやだ。それもかかわる人間の多い現場ではなおさら。そりゃみんないやだろうけど、どうやら自分はそういうところにすごくストレスを感じる性質っぽいことが最近わかってきた。クライアントも代理店もその他スタッフもわんさかいるような取材現場で、靴が濡れたり汚れたり靴下に水が浸みてきたりするのをいちいち気にしてなんかいられない。ということで、長めの取材出張に備えて、ずっと欲しくて見送り続けていたゴアテックスのスニーカーを購入。ランニングシューズでHOKAを愛用していたので履き心地のよさは期待通り。そしてどうやら深い雪でなければ雪上でもいけるっぽい。スニーカーとしては高かったけどそれだけの価値はあった。今後も買い続けるような気がする一足。現行モデルは2。


短パン(無印良品・adidas)

子供の頃を含めて人生でいちばん短パンを穿いた夏だった。普段着には無印良品の短パンを数年前から愛用しており、今年も2枚ほど買い足し。そして、夏のランニング用にこれまでハーフパンツを穿いていたのを短パンに替えてみたら、まあ快適なのなんのって。ちょっとした長さでこんなに涼しくなるのかと驚いた。短パン大好き。


TACOMA FUJI RECORDS 藝術科学思想自然Tシャツ

タコマフジ大好きおじさんになったきっかけである藝術科学思想自然Tシャツが数年ぶりにリリースされ2枚購入。ワンポイントなので仕事にも着やすく、かつかなりの確率で「それ何?」とツッコまれる。そのたびにうまく説明できなくて半笑いになってしまうものの、言葉にこだわりがありそうな感じを醸し出せている気がする。


Withings ヘルスメーター

サボりがちだった体重記録を立て直すために、15年ぶりぐらいに体重計を新調。毎朝パンツ一丁で乗ったら最後、あとはWi-Fiですべてが記録され、iPhoneアプリからグラフから何から全部見られる。超楽ちんだし、自分を誤魔化しようがないところがいい。記録の力を信じている。

https://www.yodobashi.com/product/100000001003841448/


ストレッチ用のポール

夏に軽度の頸椎椎間板ヘルニアをやってしまい、とにかく首がストレートネック、なんでかっていえば肩が内に入ってガッチガチでっせということになり、少しでもマシになりますようにということで整体の先生に勧められたポールを購入、毎晩風呂上がりに寝転がって肩をぐるぐる回している。ストレッチポールというのは登録商標らしく、よさそうだけど高いので、お安いこちらのリセットポールなるものを購入。


マスクストラップ

外出先でコーヒー飲みながら仕事するときとか楽。外を歩くときもサッとマスクを外しておけるのでいい。最初に使っていたのが半年ほどでクリップ部分が壊れてしまって、今は2代目のこれを愛用中。わりと頑丈そう。


以上、今年買ってよかったものトップ10・順不同。振り返ってみると仕事道具、衣料品、健康グッズでフィニッシュ。わかる。

会社員時代の休み時間によくやってた、文房具屋をぶらぶらして新しい何かを買うことを近頃やっていない。またやりたいな。

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!