walker

マーケティング、web、環境、自己啓発、発達障害、ライティング、音楽、写真、ソロキャン、私の好きな事を好きなだけ私視点で。いろんな事をまだまだ吸収したい!

walker

マーケティング、web、環境、自己啓発、発達障害、ライティング、音楽、写真、ソロキャン、私の好きな事を好きなだけ私視点で。いろんな事をまだまだ吸収したい!

    最近の記事

    禅と量子論。

    禅について、最近学びたいと思った。 あまり、深い事は知らなかった。 無になること、心の迷いを無くすこと。 そんな感じのことかと、勝手に思っていた。 しかしながら、 色即是空、空即是色。 般若心経にでてくる、 空、色という概念。 色は空であり、空は色である。 つまり、 生まれては無くなり、無くなっては生まれる。 阿吽の呼吸と同じような意味だろう。 量子論の中で、真空とは何もないということだとばかり思っていたが、 実は、真空とは何もないのではなく 何か生まれては、消えるを繰

      • 風がふくと桶屋が儲かる?ホワイトボックスの重要性は?

        昔の話で、 風が吹くと桶屋が儲かるという話がある。 みなさんはご存知でしょうか? 最近のwebマーケティングの話も、 このツールを使うとCVRが改善しますとか、売上が何パーセント上がるとかいう話はよくあります。 なんだか似てませんか? そして、導入を検討する企業は その中身を気にすることが多いです。 桶屋が儲かる仕組みは、 風が吹く 目にゴミが入り、 目が見えない人が増える、 そうすると、琵琶法師のような仕事が増える。 琵琶を作るのに大量の蛇皮がいる。 乱獲されて蛇が

        • 無趣味って、何?

          趣味が無いって話を聞く時がある。 大抵は、趣味という固定概念がないと言ってる人がほとんどだ。 無趣味な人は、選択肢がある場合 何でもいいって、こだわりないことを言う。 趣味がある人は、いちいちめんどくさい。 何々はこれじゃなきゃいやだ。 ビールは、 チョコレートは、 車は、 家電は、 だいたい高価なメーカーが軒を連ねる。 あのぅ、到底無趣味に思えないんですけど。。 趣味は、音楽やら、お花やら、ガーデニングやら、、習い事?を言ってるのだろうか? それは、趣味じゃなくて

          • つまんないと思う事。

            会社で働いていると、つまんないと思うことはいろいろある。 夢を持っていきていないと、つまんない人生になるように思う。 昔は、大きくなったら、 あれしたい、 これしたいという事は 沢山あった。 しかし、実際に大人になると やりたいことに 制限がかかり、 やりたいというより、 できることは限られてしまう。 では、 限られた中で何をするか?だ。 あれもこれもできないから、 やりたいことは、 慎重に選ばないといけない。 人生は一回しかない。 だから、やりたい事が見つかったら

            Live配信とマーケティング。

            知らないことはまだまだある。 今日は友人が、you tubeのLive配信をすぐ横でしている。 起業をしている、数少ない友人だ。 自分とは生きている世界が少し違うので、 時間の使い方や、お金の使い方も斬新。 最近は毎週、Live配信をしているらしい。 なかなか持続させるのは、意外にも大変そうだ。 毎回話すネタがなくなってくるけど、お客さんはきちゃうし、適当なことはできないし、 なかなか詰まりだすと辛そうだ。 ただ友人の事を見ていると、なかなかに刺激的だ。 時間の使い

            太陽のレーザ光線

            冬の樹

            ユーザー理解とマーケティング。

            webページの改善をテーマにした時に、ユーザー理解は必ず必要です。 テストすること自体が目的になりがちです。 もちろんシステム担当者は、正確な数値を取得することが必要なので、システム担当者の目的はテストがしっかりできることになります。 ただ、マーケティング担当者がテストで満足しては駄目ですし、綺麗なレポートを作ることが目的ではありません。 テストして、気づいた事を共有する努力。 そこから自分の意見を持つ事はもちろん、 いろんな人に会話させる、ファシリテーション能力が大事

            波風立てない生き方。

            人と関わる事は、生きていく上で大切です。 波風立てないようにしたいと思って、できるものではありません。 日常の疲れを癒すには、非日常に没頭することで、癒すというより、忘れることが大切だと思います。 私も、休みの日に家にいると つい何かしながら仕事の事や、やらないといけない事を考えてしまい。 考えだすと、せっかくの休みなのに 気持ちは全く休めていない状態になります。 ただ、外の自分の知らない世界に身を置くと なんだか急に生きている気持ちになります。 若い時に初めて行ったス

