見出し画像

スペサンが5周年を迎えました!オンライン祝賀会レポ

2020年4月10日。
株式会社スペサンは5周年を迎えました!!
この5年間、結婚式やサプライズのプロポーズをはじめ、企業イベントや日常のコミュニケーション施策設計など、様々な側面から「幸せな瞬間の創造」を行ってきたスペサン。

記念すべき5周年の日は、残念ながらリモートでのお祝いとなりましたが、zoomでの飲み会が思いのほか楽しかったので、ポイントを時系列で紹介します!

「乾杯」は個性が爆発

この日は18時から全社会が行われ、2時間半に亘って各事業部からの報告や、表彰、様々な共有事項がシェアされ、密な時間を過ごしました。

ようやく21時ごろ、待ちに待った乾杯!!
zoomでの祝賀会でしたが、やはりこの瞬間は格別。

st_note_key_kaoriのコピー-05

もちろん、同じ空間で乾杯できるのが一番良いですが、オンラインだと空間、飲み物、グラス、全てがバラバラ・・・。

「何飲んでるの?」
「そのグラス可愛い!」
「なんかムーディーだね、笑」
それぞれの個性が光り、乾杯だけで、会話が弾みます。

オンラインでもサプライズ

おめでたい5周年パーティー。
オンラインだろうが、スペサンはお祝いやサプライズに全力投球です。

飲み会中に、突然のインターホン。
郵便局員に扮したメンバーが、「お届けものです!」と何やら新聞を差し出し、画面は暗転。

次の瞬間共有された画面には、スペサン未来新聞!(5年後)

st_note_key_kaoriのコピー-06

かなり内輪ネタが多いので、詳細はご紹介できませんが、スペサンやメンバーの5年後がユーモラスに記事化されています。

HAKU(ウェディングプロデュース事業)が宇宙での結婚式を成功させる
・弊社社長が、幸せについて学べる大学の教授に就任
・世界最大のハピネスフェスティバルを開催

等々バラエティに富んだ、読み応えのある夢一杯の新聞です。

そしてサプライズはこれだけでは終わりません。笑
ボードメンバーが新聞を読んでいる間に、メンバーはみんなの似顔絵が入ったオリジナルTシャツにお着替え。

スクリーンショット 2020-04-14 15.09.27

zoomの機能を駆使したオンラインサプライズも大成功でした!

全国各地から参加者集結

お酒が入って、盛り上がってくると、知らぬ間に人が増えていたりします。
メンバーの誰かが、招待URLを共有したのでしょう。笑

社外パートナーの方や、創業時から支えてくださった方々、メンバーの家族・・・
様々な方が、オンライン上でお祝いに駆けつけてくれました!
これは、オンラインならではですよね。

st_note_key_kaoriのコピー-04

いつ終わったかは不明・・・

0時ごろに一度中締めをしましたが、いつ終了したかはわかりません。笑
家にいるので、終電や帰宅時の千鳥足も気にせず、飲み続けられる幸せ。

オンライン飲み会のメリット&デメリット

会社の5周年という大きなイベントを、オンラインで実施してみて感じたメリット&デメリットを簡単にまとめておきます。

■オンライン飲み会のメリット
①気軽に参加できる

オフラインイベントとなると、身なりを整えて、お金を下ろして、会場を調べて・・・と飲み会がスタートするまでに、それなりのパワーが必要です。(特に女子は!!)
しかし、オンラインとなれば怖いもの無し。
パジャマ姿やすっぴんで参加しても、お金を下ろさなくても、現地まで行かなくても楽しめます。終電もないしね!

②マイペースに参加できる
オフライン飲み会って楽しいけれど、お酌をしたり、取り分けたりとそれなりに気も遣います。早く帰ろうと思っても、なかなか言い出せなかったり、お会計を気にしたり、・・・。
周りの空気を読みつつ、ペースを合わせる必要があります。

その点、オンライン飲み会は、お酒を飲むスピードも自由。
お酌の必要もないし、好きなものが食べられるし、眠たくなったら静かにドロンすればよい。典型的なB型女子である私にはぴったり。

③ゲスト乱入が楽しい
オンライン飲み会であれば、世界中から参加ができます。
飲み会中にメンバーの家族が登場したり、ルームURLをシェアすることで思いもしないゲストが参加してくれたり・・・。普段は一緒に飲み会をすることができない人とも、一緒に楽しむことができます。

■オンライン飲み会のデメリット
①メリハリをつけにくい

飲み会なんて、酔っ払ってしまえばメリハリも何もありませんが、オフラインイベントでは必ず行われる「乾杯」や「中締め」を、意識してしっかり行わないと、なんとなく繋がってグダグダしているだけの会になってしまいます。気軽に参加できて、気軽に退席できるからこそ、全員でその場を分かち合うタイミングをつくる必要があります。

②込み入った会話はできない
5人を越えると、発言する人としない人が出てきます。声を張らないと届きませんし、通常の飲み会のように、いくつかのグループで自然に会話をすることは困難です。

「飲みニケーション」と言われるくらいですから、お酒が入るとそれなりに深い話ができたりするものです。しかしながら、オンライン飲み会となると、隣同士で込み入った話をする・・・なんてこともできないので、人数が多くなると、正直深い話はしづらいです。(使用ツールにもよりますが)

正直、zoomは飲み会には向いていないので、他のアプリも使ってみようと企んでいますが、zoomでオンライン飲み会を行う場合は、ブレイクアウトルームを活用するか、優秀なファシリテーターが必要です。

おわりに

スペサン5周年のオンライン祝賀会は、楽しく終了しました。
とても楽しかったので、オンライン飲み会のクオリティをさらに上げていこうと思います!!

メンバーのご家族から、こんな素敵なクッキーも送られてきて幸せ。
これからもスペサンをよろしくお願いいたします。

iOS の画像 (2)


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!幸福度あがりました😁
11
「人を幸せにする 心震える瞬間の創造」を経営理念とし、世の中に幸せな人を増やす事業を展開するスペサン。 そんなスペサンのCHO(Chief Happiness Officer)であるKaoriのnoteです。 幸せに働くための様々な情報や、社内での施策実験を綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。