spherly公式アカウント

ヒアルロン酸Naマイクロニードルパッチspherly(スフィアリー)スタッフによる美容情報発信アカウント。 製品情報のみならず、スキンケア・美肌作りに有益な情報をお届けいたします♪ https://spherly.jp/

spherly公式アカウント

ヒアルロン酸Naマイクロニードルパッチspherly(スフィアリー)スタッフによる美容情報発信アカウント。 製品情報のみならず、スキンケア・美肌作りに有益な情報をお届けいたします♪ https://spherly.jp/

    最近の記事

    毛穴を開かせたくない!肌を乾燥させない&角質を剥がさない洗顔のポイント💡

    こんばんは! 今日は、今更聞けない洗顔のときに気を付けたいポイントをご紹介します♪ 冬本番も迫るこの時期は、特に肌を乾燥させない洗顔が必須です。 今日のnoteでは、特に大切なポイントを3つ挙げていきます! ①保湿力の高い洗顔用石鹸を使う洗顔料やクレンジングは洗浄力が強いため、肌を乾燥させてしまいます。 乾燥を防ぐには洗顔石鹸がおすすめ。 中でもオリーブオイルをベースにしたものは高い保湿力が期待できます◎ ②洗顔は手のひらで優しく毛穴の開きが気になるときは、手のひら

      • そのスキンケアで大丈夫?知っておきたい乾燥を招くNGスキンケア

        季節柄、いくら保湿しても乾燥肌は仕方ないものだと 諦めてしまっていませんか、、? 乾燥肌の原因の多くは間違ったスキンケアにあります。 今日は、絶対に避けておきたいNGなスキンケアをご説明します! ~やってはいけないNGなスキンケア5箇条~①洗顔後に保湿せず放置している 洗顔後は肌内部の水分が奪われていきます。 一刻も早い保湿を心がけましょう! ②脂性肌だから、と保湿は化粧水のみで済ませている 肌が油っぽい、という方。保湿は化粧水のみで 済ませてしまっていたりしませんか

        • 今まさに取り入れたい!10~11月のスキンケアのポイント💡

          こんにちは! 日に日に寒さも増しており、冬本番が到来するのも そう遠い話ではなくなってきましたね、、 乾燥も気になり始める季節ですが、スキンケアは 抜かりなくおこなえていますでしょうか? この季節はどんなスキンケアをすればいいのかわからない、、 という方はぜひこの記事を読んで勉強してみてください♪ 10~11月は気温低下とともに紫外線量も低下しますが、 夏の紫外線ダメージはまだ残っています! 徐々に明るくなっていく肌にも角質肥厚が残るため、 気温低下による肌の乾燥を

          • spherlyに寄せられる「よくあるご質問」をご紹介♪

            こんにちは! 今回は前回のnoteの続きで、マイクロニードルパッチspherlyへ 寄せられるご質問とその回答をご紹介していきます。 この記事を読んであなたもspherlyマスターになってください! それでは早速いきましょう☆彡 Q1.1枚あたりの針の本数を教えてください。 1枚あたりの針の本数は1,300本です。つまり左右でなんと2,600本です、、! Q2.就寝時以外に使用しても問題ないですか? 問題ございません。通常は5~6時間で美容成分の針が溶けるため、 就

            ヒアルロン酸Naマイクロニードルパッチ『spherly』に寄せられるよくあるご質問♪

            こんにちは! 今回のnoteでは、spherlyに寄せられる質問と その回答をまとめてご紹介します☆彡 少しでもお役立ていただけたら幸いです♪ それでは早速はじめましょう! Q1.マイクロニードルの特徴を教えてください。 長さ数百ミクロンの微細な針を皮膚に挿入し、針表面に塗布または 針の中に吸収された薬物が皮膚中で溶解することで薬物を体内導入する 経費吸収のシステムです。 ※1ミリメートル=1000ミクロン spherlyは医療などにも使用されているマイクロニー

            料理にちょい足し♪毛穴+たるみにおすすめの食材・栄養素

            こんにちは! 冬本番も近づき、だんだんと乾燥の気になる季節となってきましたね、、 お肌のケアはしっかりされていますか?? 化粧水や乳液など保湿面でのスキンケアはもちろん、 食事や栄養面でも意識をすることで 季節を問わず若々しい健康なお肌をキープできます! 今日は毛穴やたるみにお悩みの方に おすすめな食材・栄養素をご紹介します♪ まず、毛穴レスな肌作りにおすすめなのがビタミンA・C・Eです。 <それぞれの役割> ビタミンA→乾燥肌を改善。皮膚の健康維持。 ビタミンC→美

            ヒアルロン酸マイクロニードルパッチ『spherly』ってどんな商品?

            今年に入ってからほとんどマスクをする毎日ですが、 皆さんはお肌のケアちゃんとしていますか? 外に出ることが減りノーメイクの日が増えたことで 鏡を見る機会も減っていたので、 久しぶりにしっかりと自分の顔を見てびっくり!!この人誰?? スマホを見る時間が増えたからなのか、目元はたるんで疲れた印象に… 人と会う機会が減ったことで表情筋が使えていないためか、 ほうれい線がくっきり… 一刻も早くこの状態を脱出しなければ!と思い、 効果的なアイテムを調べてみました。 話題沸騰?寝て

            目的別に徹底解説!パックの種類と選び方

            自宅で手軽に、いつものスキンケアに取り入れられるフェイスパック。 大容量でプチプラのものを普段使いしたり、 大切な日の前日にお高めのものを使用したり、 使い方はいろいろ。 種類も豊富すぎて、どんなものを選べばいいのかわからない、 という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、目的別におすすめのパックの種類をご紹介します! 目的①保湿・美容成分を補う・コットンパック 化粧品を染み込ませたコットンを肌に乗せる ・クリームパック 不足した油分を補えます。乾燥