            今年こそはソロキャンデビュー。

            昨年出来なかったことに、 ソロキャンプがあります。 いろいろ揃えるのもお金がかかるし、 ソロキャンへの憧れはあるけど、 なかなか踏み出せなく、あっという間に 一年は過ぎさりました。 今年こそ、 キャンプをして、 美味しいものを作って食べて、 のんびりと焚き火にあたりながら 読書をして、 まあまあ早い時間に就寝。 そして、朝から片付けて 何処かで温泉に行き、 帰宅する。 というのが、夢です。 夢に向かって、とりあえず計画を練ることに しました。 やはり、具体的にすればす

            BIツールの活用方法。

            KPIでの目標意識が、企業のポジションの中で様々であり、全てを日々確認、活用することの難しさを前回記載しました。 では、どうやって溢れかえる情報を整理し 見たい時に、見たい情報に辿りつけるでしょうか? 個々でエクセルを作ってしまうと、 情報への共有やアクセスは難しいです。 一つの解決手段としてBIツールがあります。 有名なものは、tableauです。 いろいろな情報を集めて、集計したり 異常値を発見できたりします。 また、数値の共有も見れるユーザーを分けることも可能

            KPI、目標意識の違い。

            マーケティングをしていく中での目的、目標はKPIという言葉を使う事が多いです。 全体の中で、何を見て日々意思決定をしていくかということなのです。 ここで、問題になってくるのが 数字の大きさです。 粒度と言ってもよいです。 例えば、 全体の売上高、利益率、費用など 経営意識に必要な数値と、 日々の在庫数、欠品数、カテゴリや商品についての数字を全て見ている人はそんなにいないはずです。 見る立場で、KPIは違うのです。 日々、大きな数字を見るポジションと 細分化した数字を見

            集客とブラックボックス。

            デジタルマーケティングの集客は ブラックボックスだ。 中身を確認するにも、時間を費やし、 現実的ではない。 昔のマーケティング手法も、 なかなかにブラックボックスで、 こちらも時間がかかる地味な作業だ。 なので、集客に関わる事の分析に 時間を費やせる事業者は、すくない。 世の中、ホワイトボックスは あるのだろうか? 明確に、わかることは少ない。 なので、あまりにも 正確なことを知りたいと考えることが既に 難しいと思う。 適当でよいというつもりはないが、 だいたいわ

            マーケティングとお見合い

            マーケティングの仕事は、 商品と消費者であるユーザーを惹きわせることだと思う。 マーケティングというと、企業目線で 未だに売りたい物を売るイメージが強い。 ただ、残念なのは 自前の商品に自信がなく、売れないと 社内での諦めの空気感がでていることが多い。 また、ワンマンすぎて驚くのが なぜ売れないんだ!というような声。 ユーザーを尊重せずに、自己満足感の強い意識の場合は、既に売る以前の問題もある。 ユーザーのために一生懸命に考えに考え、 愛情を持たせた商品は、売れる。 ユー

            少し前の本を読む。

            書籍の中には、5年先、10年先を見通して書いているものがある。 出版されてから、その年月が経てば その本を読む人はいないだろう。 昔のニュースや、新聞を見ているようなものだ。 でも、その記事が書かれた時に想像されたことがわかるのは、年月が経過しないことにはわからない。 なるほど、こんな想定があったのか、 当たってるなとか、 今はこのキーワードは見なくなったななど、 先まで生きた人にしかわからないのだ。 なので、少し前に出版された本を 読み直すのが面白いです。 少しマ

            久しぶりの再会。

            一年ぶりに先輩に会った。 先輩は、たまたまではあるが 私と前職が同じだ。 働いている場所が違う為、なかなか会う事はない。 前職でも、一緒に働いていたわけではない。 だが、お互いのことを覚えていた。 先輩は、私が入社3年目の頃に退職した。 あれから17年。 転職先に、偶然にもいらっしゃった。 縁とは不思議なものだ。 だが、次に会うのはいろんな事情があり かなり先になりそうだ。 そういった人とのつながりは、これからも大切にしていきたい。