マガジンのカバー画像

Standard青森&秋田 2021年 高校野球大特集

15
秋田&青森の夏の高校野球大特集! 秋田40チーム、青森53チームの選手名鑑、秋田中央、能代桂桜、秋田南、八戸学院光星など多数の注目チーム&注目選手紹介と熱い高校野球シーンを徹底紹… もっと読む
秋田&青森の夏の高校野球大特集! 秋田40チーム、青森53チームの選手名鑑、秋田中央、能代桂桜、秋… もっと詳しく
¥500
運営しているクリエイター

記事一覧

仲間でありライバル Wエースで勝利を掴む                   八戸西高校 3年/投手  福島蓮       3年/投手 廣田大和

文◎工藤璃子 夢舞台での悔しさを糧に 「ふがいないピッチングをしてしまった」 今春、21世紀枠で選出され初出場したセンバツ大会、登板した福島蓮と廣田大和(ともに3年)は悔しさを滲ませた。2人とも初めて立つマウンドで本来の力を発揮できないまま、甲子園を去ることとなった。  あの日から現在まで3カ月以上もの間、福島は投球フォームを固めることを、廣田は下半身の使い方を意識してきた。実戦だとフォームを気にせず投げてしまいがちな福島は、コロナ禍の影響により練習試合ができなかったことが

スキ
1
有料
200

春の悔しさを晴らし、           新たな歴史をつくるとき        八戸工業大学第一高校

撮影◉小野幸子 文◉工藤璃子 結実の春に見えた課題  今年の春季県大会準優勝の八工大一。惜しくも決勝で敗れたものの、打撃面での収穫があった。力を入れて取り組んできた体づくりやウエイトトレーニング、毎日何千本と積み重ねてきた素振りが実を結び、本塁打を量産。チームは全4試合で6本塁打を記録した。うち3本は田端陸玖(3年)のバットから放たれ、田端個人としては大会打率5割(16打数8安打)の活躍ぶり。長谷川菊雄監督も「非常にいい準優勝だった」と振り返る。    一方の守備面では終

スキ
3
有料
200

全国で勝つため、王者となり主導者となる 八戸学院光星高校

撮影◉小野幸子 文◉工藤璃子 成長こそ勝利への糧となる  昨秋、今春と2季連続で県大会を制した八戸学院光星。公式戦では昨秋の地区予選から県内無敗を守り続けており、夏も優勝候補筆頭となるだろう。  春の県大会では簡単に勝ち上がったわけではない。追いかけるような展開も多く、準決勝までは1点差の試合が続き、仲井宗基監督も「接戦ばかりで苦しかった」と話す。そのような試合をものにし、逆転勝ちを収めたことで「粘り強さや自信になっていったと思う」。大会を通してチームは成長し続けた。 ウ

スキ
1
有料
200

勝利の鍵を握るバッテリー ノーシードから頂点へ 青森山田高校  3年/投手 藤森粋七丞     3年/捕手 酒井啓大

撮影◉小野幸子 文◉石野孝 強気の投球で勝負 青森山田は、春夏合わせて13回の甲子園出場を誇る強豪校。平成11年の大会ではベスト8の結果を残している。コロナ禍で中止となった夏の甲子園の代替として開催された「令和2年度夏季青森県高校野球大会」では見事に優勝。昨年夏の青森の王者となった。 チームを率いるのは兜森崇朗(かぶともり・たかあき)監督。高校のOBであり、監督として2016、17年に甲子園出場を勝ち取っている。2019年に2度目の監督就任を果たし、今年が3年目。現在のチ

スキ
1
有料
200

昨夏・今春王者が求める圧倒的勝利と栄冠 明桜高校

撮影◉伊藤靖史 文◉工藤璃子 戦国秋田を制する  秋田県の高校野球は群雄割拠のまっただ中にある。実力ある強豪校がいくつも存在し、どこのチームが優勝するのか、予想するのが難しい。夏に限ると、連覇を成し遂げたのは2012~13年の秋田商業が最後で、その後は毎年優勝校が変わっている。そのような中で、昨年の独自大会に続き夏の頂点を狙うのが明桜だ。 日本で一番長い夏に  明桜はこの春の地区大会・県大会を制した。輿石重弘監督は「練習試合が思うようにできない中、公式戦で8試合経験でき

有料
200

大勝惜敗から競り勝てる        チームを目指して           柏木農業高校

撮影◉小野幸子 文◉工藤璃子 接戦を制するために  今春の弘前地区大会、最終結果を見て気になることがあった。ブロック内では1勝3敗だが、各試合のスコアを見ると勝った試合はコールド勝ち、敗れた試合は1点差の接戦ばかり。なにより、同ブロックの東奥義塾が唯一コールド勝ちできなかったチームが存在した。無論、点数がすべてではなくスコアだけでは分からないこともあるのは承知しているが、ぜひ紹介させていただきたい。そのチームこそ柏木農業である。 柏木農業高校のグラウンドでは熱のこもった練

