見出し画像

デザイナーの選ぶ日用品-001

画像1

Crisa Universal Tumbler

グラス / メキシコ

この分厚いグラスとの出会いは目黒のとあるカフェ。そのカフェは席数が一桁で、店員さんも1人しかいないスタンドのような小さなカフェでした。そこで出された水がこの厚いグラスに入っていました。

そのカフェでは1人の店員さんがこだわってコーヒーを入れてくれるので、注文してから出てくるまで結構待ちます。特にすることもなかったので水の入った厚いグラスを観察していました。観察するほどに厚いガラス独特の歪みと重量感に愛着が湧き、「どこかで売ってないかな」と底にうっすらと刻印されたロゴを一生懸命解読していました。

画像2

なんとか「Crisa、MEXICO」と読めて一安心。調べてみると、刻印の通りメキシコのブランドでした。Amazonにはなく、大きなショップにも売ってない。小さなネットショップで売っていたけど少し不安。ただ当時1件だけ「北参道のインテリアセレクトショップで仕入れてるっぽい」という情報を見つけて、後日行ってみると……ある!!!パッケージもない無骨な分厚いグラス。それはカフェの水が入っていたグラスそのもの。小さなインテリアセレクトショップで6個購入しました。その時購入したグラスは未だに愛用しています。

画像3

Crisaタンブラーの特徴は何と言っても「うすはり」の真逆を行くこの厚さ。5mmほどあります。口をつけた最初こそ驚きますが、慣れると厚さが安心します。また厚み以外は至ってシンプルで普通だからこそ、無骨な厚みが際立って美しく感じます。
 ネットの情報によると、このグラスはメキシコから薄いダンボールで送られてくるにもかかわらず割れていないそうです。強度・デザインと魅力たっぷりなこのグラスですが、案外お手軽で1つ600円ほど。薄いグラス何個も割って買い換えてを繰り返すよりもよっぽど経済的。あえてデメリットを挙げるとすれば「扱っているお店が少ないこと」くらい。

2015年に購入してずっと使用していますが、ズボラな私でも1個も割っていません。「耐熱」とは書いていませんが、お湯を入れても全然平気。それほどまでに丈夫で一生使える「クリサ・タンブラー」です。

画像4

SPOT DESIGN 坪田将知
Web:http://spotdesign.jp
Twitter:https://twitter.com/spot_tsubota

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

79
坪田将知。SPOT DESIGN代表、プロダクトデザイナー。デザインバカの人。デザイン視点で何かを分析するのが趣味。ウェブサイト:https://spotdesign.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。