            知っているようで意外と知らない??スキンケアに関する知識をチェック③

            こんばんは! 今日も、前回に引き続き「知っているようで意外と知らない」 スキンケアに関するクイズ第三弾です☆彡 それでは早速出題します! Q.1 スキンケアの効果をより高めるために使うとよいものは? 【A】スキンケア前に氷で肌を冷やす 【B】スキンケアの際、手のひらの体温で浸透を高める 【C】スキンケア後にアイマスクをして安眠をサポート Q2. 夜のスキンケアの効果を高めるのに最適な香り(アロマ)は? 【A】ローズマリー 【B】ローマカミツレ 【C】オレンジ Q3.

            知っているようで意外と知らない??スキンケアに関する知識をチェック②

            こんにちは! 今日は、前回同様「知っているようで意外と知らない」 スキンケアに関するクイズpart2☆彡 それでは早速出題します! Q.1 クマができる原因として、今いちばん注目されているのは? 【A】鉄分不足 【B】加齢 【C】スマホやパソコンなどの過剰使用 Q.2 肌荒れや湿疹が気になるときは、どんな紫外線対策をするべき? 【A】低刺激性のUVケアアイテムを使う 【B】とにかくSPF値の高いUVケアアイテムを使う 【C】大気汚染対策のできるUVケアアイテムを使う

            知っているようで意外と知らない??スキンケアに関する知識をチェック①

            こんにちは! 今日は「知っているようで意外と知らない」 スキンケアに関するクイズで 美容知識を深めたいと思います☆彡 それでは早速3問まとめて出題します! Q.1 肌が硬くなると起りやすいのは? 【A】たるみ 【B】シワ Q.2 ターンオーバーは早ければ早いほどいい? 【A】○ 【B】× Q.3 シートマスクは使用頻度が高ければ高いほどいい? 【A】○ 【B】× いかがでしょうか? 答えを頭の中に思い浮かべてから、 下にスワイプしてください♪ 気になる正解は、、

            お悩み別!ズバリ、美肌作りに効果的な食べ物とは?

            世の中には、一概に「肌にいい」といわれる食べ物はたくさんありますが、 そうはいっても、お肌の悩みに合った食材を摂らなければ、 効果を十分に発揮できないことは言うまでもありませんね。 今回は、 「ニキビ」「シミ・そばかす」「シワ・たるみ」「乾燥肌」 に効果的な栄養素と食材をご紹介します! ①ニキビ肌には、、ビタミンB2・B6を含む食材がおすすめ。 ビタミンB2はニキビの原因となる皮脂の分泌量を調整する働きをもちます。 <ビタミンB2が含まれる食品> ・卵 ・納豆 ・アー

            あなたのお悩みはどれ?タイプ別にエイジングケアのポイントをご紹介

            30代を過ぎた頃から気づきはじめる、 シミやシワ、たるみなど年齢とともに増えていく肌トラブル。 始めはショックを受けがちですが、正しいお手入れをすることで エイジングは遅らせることができます。 今回は「乾燥」「ハリの低下」「くすみ」の3つのタイプ別に エイジングケアのポイントをご紹介いたします。 ①乾燥夏の冷房の風や強い日差しを受けることで肌は乾燥し、そのダメージを蓄積したまま秋を迎え、乾燥の本番「冬」を迎えてしまいます。 そして年齢を重ねると肌本来が持つ保湿効果が徐

            顔のパーツで一番老いを感じる部位は?アンケート結果Best3の箇所を発表!

            spherlyスタッフがSNSを利用する女性を対象に アンケート調査を行ったところ、 『自分の顔の中で老いを感じる部位はどこですか?』という質問に 80%の方が「目もと」、 62%の方が「ほうれい線」、 40%の方が「首」 と回答する結果に。 少し老けた印象になったり、疲れて見えたりと 顔立ちに変化が現れだすアラフォー世代ですが、、 老いを感じる原因はズバリ、「目もと」のようです! 目もとにはシワやたるみ、目の下のくぼみなど 見た目印象を大きく左右する要因が山積みです。

            自分はどのタイプ?シワの種類別に予防方法を徹底解説。

            漠然と『シワの予防方法を知りたい』といっても、 まずは自分がどのタイプのシワに悩んでいるのか そこから知る必要があります。  まずシワはおもに下記の3種類に分類されます ①乾燥ジワ ②紫外線ジワ ③表情ジワ  今回は、それぞれのタイプごとに シワの予防方法について 詳しく解説してみたいと思います。  自分はどれにあてはまるか考えながら チェックしてみてください♪ ①乾燥ジワ 乾燥が引き起こす、肌表面のカサつきによる ちりめん状またはヒモ状のシワです。そのまま

            見た目年齢に大きく影響する目元のシワやたるみ。原因と心がけたいポイントとは

            シミ、くすみ、シワ、クマ、乾燥、ほうれい線、、。 年齢とともに容赦なく増えていくお肌の悩み。 中でも特に見た目年齢を上げる 大きな要因となってしまうのが目元のたるみ。 目元のたるみ・クマは、若い人にも生じ、実年齢よりも老けて見える いわゆる『老け顔』を演出してしまうだけでなく、 疲れている印象も持たれがちです。 では、そもそも目元がたるむ原因はなんでしょう?  目元周りの皮膚はまばたきなどで 伸縮しやすいよう、薄くできています。 そのため、乾燥しやす