スキ
4
有料
200

再確認した存在の大きさ        バッテリーが挑む最後の夏       湯沢翔北高校3年/投手 佐藤創    湯沢翔北高校3年/捕手 佐藤悠

撮影◉高橋潤一 文◉工藤璃子 エース不在で臨んだ春  春の地区大会初戦、先発した湯沢翔北のエース・佐藤創(さとう・そう)は3回2/3を投げ、マウンドを降りた。右肘の怪我により、その後も登板することはできなかった。思わぬ事態に見舞われた湯沢翔北であったが、チームは地区大会を制し、県大会8強入りを果たしている。その理由を佐藤創は次のように話す。 「他の投手陣、特に2年生の頑張りが大きく、地区大会で優勝できた。3年生投手は自分1人なので、下級生たちの成長が嬉しかった」

スキ
4
有料
200

秋田高校野球名鑑2021

県北地区 花輪高校  チーム全体のまとまりが強いチーム。「鹿角から甲子園」をかかげ、日々の練習に取り組んできた。抜きんでた選手はいないが、お互いにカバーしあいながら粘り強い試合運びができるようになってきた。4月には20名の新たな選手を迎え、練習に活気と緊張感が増した。どんな状況でも目の前の一球に集中し、勝利をつかみ取る。 県北地区 十和田高校  十和田高校は、部員一人ひとりが最大限成長できる組織を目指し日々の活動に取り組んでいます。データを活用し、個々の能力を伸ばして

スキ
1
有料
300

青森高校野球名鑑2021

青森地区 青森高校  地域や保護者、先生方など、誰からも応援されるチームを目指している。チームの特徴は、切れ目のない強力打線と、信頼の厚い赤坂・伊藤の二枚看板。一人ひとりが真剣に野球と向き合い、「自主性」を重んじながら練習に取り組んできた。夏はその成果を発揮し、「県でNo.1になって甲子園に行く」という目標を達成したい。 青森地区 青森西高校

スキ
2
有料
300

守りきる野球で切り拓く頂点への道   秋田高校3年/投手 石井夢沙士

文◉工藤璃子 歴史ある進学校のエース  県内トップレベルの進学校である秋田高校。明治の頃に創部された硬式野球部は、夏の甲子園第1回大会の準優勝校としても知られている。古くから文部両道を実現し続けている同校には今年、絶対的エースが存在する。  3年生投手の石井夢沙士(いしい・むさし)。キレのあるストレートとカットボール中心の決め球を武器に、最速144km/hを誇る本格派右腕だ。伊東裕監督は石井について、「肩肘の柔らかさとボールへの力の伝え方は天性のもの」と評価。この先の将来も

スキ
6
有料
200

3番打者、ときには内野手もこなすエース 仲間と共に悲願達成へ        五所川原高校3年/投手 神 宏太

撮影・文 工藤璃子 エースになるということ  彼を初めて見たときの衝撃は忘れられない。五所川原のエース・神宏太(じん・こうた)。190cmという長身から振り下ろされるボールは球速以上のものを感じる。スラリとした体格はもちろんだが、そのような選手が私立校ではなく県立校にいることに驚いた。同時に、さらに成長するのではないかという期待を抱いたのだ。  神は3歳上の兄が五所高野球部だったこともあり、同校に入学。その頃と身長は変わっていないが、体重は70kgほどで細身だったという。「

スキ
3
有料
200

狙うは2年ぶりの王座 そしてその先へ 秋田中央高校

撮影◉小笠原良 文◉工藤璃子 結果に驕ることなかれ 「強さを感じたことは一瞬たりともない」。チームについてそう話すのは秋田中央・勝田慎監督。準優勝を収めた今春の県大会では、「私たちは弱者である」という考えのもとゲームプランを練っていた。その裏側で行われていたのは「野球観のすり合わせ」だった。  4月に就任したばかりの勝田監督は、2年前に甲子園へと導いた佐藤幸彦前監督からバトンを引き継ぎ、選手たちを知ることから始めた。それぞれどんな野球観をもっていて、どんな良さがあるのかを把

スキ
3
有料
200

創部6年目で4強キープ            「できる」「するべき」ことを考えて   大館桂桜高校

文◉工藤璃子 勝利へ導くエースの投球  昨秋に続き今春も県ベスト4入りを果たした大館桂桜。県大会3試合すべて先発したエース・安藤拓巳(3年)は自身のピッチングについて、「自分の投げたいように投げることができた」と振り返る。  「フォアボールが少なく、スライダーも低めに集まったので相手も振ってくれて、ゴロに打ち取ることができました。そこは良かったです」  実際、1回戦と準々決勝合わせて15回投げ、与えたフォアボールは1つのみ。準決勝のノースアジア大明桜戦では相手を警戒しすぎた

スキ
1
有料
200

異なるタイプの2人が織りなす夏模様  能代松陽高校 大髙勇心3年/投手         深堀虎童3年/投手

 文◉工藤璃子 調子を取り戻したサウスポー  昨夏の準優勝校・能代松陽。部員は53人で、学年に関係なく激しいレギュラー争いが繰り広げられる。現に、今年の春季県大会でベンチ入りしたメンバーのうち16人は1・2年生で構成されていた。  指揮を執り19年目となる工藤明監督は、校名変更前の能代商業時代に2度チームを甲子園に導いているが、能代松陽としてはまだ聖地に足を踏み入れていない。2年ぶりに甲子園大会が開催される今年、キーマンとなるのは2人の投手だ。  まず、1年夏から登板経験の

スキ
2
有料
200