新しい生地問屋のかたち|株式会社リブルス

株式会社リブルスが、日本の繊維産地で生まれる生地を紹介する”あたらしい生地問屋”をスタートするための準備室です。 昔から繊維産地と共に物作りをしてきたメーカーとして感じる、産地の現状や課題に向き合いつつ”良い生地”との向き合い方を考え、伝える媒体を目指します

standのこれまで-04|伝えたい「産地生地の魅力」を軸にしたブランドづくり

ボタニカルダイをはじめとする、日本の生地産地の持つ技術。その技術の多くが、商品実績がないために既存のアパレルブランドに採用されることはなく、日の目を見られない現…

standのこれまで-03|物語を語れる服作りを。アパレルブランドstand5年間の軌跡で得たもの。

ボタニカルダイをはじめとする、日本の生地産地の持つ技術。その技術の多くが、商品実績がないために既存のアパレルブランドに採用されることはなく、日の目を見られない現…

株式会社リブルスについて

■自社紹介■ 株式会社リブルスは、デザインから、パターン・サンプル製作・生産・品質管理・出荷までワンストップで行うアパレルメーカーです。 生地については特に造詣…

【株式会社糸編 宮浦晋哉さんインタビュー01】 日本の生地産地とデザイナーを繋ぐ架け橋。 その活動の原点と、産地とものづくり…

衰退が進む日本各地の生地産地に、年間200社近くも足を運び続けてきた宮浦さん。その7年の間に、自身のSNS発信をはじめ、様々な形でデザイナーと産地とをマッチングさせて…

【株式会社糸編 宮浦晋哉さんインタビュー02】 日本の生地産地とデザイナーを繋ぐ架け橋。デザイナーが学ぶ場とファッションのこ…

第1話では、7年に渡り生地産地に足を運んできた宮浦さんの活動の原点と、産地とデザイナーを繋ぐ活動に至るまでを伺いました。第2話では実際の活動と、今後の日本の繊維産…

standのこれまで - 02|国産生地アパレルブランドとしてのStandの軌跡と、新しい「生地問屋」のかたち

かつてその品質を高く評価され、発展しながらも、大量生産大量消費のコスト重視の時流に押され、窮地に立たされた日本の生地産地。 「そんな中でも、日本の生地産地の方は…